zuknow learn together

新しい教材を作成

ベトナム史1

カード 299枚 作成者: seg0426 (作成日: 2015/07/25)

  • 【呉権<Ngô Quyền>】                   

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

用語⇒解説

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    【呉権<Ngô Quyền>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呉朝の建国者。白藤江の戦いにて南漢軍を破り、古螺を都として、王位についた。呉権の死後、呉朝は急激に統率力を失い、群雄割拠時代が訪れた。

    解説

  • 2

    【天南余暇集<Thiên Nam dư hạ tập>】           

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多様なジャンルが収集された書物。1483年に黎朝の黎聖宗が申仁忠らに編纂を命じて成ったとされ、現在断片的に伝わっている。当時の社会等を知るうえで大変貴重な資料。

    解説

  • 3

    【朱印船貿易】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の鎖国が完成するまでに朱印船によって海外との間で行われた貿易。鎖国完成までのおそよ30年間の渡航先は、ベトナムが三分の一以上を占め、朱印船貿易の興隆により日本町の形成を促した。後に、鎖国体制確立によりベトナムとの交易は途絶した。

    解説

  • 4

    【ホー・チ・ミン<Hồ Chí Minh>】            

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム建国の父。ベトナム共産党を組織して帝国主義勢力と戦い抜き、ベトナム独立を導いた。現地では、ホーおじさんの愛称で親しまれている。

    解説

  • 5

    【宋の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の宰相王安石の建議によるベトナム侵略(1075~1076年)。勇将李常傑の活躍により宋軍を撃破した。

    解説

  • 6

    【咸宜帝<Hàm Nghi>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第8代皇帝。フランスの侵略に対してフエで蜂起を断行し、山野に潜みゲリラ活動を展開した。後に、フランスによって逮捕され、アルジェリアに流刑された。

    解説

  • 7

    【李朝<nhà Lý>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1009年~1225年)。初代皇帝は李公蘊(太祖)。李朝は、ベトナムの初の長期政権であり首都をハノイに置く。中央主権体制を敷き、科挙を実施するなど中国を模範としつつ国家の礎を築いた。

    解説

  • 8

    【李朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太祖⇒2.太宗⇒3.聖宗⇒4.仁宗⇒5.神宗⇒6.英宗⇒7.高宗⇒8.恵宗⇒9.昭皇

    解説

  • 9

    【宋の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の宰相王安石の建議によるベトナム侵略(1075~1076年)。勇将李常傑の活躍により宋軍を撃破した。

    解説

  • 10

    【陳太宗】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝初代皇帝。陳朝の創始者。諸制度を抜本的に改変し、王朝の基盤を整えた。南宋と本格的に通じることで、南宋から安南国王の封を受けた。蒙古の台頭により一時期侵略されるが、その後蒙古を追い払い、両国の関係を改善させた。

    解説

  • 11

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 12

    【勤王運動】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの侵略に対する愛国運動。咸宜帝は詔を発して、各地の人民や文紳に行動を起こさせ、フランスの侵略に断然と抗議する愛国運動を展開した。

    解説

  • 13

    【呉権<Ngô Quyền>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呉朝の建国者。白藤江の戦いにて南漢軍を破り、古螺を都として、王位についた。呉権の死後、呉朝は急激に統率力を失い、群雄割拠時代が訪れた。

    解説

  • 14

    【維新会<Duy Tân Hội>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1904年にベトナム独立のために潘佩珠によって組織された。東遊運動を推し進め、数多くの青年を日本へ送り出し、後に光復会に組織を改めた。

    解説

  • 15

    【李朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太祖⇒2.太宗⇒3.聖宗⇒4.仁宗⇒5.神宗⇒6.英宗⇒7.高宗⇒8.恵宗⇒9.昭皇

    解説

  • 16

    【李常傑<Lý Thường Kiệt>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝時代の武将。ベトナムに侵攻してきた宋軍を破り、その名声を轟かせた。逝去後、各地に廟が建立されるなど、その勇姿が後世まで語り継がれている。

    解説

  • 17

    【ベトナム戦争】                      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北ベトナムと南ベトナムの内戦に、アメリカやソ連の介入によって引き起こされた戦争(1960~1973年)。最新兵器の導入や戦争の長期化によって、ベトナムの国土は荒らされ文化財等もこの時に多く失われた。後に、アメリカがパリ協定を受け入れ、戦争が終結した。

    解説

  • 18

    【アオザイ<áo dài>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム民族衣装。西洋化の進展とともに、従来の伝統的なデザインに意匠が凝らされ、現在のスタイルが成り立った。一般的に女性用が普及しているが、男性用も存在する。

    解説

  • 19

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 20

    【黎朝<nhà Lê>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1428~1789年)。初代皇帝は黎利(太祖)。黎朝は、莫氏による簒奪を境に前期と後期に分けられる。『黎朝刑律』や科挙の諸整備を整え安定した長期王朝を維持できた。

    解説

  • 21

    【朱印船貿易】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の鎖国が完成するまでに朱印船によって海外との間で行われた貿易。鎖国完成までのおそよ30年間の渡航先は、ベトナムが三分の一以上を占め、朱印船貿易の興隆により日本町の形成を促した。後に、鎖国体制確立によりベトナムとの交易は途絶した。

    解説

  • 22

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 23

    【南風<Nam Phong>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1917年に創刊された月刊雑誌。210号まで刊行され続け、クオックグーと漢字の二部で構成されており、学問研究の進展・クオックグーの普及に寄与した。

    解説

  • 24

    【文廟<Văn Miếu>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孔子を中心として儒者の霊を祀った所。ベトナムでは、1070年にハノイに創建されたのが初めて。廟内には、科挙合格者の名前が刻まれている亀の石像が並べられている。

    解説

  • 25

    【維新会<Duy Tân Hội>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1904年にベトナム独立のために潘佩珠によって組織された。東遊運動を推し進め、数多くの青年を日本へ送り出し、後に光復会に組織を改めた。

    解説

  • 26

    【潘周禎<Phan Chu Trinh>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚、後に民族主義者。東京義塾を設立するなどの啓蒙活動を推進するも、フランス当局によって流刑された。フランスにわたり現地でベトナム人の組織化を進め、意識改革を促した。

    解説

  • 27

    【永厳寺<Chùa Vĩnh Nghiêm>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1964年に建立された仏教寺院。ホーチミン市内にあり、日本の曹洞宗の寺院から寄贈された「平和の鐘」がある。

    解説

  • 28

    【一柱寺<chùa Một Cột>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1049年に創建された仏教寺院。一本の柱が水に囲まれており、ホーチミン廟の近くにある。一本の柱で立っていることから一柱寺と呼ばれている。フランス軍に爆撃されるも、後に再建された。

    解説

  • 29

    【黎朝<nhà Lê>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1428~1789年)。初代皇帝は黎利(太祖)。黎朝は、莫氏による簒奪を境に前期と後期に分けられる。『黎朝刑律』や科挙の諸整備を整え安定した長期王朝を維持できた。

    解説

  • 30

    【嘉隆帝<Gia Long>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初代皇帝。阮朝の創始者。西山軍の平定後、帝位につ即き阮朝を建てた。代々の王朝の都であったハノイからフエに都を移し、大規模な新制度を実施することで王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 31

    【維新会<Duy Tân Hội>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1904年にベトナム独立のために潘佩珠によって組織された。東遊運動を推し進め、数多くの青年を日本へ送り出し、後に光復会に組織を改めた。

    解説

  • 32

    【ヴォー・グエン・ザップ<Võ Nguyên Giáp>】       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム革命の指導者。ベトナム人民軍を創設し、ベトナム独立のために多大なる貢献を果たした。後に、党内の権力闘争により身を退くが、ドイモイ後には名誉復活を成し遂げた。「赤いナポレオン」などの多様な異名を持つ。

    解説

  • 33

    【咸宜帝<Hàm Nghi>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第8代皇帝。フランスの侵略に対してフエで蜂起を断行し、山野に潜みゲリラ活動を展開した。後に、フランスによって逮捕され、アルジェリアに流刑された。

    解説

  • 34

    【朱印船貿易】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の鎖国が完成するまでに朱印船によって海外との間で行われた貿易。鎖国完成までのおそよ30年間の渡航先は、ベトナムが三分の一以上を占め、朱印船貿易の興隆により日本町の形成を促した。後に、鎖国体制確立によりベトナムとの交易は途絶した。

