zuknow learn together

新しい教材を作成

生物科学2

カード 110枚 作成者: ayashimon157 (作成日: 2015/07/23)

  • 進化とは?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    進化とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物の遺伝的性質(形質)が世代を通して変化していくこと。

    解説

  • 2

    形質とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形態形質と行動形質のこと

    解説

  • 3

    自然淘汰による進化を説明せよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進化は自然淘汰により起こる。変異、淘汰、遺伝の3条件がそろえば自動的に自然淘汰が働く。 変異は個体間の性質に違いがあること。淘汰は性質が異なると適応度が異なること。遺伝はその性質の違いの少なくとも一部は遺伝するということ。

    解説

  • 4

    × 自らが環境に適応しようとして進化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ たまたま他の個体に比べてより多くの子供を残せて、その性質が残ったから進化

    解説

  • 5

    究極要因とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能的な要因

    解説

  • 6

    至近要因とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直接的な要因

    解説

  • 7

    「ムクドリはなぜ春にさえずるか?」 究極要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 繁殖するための配偶者をひきつけるのに有利だから

    解説

  • 8

    自然淘汰は個体に働くのか、種に働くのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個体 多くの動物は種の利益や保存のための行動はしない。自らの利益のために行動する。

    解説

  • 9

    進化は連続する2,3世代でも起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    獲得形質はなぜ遺伝しないのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝的にある形質ではなく、後に得られる形質だから

    解説

  • 11

    用不用説とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よく用いる器官は発達し、その獲得形質が子孫に伝えられて進化がおこる。

    解説

  • 12

    用不用説の問題点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 獲得形質は遺伝しない

    解説

  • 13

    自然選択説とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生存に有利な変異をらもつものが生き残り、子孫にその形質を伝える

    解説

  • 14

    自然選択説の問題点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個体変異の多くは遺伝しない。遺伝するとしても、ほとんどが生存に不都合である。

    解説

  • 15

    地理的隔離説、生殖隔離説 の問題点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定地域の生物しか説明できない

    解説

  • 16

    突然変異説とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突然変異によって進化は不連続に起こる

    解説

  • 17

    突然変異説の問題点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突然変異の頻度は少ない。また、生存に都合のよい突然変異はほとんどない。 進化の速さも説明できない。

    解説

  • 18

    定向進化説とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境への適•不適に関係なく、生物の進化は一定の方向性をもっている。

    解説

  • 19

    定向進化説の問題点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事実の説明だけで、理由を説明できない。

    解説

  • 20

    中立説とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然選択において有利でも不利でもない分子レベルでの変異は、突然変異と遺伝的浮動によって生じるという考え方

    解説

  • 21

    瓶首効果とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 集団の個体数が激減したとき、遺伝子頻度が大きく変化すること 遺伝的浮動を促進する

    解説

  • 22

    遺伝的浮動とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偶然による遺伝子頻度の変化

    解説

  • 23

    ライオン メスの生理時期の一致 至近要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある個体から出るフェロモンが群れの他個体の発情周期に影響を及ぼすから

    解説

  • 24

    ライオン メスの生理時期の一致 究極要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①共同授乳ができ、よりよく子供を育てられる ②若オスが群れを離れる時に、仲間を得るチャンスが増える→乗っ取りの成功率があがる

    解説

  • 25

    ライオン 高い交尾率 至近要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メスの受精能力が非常に低い 流産率が非常に高い

    解説

  • 26

    ライオン 高い交尾率 究極要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 群れの中のすべてのオスたちと交尾することで、子の父性を不確かにし、群れ内のオス同士の競争を減少させる→群れが安定する

    解説

  • 27

    ライオン 子殺し 至近要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乗っ取りオスたちにとって、子供たちのかぎなれない臭いが子殺しという行動を誘発する

    解説

  • 28

    ライオン 子殺し 究極要因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メスを繁殖可能な状態により早く戻すことができる →より多くの子供の父親になれる

    解説

  • 29

    分類とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物を類似点•相違点とその程度によって仲間分けすること

