zuknow learn together

新しい教材を作成

財表理論 税効果会計

カード 8枚 作成者: ジャガー (作成日: 2015/07/25)

  • 税効果会計の目的

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    税効果会計の目的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業会計上と課税所得計算上の資産又は負債の額に相違がある場合、法人税等の額を適切に期間配分することで、法人税等を控除する前の当期純利益と合理適切に対応させる

    解説

  • 2

    繰延法の意義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収益及び費用と益金及び損金の差額から、調整すべき差異を把握し、現行の税率を適用して算定した額を調整すべき税効果額とする

    解説

  • 3

    繰延法の目的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発生年度における法人税等と税引前当期純利益とを期間的に対応させる

    解説

  • 4

    資産負債法の意義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会計上の資産及び負債と、税務上の資産及び負債の差額から把握し、将来の予測税率を適用して算定した額を調整すべき税効果額として処理する

    解説

  • 5

    資産負債法の目的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 将来の法人税等の支払額に対する影響を表示する

    解説

  • 6

    繰延税金資産の資産性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 将来の法人税等の支払額を減額する効果を有し、一般的には法人税等の前払額に相当さるため

    解説

  • 7

    繰延税金資産の回収可能性の判断基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解消年度を含む期間に、いずれか 課税所得が発生する可能性が高い、課税所得を発生させるタックスプランニング、将来加算一次差異の解消

    解説

  • 8

    繰延税金負債の負債性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 将来の法人税等の支払額を増額する効果を有し、法人税等の未払額に相当する

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