    解説

  • 35

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 36

    【勤王運動】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの侵略に対する愛国運動。咸宜帝は詔を発して、各地の人民や文紳に行動を起こさせ、フランスの侵略に断然と抗議する愛国運動を展開した。

    解説

  • 37

    【歴朝憲章類誌<Lich triều hiến chương loại chí>】 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの類書。阮朝の潘輝注の撰。49巻。内容は多岐にわたり、人物・科目・地理・刑律・礼儀等の各誌に分かれている。

    解説

  • 38

    【朱印船貿易】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の鎖国が完成するまでに朱印船によって海外との間で行われた貿易。鎖国完成までのおそよ30年間の渡航先は、ベトナムが三分の一以上を占め、朱印船貿易の興隆により日本町の形成を促した。後に、鎖国体制確立によりベトナムとの交易は途絶した。

    解説

  • 39

    【同慶地輿誌】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの地理書。阮朝、官撰の地誌。ベトナムの北部・南部の全域をカバーする豊富な情報が記載されており、当時の地理を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 40

    【呉士連<Ngô Sĩ Liên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝時代の官僚。著書『大越史記全書』は有名。ベトナムの歴史をまとめあげ、その生涯を遂げた。

    解説

  • 41

    【呉権<Ngô Quyền>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呉朝の建国者。白藤江の戦いにて南漢軍を破り、古螺を都として、王位についた。呉権の死後、呉朝は急激に統率力を失い、群雄割拠時代が訪れた。

    解説

  • 42

    【明命帝<Minh Mạng>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第2代皇帝。儒教に通じ中国の集権化政策を参考にして皇帝の権力を強化した。キリスト教禁止や対外遠征などの強権的な政策をとった。

    解説

  • 43

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 44

    【ヴォー・グエン・ザップ<Võ Nguyên Giáp>】       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム革命の指導者。ベトナム人民軍を創設し、ベトナム独立のために多大なる貢献を果たした。後に、党内の権力闘争により身を退くが、ドイモイ後には名誉復活を成し遂げた。「赤いナポレオン」などの多様な異名を持つ。

    解説

  • 45

    【一柱寺<chùa Một Cột>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1049年に創建された仏教寺院。一本の柱が水に囲まれており、ホーチミン廟の近くにある。一本の柱で立っていることから一柱寺と呼ばれている。フランス軍に爆撃されるも、後に再建された。

    解説

  • 46

    【潘輝注<Phan Huy Chú>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初期の官僚。ベトナムの百科事典『歴朝憲章類誌』を著した人物として有名。何度か副使として中国を訪問し、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 47

    【一柱寺<chùa Một Cột>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1049年に創建された仏教寺院。一本の柱が水に囲まれており、ホーチミン廟の近くにある。一本の柱で立っていることから一柱寺と呼ばれている。フランス軍に爆撃されるも、後に再建された。

    解説

  • 48

    【潘清簡<Phan Thanh Giản >】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚。フランスとの折衝に向けて全力を尽くしたが、フランスのベトナムに対する高圧的な強要により、ベトナム南部の征服を許してしまい、その責任を負い毒を飲み自らの命を絶った。後に、祖国忠愛の士として名誉回復を成し遂げた。

    解説

  • 49

    【陳朝<nhà Trần>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1225~1400年)。初代皇帝は陳太宗。陳朝は、内には制度の諸改革、外にはチャンパ―遠征など積極的に展開した。元軍の脅威に晒され首都を奪われた後に、バクダン江の勝利により元軍を破る。

    解説

  • 50

    【莫挺之】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝時代の官僚。科挙に首席合格(状元)を果たし、陳朝皇帝三代にわたって仕えた。中国への国使をつとめるなど、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 51

    【東京義塾<Đông Kinh Nghĩa thục>】           

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1907年にハノイで建設された学校。これまでの儒教教育などの革新を目指し、西洋の学問などを積極的に導入した。後に、フランス当局によって解散を命じられた。

    解説

  • 52

    【黎朝<nhà Lê>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1428~1789年)。初代皇帝は黎利(太祖)。黎朝は、莫氏による簒奪を境に前期と後期に分けられる。『黎朝刑律』や科挙の諸整備を整え安定した長期王朝を維持できた。

    解説

  • 53

    【ベトナム歴代王朝】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呉朝⇒丁朝⇒前黎朝⇒李朝⇒陳朝⇒胡朝⇒黎朝(前半)⇒莫朝⇒黎朝(後半)⇒阮朝

    解説

  • 54

    【李朝<nhà Lý>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1009年~1225年)。初代皇帝は李公蘊(太祖)。李朝は、ベトナムの初の長期政権であり首都をハノイに置く。中央主権体制を敷き、科挙を実施するなど中国を模範としつつ国家の礎を築いた。

    解説

  • 55

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 56

    【勤王運動】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの侵略に対する愛国運動。咸宜帝は詔を発して、各地の人民や文紳に行動を起こさせ、フランスの侵略に断然と抗議する愛国運動を展開した。

    解説

  • 57

    【阮廌<Nguyễn Trãi>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝初期の官僚。黎利の参謀として明との独立戦争を戦い抜き、黎朝の立役者となる。後に、黎朝において制度の整備に尽力しその功績は甚だ大きい。

    解説

  • 58

    【ベトナム戦争】                      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北ベトナムと南ベトナムの内戦に、アメリカやソ連の介入によって引き起こされた戦争(1960~1973年)。最新兵器の導入や戦争の長期化によって、ベトナムの国土は荒らされ文化財等もこの時に多く失われた。後に、アメリカがパリ協定を受け入れ、戦争が終結した。

    解説

  • 59

    【尊室説<Tôn Thất Thuyết>】             

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の武官。咸宜帝とともに勤王運動を主導し、フランスに抵抗した。後に、中国に亡命し反仏運動の中心となり続けた。

    解説

  • 60

    【大越史記全書<Đại Việt sử ký toàn thư>】     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の正史。呉士連が編纂に携わり、ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 61

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 62

    【潘清簡<Phan Thanh Giản >】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚。フランスとの折衝に向けて全力を尽くしたが、フランスのベトナムに対する高圧的な強要により、ベトナム南部の征服を許してしまい、その責任を負い毒を飲み自らの命を絶った。後に、祖国忠愛の士として名誉回復を成し遂げた。

    解説

  • 63

    【ロード<Alexandre de Rhodes>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランス人宣教師。イエスズ会に入会し、ベトナムにキリスト教が広まるように布教活動を展開した。クオックグーに繋がる文字体系をつくりあげたことで有名。

    解説

  • 64

    【潘輝注<Phan Huy Chú>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初期の官僚。ベトナムの百科事典『歴朝憲章類誌』を著した人物として有名。何度か副使として中国を訪問し、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 65

    【嘉隆帝<Gia Long>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初代皇帝。阮朝の創始者。西山軍の平定後、帝位につ即き阮朝を建てた。代々の王朝の都であったハノイからフエに都を移し、大規模な新制度を実施することで王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 66

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 67

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 68

    【清の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清の乾隆帝によるベトナム侵略。清の侵攻に対して、光中帝(阮恵)は清軍を大破するための緻密な作戦を練り、ドンダーの戦いの勝利によって、清軍を大敗させた。

    解説

  • 69

    【阮攸<Nguyễn Du>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初期の官僚・小説家。ベトナム文学作品で名高い『金雲翹』は内外に有名。ベトナムの通りの名になっている。

    解説

  • 70

    【潘輝注<Phan Huy Chú>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初期の官僚。ベトナムの百科事典『歴朝憲章類誌』を著した人物として有名。何度か副使として中国を訪問し、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 71

    【莫挺之】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝時代の官僚。科挙に首席合格(状元)を果たし、陳朝皇帝三代にわたって仕えた。中国への国使をつとめるなど、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 72

    【永厳寺<Chùa Vĩnh Nghiêm>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1964年に建立された仏教寺院。ホーチミン市内にあり、日本の曹洞宗の寺院から寄贈された「平和の鐘」がある。

    解説

  • 73

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 74

    【阮朝<nhà Nguyễn>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1802~1945年)。初代皇帝は嘉隆帝。阮朝は、初期に中央主権化に努め対外に積極的に展開した。後、西欧諸国に侵略され長きにわたる占領が続いた。1945年に、保大帝の退位により阮朝は滅亡した。

    解説

  • 75

    【李朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太祖⇒2.太宗⇒3.聖宗⇒4.仁宗⇒5.神宗⇒6.英宗⇒7.高宗⇒8.恵宗⇒9.昭皇

    解説

  • 76

    【黎太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)初代皇帝。黎朝(前半)の創始者。明の支配下の中で、ベトナム独立のために奮戦し、明軍を撃退した。皇帝即位後、国内の法整備を改革し、王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 77

    【潘輝注<Phan Huy Chú>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初期の官僚。ベトナムの百科事典『歴朝憲章類誌』を著した人物として有名。何度か副使として中国を訪問し、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 78

    【元の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元のフビライによるベトナム侵略。勇将陳国峻の活躍により元軍を撃破した。

    解説

  • 79

    【嗣徳帝<Tự Đức>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第4代皇帝。国内では各地で跋扈していた匪賊を討伐し、国外ではフランスとの交渉に苦慮した。

    解説

  • 80

    【大越史記全書<Đại Việt sử ký toàn thư>】     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の正史。呉士連が編纂に携わり、ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 81

    【阮朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.嘉隆帝⇒2.明命帝⇒3.紹治帝⇒4.嗣徳帝⇒5.育徳帝⇒6.協和帝⇒7.建福帝⇒8.咸宜帝⇒9.同慶帝⇒10.成泰帝⇒11.維新帝⇒12.啓定帝⇒13.保大帝

    解説

  • 82

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 83

    【維新会<Duy Tân Hội>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1904年にベトナム独立のために潘佩珠によって組織された。東遊運動を推し進め、数多くの青年を日本へ送り出し、後に光復会に組織を改めた。

    解説

  • 84

    【勤王運動】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの侵略に対する愛国運動。咸宜帝は詔を発して、各地の人民や文紳に行動を起こさせ、フランスの侵略に断然と抗議する愛国運動を展開した。

    解説

  • 85

    【莫挺之】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝時代の官僚。科挙に首席合格(状元)を果たし、陳朝皇帝三代にわたって仕えた。中国への国使をつとめるなど、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 86

    【李朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太祖⇒2.太宗⇒3.聖宗⇒4.仁宗⇒5.神宗⇒6.英宗⇒7.高宗⇒8.恵宗⇒9.昭皇

    解説

  • 87

    【明命帝<Minh Mạng>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第2代皇帝。儒教に通じ中国の集権化政策を参考にして皇帝の権力を強化した。キリスト教禁止や対外遠征などの強権的な政策をとった。

    解説

  • 88

    【嗣徳帝<Tự Đức>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第4代皇帝。国内では各地で跋扈していた匪賊を討伐し、国外ではフランスとの交渉に苦慮した。

    解説

  • 89

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 90

    【ハロン湾】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム北東部のクアンニン省にある湾。ハロンとは「龍が降りる地」を意味し、その美しい風景から「海の桂林」と呼ばれている。

    解説

  • 91

    【ディエンビエンフーの戦い<Điện Biên Phủ>】      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一次インドシナ戦争末期のベトナムとフランスの戦い。1954年5月7日にベトナム軍の総攻撃により、全要塞を陥落させ、戦いは終結の方向へ進んだ。ジュネーヴ協定成立などに多大な影響を与えた。

    解説

  • 92

    【李朝<nhà Lý>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1009年~1225年)。初代皇帝は李公蘊(太祖)。李朝は、ベトナムの初の長期政権であり首都をハノイに置く。中央主権体制を敷き、科挙を実施するなど中国を模範としつつ国家の礎を築いた。

    解説

  • 93

    【陳朝<nhà Trần>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1225~1400年)。初代皇帝は陳太宗。陳朝は、内には制度の諸改革、外にはチャンパ―遠征など積極的に展開した。元軍の脅威に晒され首都を奪われた後に、バクダン江の勝利により元軍を破る。

    解説

  • 94

    【維新会<Duy Tân Hội>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1904年にベトナム独立のために潘佩珠によって組織された。東遊運動を推し進め、数多くの青年を日本へ送り出し、後に光復会に組織を改めた。

    解説

  • 95

    【元の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元のフビライによるベトナム侵略。勇将陳国峻の活躍により元軍を撃破した。

    解説

  • 96

    【陳朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太宗⇒2.聖宗⇒3.仁宗⇒4.英宗⇒5.明宗⇒6.憲宗⇒7.裕宗⇒8.楊日礼⇒9.芸宗⇒10.睿宗⇒11.廃帝⇒12.順宗⇒13.少帝

    解説

  • 97

    【阮朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.嘉隆帝⇒2.明命帝⇒3.紹治帝⇒4.嗣徳帝⇒5.育徳帝⇒6.協和帝⇒7.建福帝⇒8.咸宜帝⇒9.同慶帝⇒10.成泰帝⇒11.維新帝⇒12.啓定帝⇒13.保大帝

    解説

  • 98

    【アオザイ<áo dài>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム民族衣装。西洋化の進展とともに、従来の伝統的なデザインに意匠が凝らされ、現在のスタイルが成り立った。一般的に女性用が普及しているが、男性用も存在する。

    解説

  • 99

    【莫挺之】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝時代の官僚。科挙に首席合格(状元)を果たし、陳朝皇帝三代にわたって仕えた。中国への国使をつとめるなど、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 100

    【阮廌<Nguyễn Trãi>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝初期の官僚。黎利の参謀として明との独立戦争を戦い抜き、黎朝の立役者となる。後に、黎朝において制度の整備に尽力しその功績は甚だ大きい。

    解説

  • 101

    【阮朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.嘉隆帝⇒2.明命帝⇒3.紹治帝⇒4.嗣徳帝⇒5.育徳帝⇒6.協和帝⇒7.建福帝⇒8.咸宜帝⇒9.同慶帝⇒10.成泰帝⇒11.維新帝⇒12.啓定帝⇒13.保大帝

    解説

  • 102

    【李朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太祖⇒2.太宗⇒3.聖宗⇒4.仁宗⇒5.神宗⇒6.英宗⇒7.高宗⇒8.恵宗⇒9.昭皇

    解説

  • 103

    【陳朝<nhà Trần>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1225~1400年)。初代皇帝は陳太宗。陳朝は、内には制度の諸改革、外にはチャンパ―遠征など積極的に展開した。元軍の脅威に晒され首都を奪われた後に、バクダン江の勝利により元軍を破る。

    解説

  • 104

    【ロード<Alexandre de Rhodes>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランス人宣教師。イエスズ会に入会し、ベトナムにキリスト教が広まるように布教活動を展開した。クオックグーに繋がる文字体系をつくりあげたことで有名。

    解説

  • 105

    【ヴォー・グエン・ザップ<Võ Nguyên Giáp>】       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム革命の指導者。ベトナム人民軍を創設し、ベトナム独立のために多大なる貢献を果たした。後に、党内の権力闘争により身を退くが、ドイモイ後には名誉復活を成し遂げた。「赤いナポレオン」などの多様な異名を持つ。

    解説

  • 106

    【元の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元のフビライによるベトナム侵略。勇将陳国峻の活躍により元軍を撃破した。

    解説

  • 107

    【嗣徳帝<Tự Đức>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第4代皇帝。国内では各地で跋扈していた匪賊を討伐し、国外ではフランスとの交渉に苦慮した。

    解説

  • 108

    【西山朝系図】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.光中帝⇒2.景盛帝

    解説

  • 109

    【欽定越史通鑑綱目】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の歴史書。阮朝、潘清簡等奉勅編。『大越史記全書』に基づきながら考証・訂正を加え、他の書にみられない注・引用が存在する。ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 110

    【潘清簡<Phan Thanh Giản >】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚。フランスとの折衝に向けて全力を尽くしたが、フランスのベトナムに対する高圧的な強要により、ベトナム南部の征服を許してしまい、その責任を負い毒を飲み自らの命を絶った。後に、祖国忠愛の士として名誉回復を成し遂げた。

    解説

  • 111

    【尊室説<Tôn Thất Thuyết>】             

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の武官。咸宜帝とともに勤王運動を主導し、フランスに抵抗した。後に、中国に亡命し反仏運動の中心となり続けた。

    解説

  • 112

    【東京義塾<Đông Kinh Nghĩa thục>】           

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1907年にハノイで建設された学校。これまでの儒教教育などの革新を目指し、西洋の学問などを積極的に導入した。後に、フランス当局によって解散を命じられた。

    解説

  • 113

    【陳朝<nhà Trần>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1225~1400年)。初代皇帝は陳太宗。陳朝は、内には制度の諸改革、外にはチャンパ―遠征など積極的に展開した。元軍の脅威に晒され首都を奪われた後に、バクダン江の勝利により元軍を破る。

    解説

  • 114

    【黎太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)初代皇帝。黎朝(前半)の創始者。明の支配下の中で、ベトナム独立のために奮戦し、明軍を撃退した。皇帝即位後、国内の法整備を改革し、王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 115

    【ベトナム戦争】                      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北ベトナムと南ベトナムの内戦に、アメリカやソ連の介入によって引き起こされた戦争(1960~1973年)。最新兵器の導入や戦争の長期化によって、ベトナムの国土は荒らされ文化財等もこの時に多く失われた。後に、アメリカがパリ協定を受け入れ、戦争が終結した。

    解説

  • 116

    【黎朝刑律<Lê Triều hình luật>】          

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝の法典。6巻12章722条(又は721条)から成る。現存するベトナム法典の中で一番古い。

    解説

  • 117

    【アオザイ<áo dài>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム民族衣装。西洋化の進展とともに、従来の伝統的なデザインに意匠が凝らされ、現在のスタイルが成り立った。一般的に女性用が普及しているが、男性用も存在する。

    解説

  • 118

    【宋の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の宰相王安石の建議によるベトナム侵略(1075~1076年)。勇将李常傑の活躍により宋軍を撃破した。

    解説

  • 119

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 120

    【黎朝<nhà Lê>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1428~1789年)。初代皇帝は黎利(太祖)。黎朝は、莫氏による簒奪を境に前期と後期に分けられる。『黎朝刑律』や科挙の諸整備を整え安定した長期王朝を維持できた。

    解説

  • 121

    【天南余暇集<Thiên Nam dư hạ tập>】           

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多様なジャンルが収集された書物。1483年に黎朝の黎聖宗が申仁忠らに編纂を命じて成ったとされ、現在断片的に伝わっている。当時の社会等を知るうえで大変貴重な資料。

    解説

  • 122

    【永厳寺<Chùa Vĩnh Nghiêm>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1964年に建立された仏教寺院。ホーチミン市内にあり、日本の曹洞宗の寺院から寄贈された「平和の鐘」がある。

    解説

  • 123

    【西山朝系図】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.光中帝⇒2.景盛帝

    解説

  • 124

    【同慶地輿誌】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの地理書。阮朝、官撰の地誌。ベトナムの北部・南部の全域をカバーする豊富な情報が記載されており、当時の地理を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 125

    【潘佩珠<Phan Bội Châu>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの民族運動指導者。フランスからの支配を脱却しようと、日本に留学生を送る東遊運動を展開した。その後、光復会を組織しベトナム独立運動を続けたが、フランス政府の拘束により軟禁されその生涯を送る。著『ベトナム亡国史』は有名。

    解説

  • 126

    【黎太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)初代皇帝。黎朝(前半)の創始者。明の支配下の中で、ベトナム独立のために奮戦し、明軍を撃退した。皇帝即位後、国内の法整備を改革し、王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 127

    【呉時任】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西山朝時代の官僚、文学者。清朝への外交文書の起草など、清朝に対する外交官として活躍した。

    解説

  • 128

    【アオザイ<áo dài>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム民族衣装。西洋化の進展とともに、従来の伝統的なデザインに意匠が凝らされ、現在のスタイルが成り立った。一般的に女性用が普及しているが、男性用も存在する。

    解説

  • 129

    【潘周禎<Phan Chu Trinh>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚、後に民族主義者。東京義塾を設立するなどの啓蒙活動を推進するも、フランス当局によって流刑された。フランスにわたり現地でベトナム人の組織化を進め、意識改革を促した。

    解説

  • 130

    【西山朝系図】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.光中帝⇒2.景盛帝

    解説

  • 131

    【ディエンビエンフーの戦い<Điện Biên Phủ>】      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一次インドシナ戦争末期のベトナムとフランスの戦い。1954年5月7日にベトナム軍の総攻撃により、全要塞を陥落させ、戦いは終結の方向へ進んだ。ジュネーヴ協定成立などに多大な影響を与えた。

    解説

  • 132

    【阮朝<nhà Nguyễn>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1802~1945年)。初代皇帝は嘉隆帝。阮朝は、初期に中央主権化に努め対外に積極的に展開した。後、西欧諸国に侵略され長きにわたる占領が続いた。1945年に、保大帝の退位により阮朝は滅亡した。

    解説

  • 133

    【清の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清の乾隆帝によるベトナム侵略。清の侵攻に対して、光中帝(阮恵)は清軍を大破するための緻密な作戦を練り、ドンダーの戦いの勝利によって、清軍を大敗させた。

    解説

  • 134

    【呉士連<Ngô Sĩ Liên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝時代の官僚。著書『大越史記全書』は有名。ベトナムの歴史をまとめあげ、その生涯を遂げた。

    解説

  • 135

    【アオザイ<áo dài>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム民族衣装。西洋化の進展とともに、従来の伝統的なデザインに意匠が凝らされ、現在のスタイルが成り立った。一般的に女性用が普及しているが、男性用も存在する。

    解説

  • 136

    【南風<Nam Phong>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1917年に創刊された月刊雑誌。210号まで刊行され続け、クオックグーと漢字の二部で構成されており、学問研究の進展・クオックグーの普及に寄与した。

    解説

  • 137

    【西山朝系図】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.光中帝⇒2.景盛帝

    解説

  • 138

    【潘周禎<Phan Chu Trinh>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚、後に民族主義者。東京義塾を設立するなどの啓蒙活動を推進するも、フランス当局によって流刑された。フランスにわたり現地でベトナム人の組織化を進め、意識改革を促した。

    解説

  • 139

    【勤王運動】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの侵略に対する愛国運動。咸宜帝は詔を発して、各地の人民や文紳に行動を起こさせ、フランスの侵略に断然と抗議する愛国運動を展開した。

    解説

  • 140

    【大越史記全書<Đại Việt sử ký toàn thư>】     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の正史。呉士連が編纂に携わり、ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 141

    【一柱寺<chùa Một Cột>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1049年に創建された仏教寺院。一本の柱が水に囲まれており、ホーチミン廟の近くにある。一本の柱で立っていることから一柱寺と呼ばれている。フランス軍に爆撃されるも、後に再建された。

    解説

  • 142

    【陳朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太宗⇒2.聖宗⇒3.仁宗⇒4.英宗⇒5.明宗⇒6.憲宗⇒7.裕宗⇒8.楊日礼⇒9.芸宗⇒10.睿宗⇒11.廃帝⇒12.順宗⇒13.少帝

    解説

  • 143

    【陳太宗】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝初代皇帝。陳朝の創始者。諸制度を抜本的に改変し、王朝の基盤を整えた。南宋と本格的に通じることで、南宋から安南国王の封を受けた。蒙古の台頭により一時期侵略されるが、その後蒙古を追い払い、両国の関係を改善させた。

    解説

  • 144

    【元の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元のフビライによるベトナム侵略。勇将陳国峻の活躍により元軍を撃破した。

    解説

  • 145

    【ハロン湾】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム北東部のクアンニン省にある湾。ハロンとは「龍が降りる地」を意味し、その美しい風景から「海の桂林」と呼ばれている。

    解説

  • 146

    【ベトナム戦争】                      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北ベトナムと南ベトナムの内戦に、アメリカやソ連の介入によって引き起こされた戦争(1960~1973年)。最新兵器の導入や戦争の長期化によって、ベトナムの国土は荒らされ文化財等もこの時に多く失われた。後に、アメリカがパリ協定を受け入れ、戦争が終結した。

    解説

  • 147

    【ディエンビエンフーの戦い<Điện Biên Phủ>】      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一次インドシナ戦争末期のベトナムとフランスの戦い。1954年5月7日にベトナム軍の総攻撃により、全要塞を陥落させ、戦いは終結の方向へ進んだ。ジュネーヴ協定成立などに多大な影響を与えた。

    解説

  • 148

    【ヴォー・グエン・ザップ<Võ Nguyên Giáp>】       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム革命の指導者。ベトナム人民軍を創設し、ベトナム独立のために多大なる貢献を果たした。後に、党内の権力闘争により身を退くが、ドイモイ後には名誉復活を成し遂げた。「赤いナポレオン」などの多様な異名を持つ。

    解説

  • 149

    【一柱寺<chùa Một Cột>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1049年に創建された仏教寺院。一本の柱が水に囲まれており、ホーチミン廟の近くにある。一本の柱で立っていることから一柱寺と呼ばれている。フランス軍に爆撃されるも、後に再建された。

    解説

  • 150

    【永厳寺<Chùa Vĩnh Nghiêm>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1964年に建立された仏教寺院。ホーチミン市内にあり、日本の曹洞宗の寺院から寄贈された「平和の鐘」がある。

    解説

  • 151

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 152

    【阮廌<Nguyễn Trãi>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝初期の官僚。黎利の参謀として明との独立戦争を戦い抜き、黎朝の立役者となる。後に、黎朝において制度の整備に尽力しその功績は甚だ大きい。

    解説

  • 153

    【潘佩珠<Phan Bội Châu>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの民族運動指導者。フランスからの支配を脱却しようと、日本に留学生を送る東遊運動を展開した。その後、光復会を組織しベトナム独立運動を続けたが、フランス政府の拘束により軟禁されその生涯を送る。著『ベトナム亡国史』は有名。

    解説

  • 154

    【東京義塾<Đông Kinh Nghĩa thục>】           

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1907年にハノイで建設された学校。これまでの儒教教育などの革新を目指し、西洋の学問などを積極的に導入した。後に、フランス当局によって解散を命じられた。

    解説

  • 155

    【潘輝注<Phan Huy Chú>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初期の官僚。ベトナムの百科事典『歴朝憲章類誌』を著した人物として有名。何度か副使として中国を訪問し、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 156

    【西山朝系図】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.光中帝⇒2.景盛帝

    解説

  • 157

    【呉士連<Ngô Sĩ Liên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝時代の官僚。著書『大越史記全書』は有名。ベトナムの歴史をまとめあげ、その生涯を遂げた。

    解説

  • 158

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 159

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 160

    【宋の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の宰相王安石の建議によるベトナム侵略(1075~1076年)。勇将李常傑の活躍により宋軍を撃破した。

    解説

  • 161

    【南風<Nam Phong>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1917年に創刊された月刊雑誌。210号まで刊行され続け、クオックグーと漢字の二部で構成されており、学問研究の進展・クオックグーの普及に寄与した。

    解説

  • 162

    【ディエンビエンフーの戦い<Điện Biên Phủ>】      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一次インドシナ戦争末期のベトナムとフランスの戦い。1954年5月7日にベトナム軍の総攻撃により、全要塞を陥落させ、戦いは終結の方向へ進んだ。ジュネーヴ協定成立などに多大な影響を与えた。

    解説

  • 163

    【潘佩珠<Phan Bội Châu>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの民族運動指導者。フランスからの支配を脱却しようと、日本に留学生を送る東遊運動を展開した。その後、光復会を組織しベトナム独立運動を続けたが、フランス政府の拘束により軟禁されその生涯を送る。著『ベトナム亡国史』は有名。

    解説

  • 164

    【陳朝<nhà Trần>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1225~1400年)。初代皇帝は陳太宗。陳朝は、内には制度の諸改革、外にはチャンパ―遠征など積極的に展開した。元軍の脅威に晒され首都を奪われた後に、バクダン江の勝利により元軍を破る。

    解説

  • 165

    【ロード<Alexandre de Rhodes>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランス人宣教師。イエスズ会に入会し、ベトナムにキリスト教が広まるように布教活動を展開した。クオックグーに繋がる文字体系をつくりあげたことで有名。

    解説

  • 166

    【大越史記全書<Đại Việt sử ký toàn thư>】     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の正史。呉士連が編纂に携わり、ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 167

    【維新会<Duy Tân Hội>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1904年にベトナム独立のために潘佩珠によって組織された。東遊運動を推し進め、数多くの青年を日本へ送り出し、後に光復会に組織を改めた。

    解説

  • 168

    【李朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太祖⇒2.太宗⇒3.聖宗⇒4.仁宗⇒5.神宗⇒6.英宗⇒7.高宗⇒8.恵宗⇒9.昭皇

    解説

  • 169

    【同慶地輿誌】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの地理書。阮朝、官撰の地誌。ベトナムの北部・南部の全域をカバーする豊富な情報が記載されており、当時の地理を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 170

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 171

    【嘉隆帝<Gia Long>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初代皇帝。阮朝の創始者。西山軍の平定後、帝位につ即き阮朝を建てた。代々の王朝の都であったハノイからフエに都を移し、大規模な新制度を実施することで王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 172

    【西山朝系図】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.光中帝⇒2.景盛帝

    解説

  • 173

    【ハロン湾】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム北東部のクアンニン省にある湾。ハロンとは「龍が降りる地」を意味し、その美しい風景から「海の桂林」と呼ばれている。

    解説

  • 174

    【黎聖宗<Lê Thánh Tông>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)第5代皇帝。対内的には均田制・軍制・科挙制等の改革を実行し、対外的にはチャンパ―等の遠征をした。

    解説

  • 175

    【朱印船貿易】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の鎖国が完成するまでに朱印船によって海外との間で行われた貿易。鎖国完成までのおそよ30年間の渡航先は、ベトナムが三分の一以上を占め、朱印船貿易の興隆により日本町の形成を促した。後に、鎖国体制確立によりベトナムとの交易は途絶した。

    解説

  • 176

    【宋の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の宰相王安石の建議によるベトナム侵略(1075~1076年)。勇将李常傑の活躍により宋軍を撃破した。

    解説

  • 177

    【歴朝憲章類誌<Lich triều hiến chương loại chí>】 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの類書。阮朝の潘輝注の撰。49巻。内容は多岐にわたり、人物・科目・地理・刑律・礼儀等の各誌に分かれている。

    解説

  • 178

    【阮攸<Nguyễn Du>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初期の官僚・小説家。ベトナム文学作品で名高い『金雲翹』は内外に有名。ベトナムの通りの名になっている。

    解説

  • 179

    【咸宜帝<Hàm Nghi>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第8代皇帝。フランスの侵略に対してフエで蜂起を断行し、山野に潜みゲリラ活動を展開した。後に、フランスによって逮捕され、アルジェリアに流刑された。

    解説

  • 180

    【陳朝<nhà Trần>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1225~1400年)。初代皇帝は陳太宗。陳朝は、内には制度の諸改革、外にはチャンパ―遠征など積極的に展開した。元軍の脅威に晒され首都を奪われた後に、バクダン江の勝利により元軍を破る。

    解説

  • 181

    【李朝<nhà Lý>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1009年~1225年)。初代皇帝は李公蘊(太祖)。李朝は、ベトナムの初の長期政権であり首都をハノイに置く。中央主権体制を敷き、科挙を実施するなど中国を模範としつつ国家の礎を築いた。

    解説

  • 182

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 183

    【李常傑<Lý Thường Kiệt>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝時代の武将。ベトナムに侵攻してきた宋軍を破り、その名声を轟かせた。逝去後、各地に廟が建立されるなど、その勇姿が後世まで語り継がれている。

    解説

  • 184

    【文廟<Văn Miếu>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孔子を中心として儒者の霊を祀った所。ベトナムでは、1070年にハノイに創建されたのが初めて。廟内には、科挙合格者の名前が刻まれている亀の石像が並べられている。

    解説

  • 185

    【黎朝刑律<Lê Triều hình luật>】          

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝の法典。6巻12章722条(又は721条)から成る。現存するベトナム法典の中で一番古い。

    解説

  • 186

    【一柱寺<chùa Một Cột>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1049年に創建された仏教寺院。一本の柱が水に囲まれており、ホーチミン廟の近くにある。一本の柱で立っていることから一柱寺と呼ばれている。フランス軍に爆撃されるも、後に再建された。

    解説

  • 187

    【黎太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)初代皇帝。黎朝(前半)の創始者。明の支配下の中で、ベトナム独立のために奮戦し、明軍を撃退した。皇帝即位後、国内の法整備を改革し、王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 188

    【呉時任】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西山朝時代の官僚、文学者。清朝への外交文書の起草など、清朝に対する外交官として活躍した。

    解説

  • 189

    【咸宜帝<Hàm Nghi>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第8代皇帝。フランスの侵略に対してフエで蜂起を断行し、山野に潜みゲリラ活動を展開した。後に、フランスによって逮捕され、アルジェリアに流刑された。

    解説

  • 190

    【西山朝系図】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.光中帝⇒2.景盛帝

    解説

  • 191

    【阮廌<Nguyễn Trãi>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝初期の官僚。黎利の参謀として明との独立戦争を戦い抜き、黎朝の立役者となる。後に、黎朝において制度の整備に尽力しその功績は甚だ大きい。

    解説

  • 192

    【黎太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)初代皇帝。黎朝(前半)の創始者。明の支配下の中で、ベトナム独立のために奮戦し、明軍を撃退した。皇帝即位後、国内の法整備を改革し、王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 193

    【陳朝<nhà Trần>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1225~1400年)。初代皇帝は陳太宗。陳朝は、内には制度の諸改革、外にはチャンパ―遠征など積極的に展開した。元軍の脅威に晒され首都を奪われた後に、バクダン江の勝利により元軍を破る。

    解説

  • 194

    【尊室説<Tôn Thất Thuyết>】             

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の武官。咸宜帝とともに勤王運動を主導し、フランスに抵抗した。後に、中国に亡命し反仏運動の中心となり続けた。

    解説

  • 195

    【黎太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)初代皇帝。黎朝(前半)の創始者。明の支配下の中で、ベトナム独立のために奮戦し、明軍を撃退した。皇帝即位後、国内の法整備を改革し、王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 196

    【嗣徳帝<Tự Đức>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第4代皇帝。国内では各地で跋扈していた匪賊を討伐し、国外ではフランスとの交渉に苦慮した。

    解説

  • 197

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 198

    【アオザイ<áo dài>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム民族衣装。西洋化の進展とともに、従来の伝統的なデザインに意匠が凝らされ、現在のスタイルが成り立った。一般的に女性用が普及しているが、男性用も存在する。

    解説

  • 199

    【明命帝<Minh Mạng>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第2代皇帝。儒教に通じ中国の集権化政策を参考にして皇帝の権力を強化した。キリスト教禁止や対外遠征などの強権的な政策をとった。

    解説

  • 200

    【元の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元のフビライによるベトナム侵略。勇将陳国峻の活躍により元軍を撃破した。

    解説

  • 201

    【西山朝系図】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.光中帝⇒2.景盛帝

    解説

  • 202

    【清の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清の乾隆帝によるベトナム侵略。清の侵攻に対して、光中帝(阮恵)は清軍を大破するための緻密な作戦を練り、ドンダーの戦いの勝利によって、清軍を大敗させた。

    解説

  • 203

    【潘清簡<Phan Thanh Giản >】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚。フランスとの折衝に向けて全力を尽くしたが、フランスのベトナムに対する高圧的な強要により、ベトナム南部の征服を許してしまい、その責任を負い毒を飲み自らの命を絶った。後に、祖国忠愛の士として名誉回復を成し遂げた。

    解説

  • 204

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 205

    【元の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元のフビライによるベトナム侵略。勇将陳国峻の活躍により元軍を撃破した。

    解説

  • 206

    【ヴォー・グエン・ザップ<Võ Nguyên Giáp>】       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム革命の指導者。ベトナム人民軍を創設し、ベトナム独立のために多大なる貢献を果たした。後に、党内の権力闘争により身を退くが、ドイモイ後には名誉復活を成し遂げた。「赤いナポレオン」などの多様な異名を持つ。

    解説

  • 207

    【李朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太祖⇒2.太宗⇒3.聖宗⇒4.仁宗⇒5.神宗⇒6.英宗⇒7.高宗⇒8.恵宗⇒9.昭皇

    解説

  • 208

    【朱印船貿易】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の鎖国が完成するまでに朱印船によって海外との間で行われた貿易。鎖国完成までのおそよ30年間の渡航先は、ベトナムが三分の一以上を占め、朱印船貿易の興隆により日本町の形成を促した。後に、鎖国体制確立によりベトナムとの交易は途絶した。

    解説

  • 209

    【李常傑<Lý Thường Kiệt>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝時代の武将。ベトナムに侵攻してきた宋軍を破り、その名声を轟かせた。逝去後、各地に廟が建立されるなど、その勇姿が後世まで語り継がれている。

    解説

  • 210

    【阮朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.嘉隆帝⇒2.明命帝⇒3.紹治帝⇒4.嗣徳帝⇒5.育徳帝⇒6.協和帝⇒7.建福帝⇒8.咸宜帝⇒9.同慶帝⇒10.成泰帝⇒11.維新帝⇒12.啓定帝⇒13.保大帝

    解説

  • 211

    【アオザイ<áo dài>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム民族衣装。西洋化の進展とともに、従来の伝統的なデザインに意匠が凝らされ、現在のスタイルが成り立った。一般的に女性用が普及しているが、男性用も存在する。

    解説

  • 212

    【李常傑<Lý Thường Kiệt>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝時代の武将。ベトナムに侵攻してきた宋軍を破り、その名声を轟かせた。逝去後、各地に廟が建立されるなど、その勇姿が後世まで語り継がれている。

    解説

  • 213

    【大越史記全書<Đại Việt sử ký toàn thư>】     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の正史。呉士連が編纂に携わり、ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 214

    【ディエンビエンフーの戦い<Điện Biên Phủ>】      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一次インドシナ戦争末期のベトナムとフランスの戦い。1954年5月7日にベトナム軍の総攻撃により、全要塞を陥落させ、戦いは終結の方向へ進んだ。ジュネーヴ協定成立などに多大な影響を与えた。

    解説

  • 215

    【黎朝<nhà Lê>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1428~1789年)。初代皇帝は黎利(太祖)。黎朝は、莫氏による簒奪を境に前期と後期に分けられる。『黎朝刑律』や科挙の諸整備を整え安定した長期王朝を維持できた。

    解説

  • 216

    【ハロン湾】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム北東部のクアンニン省にある湾。ハロンとは「龍が降りる地」を意味し、その美しい風景から「海の桂林」と呼ばれている。

    解説

  • 217

    【阮朝<nhà Nguyễn>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1802~1945年)。初代皇帝は嘉隆帝。阮朝は、初期に中央主権化に努め対外に積極的に展開した。後、西欧諸国に侵略され長きにわたる占領が続いた。1945年に、保大帝の退位により阮朝は滅亡した。

    解説

  • 218

    【一柱寺<chùa Một Cột>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1049年に創建された仏教寺院。一本の柱が水に囲まれており、ホーチミン廟の近くにある。一本の柱で立っていることから一柱寺と呼ばれている。フランス軍に爆撃されるも、後に再建された。

    解説

  • 219

    【ディエンビエンフーの戦い<Điện Biên Phủ>】      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一次インドシナ戦争末期のベトナムとフランスの戦い。1954年5月7日にベトナム軍の総攻撃により、全要塞を陥落させ、戦いは終結の方向へ進んだ。ジュネーヴ協定成立などに多大な影響を与えた。

    解説

  • 220

    【阮朝<nhà Nguyễn>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1802~1945年)。初代皇帝は嘉隆帝。阮朝は、初期に中央主権化に努め対外に積極的に展開した。後、西欧諸国に侵略され長きにわたる占領が続いた。1945年に、保大帝の退位により阮朝は滅亡した。

    解説

  • 221

    【ベトナム歴代王朝】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呉朝⇒丁朝⇒前黎朝⇒李朝⇒陳朝⇒胡朝⇒黎朝(前半)⇒莫朝⇒黎朝(後半)⇒阮朝

    解説

  • 222

    【同慶地輿誌】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの地理書。阮朝、官撰の地誌。ベトナムの北部・南部の全域をカバーする豊富な情報が記載されており、当時の地理を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 223

    【ベトナム戦争】                      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北ベトナムと南ベトナムの内戦に、アメリカやソ連の介入によって引き起こされた戦争(1960~1973年)。最新兵器の導入や戦争の長期化によって、ベトナムの国土は荒らされ文化財等もこの時に多く失われた。後に、アメリカがパリ協定を受け入れ、戦争が終結した。

    解説

  • 224

    【李朝<nhà Lý>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1009年~1225年)。初代皇帝は李公蘊(太祖)。李朝は、ベトナムの初の長期政権であり首都をハノイに置く。中央主権体制を敷き、科挙を実施するなど中国を模範としつつ国家の礎を築いた。

    解説

  • 225

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 226

    【南風<Nam Phong>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1917年に創刊された月刊雑誌。210号まで刊行され続け、クオックグーと漢字の二部で構成されており、学問研究の進展・クオックグーの普及に寄与した。

    解説

  • 227

    【黎朝刑律<Lê Triều hình luật>】          

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝の法典。6巻12章722条(又は721条)から成る。現存するベトナム法典の中で一番古い。

    解説

  • 228

    【永厳寺<Chùa Vĩnh Nghiêm>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1964年に建立された仏教寺院。ホーチミン市内にあり、日本の曹洞宗の寺院から寄贈された「平和の鐘」がある。

    解説

  • 229

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 230

    【南風<Nam Phong>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1917年に創刊された月刊雑誌。210号まで刊行され続け、クオックグーと漢字の二部で構成されており、学問研究の進展・クオックグーの普及に寄与した。

    解説

  • 231

    【李朝<nhà Lý>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1009年~1225年)。初代皇帝は李公蘊(太祖)。李朝は、ベトナムの初の長期政権であり首都をハノイに置く。中央主権体制を敷き、科挙を実施するなど中国を模範としつつ国家の礎を築いた。

    解説

  • 232

    【莫挺之】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝時代の官僚。科挙に首席合格(状元)を果たし、陳朝皇帝三代にわたって仕えた。中国への国使をつとめるなど、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 233

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 234

    【元の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 元のフビライによるベトナム侵略。勇将陳国峻の活躍により元軍を撃破した。

    解説

  • 235

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 236

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 237

    【李常傑<Lý Thường Kiệt>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝時代の武将。ベトナムに侵攻してきた宋軍を破り、その名声を轟かせた。逝去後、各地に廟が建立されるなど、その勇姿が後世まで語り継がれている。

    解説

  • 238

    【文紳】                          

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム村落などにいた知識を持っている人々のこと。科挙合格者や受験者といった儒学を学んだ人々が中心となった。村落内では、一種のコミュニティを形成するなど、様々な面で活躍した。

    解説

  • 239

    【勤王運動】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランスの侵略に対する愛国運動。咸宜帝は詔を発して、各地の人民や文紳に行動を起こさせ、フランスの侵略に断然と抗議する愛国運動を展開した。

    解説

  • 240

    【歴朝憲章類誌<Lich triều hiến chương loại chí>】 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの類書。阮朝の潘輝注の撰。49巻。内容は多岐にわたり、人物・科目・地理・刑律・礼儀等の各誌に分かれている。

    解説

  • 241

    【大越史記全書<Đại Việt sử ký toàn thư>】     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の正史。呉士連が編纂に携わり、ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 242

    【ハロン湾】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム北東部のクアンニン省にある湾。ハロンとは「龍が降りる地」を意味し、その美しい風景から「海の桂林」と呼ばれている。

    解説

  • 243

    【黎朝刑律<Lê Triều hình luật>】          

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝の法典。6巻12章722条(又は721条)から成る。現存するベトナム法典の中で一番古い。

    解説

  • 244

    【呉士連<Ngô Sĩ Liên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝時代の官僚。著書『大越史記全書』は有名。ベトナムの歴史をまとめあげ、その生涯を遂げた。

    解説

  • 245

    【天南余暇集<Thiên Nam dư hạ tập>】           

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多様なジャンルが収集された書物。1483年に黎朝の黎聖宗が申仁忠らに編纂を命じて成ったとされ、現在断片的に伝わっている。当時の社会等を知るうえで大変貴重な資料。

    解説

  • 246

    【維新会<Duy Tân Hội>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1904年にベトナム独立のために潘佩珠によって組織された。東遊運動を推し進め、数多くの青年を日本へ送り出し、後に光復会に組織を改めた。

    解説

  • 247

    【潘清簡<Phan Thanh Giản >】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚。フランスとの折衝に向けて全力を尽くしたが、フランスのベトナムに対する高圧的な強要により、ベトナム南部の征服を許してしまい、その責任を負い毒を飲み自らの命を絶った。後に、祖国忠愛の士として名誉回復を成し遂げた。

    解説

  • 248

    【同慶地輿誌】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの地理書。阮朝、官撰の地誌。ベトナムの北部・南部の全域をカバーする豊富な情報が記載されており、当時の地理を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 249

    【陳朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太宗⇒2.聖宗⇒3.仁宗⇒4.英宗⇒5.明宗⇒6.憲宗⇒7.裕宗⇒8.楊日礼⇒9.芸宗⇒10.睿宗⇒11.廃帝⇒12.順宗⇒13.少帝

    解説

  • 250

    【ディエンビエンフーの戦い<Điện Biên Phủ>】      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一次インドシナ戦争末期のベトナムとフランスの戦い。1954年5月7日にベトナム軍の総攻撃により、全要塞を陥落させ、戦いは終結の方向へ進んだ。ジュネーヴ協定成立などに多大な影響を与えた。

    解説

  • 251

    【同慶地輿誌】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの地理書。阮朝、官撰の地誌。ベトナムの北部・南部の全域をカバーする豊富な情報が記載されており、当時の地理を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 252

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 253

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 254

    【永厳寺<Chùa Vĩnh Nghiêm>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1964年に建立された仏教寺院。ホーチミン市内にあり、日本の曹洞宗の寺院から寄贈された「平和の鐘」がある。

    解説

  • 255

    【ヴォー・グエン・ザップ<Võ Nguyên Giáp>】       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム革命の指導者。ベトナム人民軍を創設し、ベトナム独立のために多大なる貢献を果たした。後に、党内の権力闘争により身を退くが、ドイモイ後には名誉復活を成し遂げた。「赤いナポレオン」などの多様な異名を持つ。

    解説

  • 256

    【ロード<Alexandre de Rhodes>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フランス人宣教師。イエスズ会に入会し、ベトナムにキリスト教が広まるように布教活動を展開した。クオックグーに繋がる文字体系をつくりあげたことで有名。

    解説

  • 257

    【陳朝系図】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.太宗⇒2.聖宗⇒3.仁宗⇒4.英宗⇒5.明宗⇒6.憲宗⇒7.裕宗⇒8.楊日礼⇒9.芸宗⇒10.睿宗⇒11.廃帝⇒12.順宗⇒13.少帝

    解説

  • 258

    【莫挺之】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝時代の官僚。科挙に首席合格(状元)を果たし、陳朝皇帝三代にわたって仕えた。中国への国使をつとめるなど、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 259

    【咸宜帝<Hàm Nghi>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第8代皇帝。フランスの侵略に対してフエで蜂起を断行し、山野に潜みゲリラ活動を展開した。後に、フランスによって逮捕され、アルジェリアに流刑された。

    解説

  • 260

    【大越史記全書<Đại Việt sử ký toàn thư>】     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の正史。呉士連が編纂に携わり、ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 261

    【黎太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)初代皇帝。黎朝(前半)の創始者。明の支配下の中で、ベトナム独立のために奮戦し、明軍を撃退した。皇帝即位後、国内の法整備を改革し、王朝の基盤を整えた。

    解説

  • 262

    【文廟<Văn Miếu>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孔子を中心として儒者の霊を祀った所。ベトナムでは、1070年にハノイに創建されたのが初めて。廟内には、科挙合格者の名前が刻まれている亀の石像が並べられている。

    解説

  • 263

    【呉士連<Ngô Sĩ Liên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝時代の官僚。著書『大越史記全書』は有名。ベトナムの歴史をまとめあげ、その生涯を遂げた。

    解説

  • 264

    【陸雲仙<Lục Vân Tiên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの文学作品。阮朝の阮延炤の作。チューノム文学の代表作品の一つ。恩と仇による勧善懲悪的な物語が特徴。

    解説

  • 265

    【ヴォー・グエン・ザップ<Võ Nguyên Giáp>】       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム革命の指導者。ベトナム人民軍を創設し、ベトナム独立のために多大なる貢献を果たした。後に、党内の権力闘争により身を退くが、ドイモイ後には名誉復活を成し遂げた。「赤いナポレオン」などの多様な異名を持つ。

    解説

  • 266

    【宋の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の宰相王安石の建議によるベトナム侵略(1075~1076年)。勇将李常傑の活躍により宋軍を撃破した。

    解説

  • 267

    【アオザイ<áo dài>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム民族衣装。西洋化の進展とともに、従来の伝統的なデザインに意匠が凝らされ、現在のスタイルが成り立った。一般的に女性用が普及しているが、男性用も存在する。

    解説

  • 268

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 269

    【李常傑<Lý Thường Kiệt>】              

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝時代の武将。ベトナムに侵攻してきた宋軍を破り、その名声を轟かせた。逝去後、各地に廟が建立されるなど、その勇姿が後世まで語り継がれている。

    解説

  • 270

    【明の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 明の永楽帝によるベトナム侵略。一時的にベトナムは明に支配され同化政策を強要された。その後、黎利の活躍を筆頭に明軍を破り、黎朝を建国した。

    解説

  • 271

    【文廟<Văn Miếu>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孔子を中心として儒者の霊を祀った所。ベトナムでは、1070年にハノイに創建されたのが初めて。廟内には、科挙合格者の名前が刻まれている亀の石像が並べられている。

    解説

  • 272

    【東京義塾<Đông Kinh Nghĩa thục>】           

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1907年にハノイで建設された学校。これまでの儒教教育などの革新を目指し、西洋の学問などを積極的に導入した。後に、フランス当局によって解散を命じられた。

    解説

  • 273

    【李太祖】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 李朝初代皇帝。李朝の創始者。幼少期から寺で学問を学び、仏教を信仰していた。そのため、仏寺の建立を盛んにし、僧侶を重きに用い、仏教を保護した。

    解説

  • 274

    【文紳】                          

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナム村落などにいた知識を持っている人々のこと。科挙合格者や受験者といった儒学を学んだ人々が中心となった。村落内では、一種のコミュニティを形成するなど、様々な面で活躍した。

    解説

  • 275

    【維新会<Duy Tân Hội>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1904年にベトナム独立のために潘佩珠によって組織された。東遊運動を推し進め、数多くの青年を日本へ送り出し、後に光復会に組織を改めた。

    解説

  • 276

    【阮朝<nhà Nguyễn>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1802~1945年)。初代皇帝は嘉隆帝。阮朝は、初期に中央主権化に努め対外に積極的に展開した。後、西欧諸国に侵略され長きにわたる占領が続いた。1945年に、保大帝の退位により阮朝は滅亡した。

    解説

  • 277

    【莫挺之】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 陳朝時代の官僚。科挙に首席合格(状元)を果たし、陳朝皇帝三代にわたって仕えた。中国への国使をつとめるなど、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 278

    【一柱寺<chùa Một Cột>】               

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1049年に創建された仏教寺院。一本の柱が水に囲まれており、ホーチミン廟の近くにある。一本の柱で立っていることから一柱寺と呼ばれている。フランス軍に爆撃されるも、後に再建された。

    解説

  • 279

    【同慶地輿誌】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの地理書。阮朝、官撰の地誌。ベトナムの北部・南部の全域をカバーする豊富な情報が記載されており、当時の地理を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 280

    【黎聖宗<Lê Thánh Tông>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝(前半)第5代皇帝。対内的には均田制・軍制・科挙制等の改革を実行し、対外的にはチャンパ―等の遠征をした。

    解説

  • 281

    【阮廌<Nguyễn Trãi>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝初期の官僚。黎利の参謀として明との独立戦争を戦い抜き、黎朝の立役者となる。後に、黎朝において制度の整備に尽力しその功績は甚だ大きい。

    解説

  • 282

    【呉権<Ngô Quyền>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呉朝の建国者。白藤江の戦いにて南漢軍を破り、古螺を都として、王位についた。呉権の死後、呉朝は急激に統率力を失い、群雄割拠時代が訪れた。

    解説

  • 283

    【ディエンビエンフーの戦い<Điện Biên Phủ>】      

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第一次インドシナ戦争末期のベトナムとフランスの戦い。1954年5月7日にベトナム軍の総攻撃により、全要塞を陥落させ、戦いは終結の方向へ進んだ。ジュネーヴ協定成立などに多大な影響を与えた。

    解説

  • 284

    【宋の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の宰相王安石の建議によるベトナム侵略(1075~1076年)。勇将李常傑の活躍により宋軍を撃破した。

    解説

  • 285

    【李朝<nhà Lý>】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1009年~1225年)。初代皇帝は李公蘊(太祖)。李朝は、ベトナムの初の長期政権であり首都をハノイに置く。中央主権体制を敷き、科挙を実施するなど中国を模範としつつ国家の礎を築いた。

    解説

  • 286

    【嗣徳帝<Tự Đức>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第4代皇帝。国内では各地で跋扈していた匪賊を討伐し、国外ではフランスとの交渉に苦慮した。

    解説

  • 287

    【潘輝注<Phan Huy Chú>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝初期の官僚。ベトナムの百科事典『歴朝憲章類誌』を著した人物として有名。何度か副使として中国を訪問し、両国の関係に寄与した。

    解説

  • 288

    【呉時任】                         

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西山朝時代の官僚、文学者。清朝への外交文書の起草など、清朝に対する外交官として活躍した。

    解説

  • 289

    【潘清簡<Phan Thanh Giản >】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝時代の官僚。フランスとの折衝に向けて全力を尽くしたが、フランスのベトナムに対する高圧的な強要により、ベトナム南部の征服を許してしまい、その責任を負い毒を飲み自らの命を絶った。後に、祖国忠愛の士として名誉回復を成し遂げた。

    解説

  • 290

    【阮朝<nhà Nguyễn>】                  

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1802~1945年)。初代皇帝は嘉隆帝。阮朝は、初期に中央主権化に努め対外に積極的に展開した。後、西欧諸国に侵略され長きにわたる占領が続いた。1945年に、保大帝の退位により阮朝は滅亡した。

    解説

  • 291

    【朱印船貿易】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本の鎖国が完成するまでに朱印船によって海外との間で行われた貿易。鎖国完成までのおそよ30年間の渡航先は、ベトナムが三分の一以上を占め、朱印船貿易の興隆により日本町の形成を促した。後に、鎖国体制確立によりベトナムとの交易は途絶した。

    解説

  • 292

    【宋の侵略】                        

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宋の宰相王安石の建議によるベトナム侵略(1075~1076年)。勇将李常傑の活躍により宋軍を撃破した。

    解説

  • 293

    【嗣徳帝<Tự Đức>】                   

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝第4代皇帝。国内では各地で跋扈していた匪賊を討伐し、国外ではフランスとの交渉に苦慮した。

    解説

  • 294

    【欽定越史通鑑綱目】                    

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの編年体の歴史書。阮朝、潘清簡等奉勅編。『大越史記全書』に基づきながら考証・訂正を加え、他の書にみられない注・引用が存在する。ベトナムの通史を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 295

    【同慶地輿誌】                       

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの地理書。阮朝、官撰の地誌。ベトナムの北部・南部の全域をカバーする豊富な情報が記載されており、当時の地理を知るうえで必要不可欠。

    解説

  • 296

    【阮廌<Nguyễn Trãi>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝初期の官僚。黎利の参謀として明との独立戦争を戦い抜き、黎朝の立役者となる。後に、黎朝において制度の整備に尽力しその功績は甚だ大きい。

    解説

  • 297

    【黎朝<nhà Lê>】                     

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベトナムの王朝(1428~1789年)。初代皇帝は黎利(太祖)。黎朝は、莫氏による簒奪を境に前期と後期に分けられる。『黎朝刑律』や科挙の諸整備を整え安定した長期王朝を維持できた。

    解説

  • 298

    【クオンデ候<Cường Để>】                

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阮朝嘉隆帝の直系子孫。維新会、光復会の盟主。潘佩珠らと協力して東遊運動を積極的に推し進めた。後に、日本政府による東遊運動の弾圧により、国外退去を言い渡されたが、再度日本に戻り生涯を送った。

    解説

  • 299

    【呉士連<Ngô Sĩ Liên>】                 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎朝時代の官僚。著書『大越史記全書』は有名。ベトナムの歴史をまとめあげ、その生涯を遂げた。

    解説

57038

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