    解説

  • 30

    人為分類とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 識別しやすい形質や特徴を基準として選び、人間の利用面を重視して便宜的に分類する方法

    解説

  • 31

    自然分類とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物の系統とその進化を重視して分類する方法

    解説

  • 32

    二名法とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 属の名と種の名を組み合わせて学名を命名する方法

    解説

  • 33

    「種」の定義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①形態的に共通したつくりをもつ個体の集まり ②自然状態で交配が行われ、子孫にを残していく繁殖集団

    解説

  • 34

    別種とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生殖的隔離が生じる2集団

    解説

  • 35

    種の概念3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形態的種概念 生物学的種概念 生態学的種概念

    解説

  • 36

    形態的種概念とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外観や解剖学的特徴によって区別すること 生物の形態によって区別すること (性的二型や多型は同種)

    解説

  • 37

    生物学的種概念とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同地域に分布する生物集団が自然条件下で交配し、子孫を残すなら、同一の種とみなす

    解説

  • 38

    生態学的種概念とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交配可能であっても生息域や行動から交配の可能性がなく別個体としてふるまっていれば別種である

    解説

  • 39

    多型とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同一の種でも形質に不連続な変異がある現象

    解説

  • 40

    性的二型とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 性によって著しく形質が異なる多型現象のひとつ

    解説

  • 41

    新しい種の生まれ方

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大陸が分断→ボトルネック効果で遺伝子頻度に違い→独自に自然選択がはたらき進化→生殖隔離説→種分化

    解説

  • 42

    性的二型が自然淘汰では説明できなかった理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然淘汰は生存に有利な性質が進化するはずなのに、性的二型はどうみても生存に不利に思えるから

    解説

  • 43

    ダーヴィンが新たに注目したこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 繁殖の相手を見つけるために起こる競争

    解説

  • 44

    性淘汰とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①オス間での競争 ②メスによる選り好み によって働く淘汰

    解説

  • 45

    同性内淘汰とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異性を巡って同性間で起こる競争による淘汰

    解説

  • 46

    異性間淘汰

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異性による選り好みによる淘汰

    解説

  • 47

    性淘汰はどういうときに働くか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生存力に関わる適応成分で被る不利益が大きくても、繁殖力に関わる適応成分で得られる利益が大きいとき。

    解説

  • 48

    なぜオスの装飾形質は大きくなっていくのか 仮説3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ランナウェイ仮説 ハンディキャップ仮説 優良遺伝子仮説

    解説

  • 49

    ランナウェイ仮説とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たとえ生存面では不利になってしまうような形質であったとしても、メスの選択によりどんどん進化してしまう

    解説

  • 50

    ハンディキャップ仮説とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他の個体よりも豪華な飾りを持ったオスは天敵に捕まりやすいなどのハンディキャップを背負っているのにも関わらず、その個体が生き残れたのは特別健康で、能力にも優れている。こういうオス選ぶメスは強く有能な子を残せる。

    解説

  • 51

    優良遺伝子仮説とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オスの長く美しい色は、その個体が病気にかかっていないことを示す。このオスを選ぶメスは病気抵抗性という性質を子に伝えることができる。

    解説

  • 52

    ニッチとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生態的地位 個々の生物種が自然界において占める地位のこと

    解説

  • 53

    生態的同位種とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異なる地域で同じニッチを占める生物のこと

    解説

  • 54

    消費型競争とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • お互い干渉することなしに、ひたすら共通の資源を食べる競争形態

    解説

  • 55

    干渉型競争とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手を資源に到達させないために何らかの手段によって相手の食べる行動を妨害すゆような競争形態 (なわばり、アレロパシー)

    解説

  • 56

    アレロパシーとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 植物が化学物質を出すことによって、多種や同種の個体の生育を妨害する作用のこと

    解説

  • 57

    競争的排他とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じニッチを占める生物が同じ域に生息すると、必ず競争によってどちらかが生息場所から排除されてしまうという考え方。

    解説

  • 58

    すみわけとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニッチが似ている個体群で、生息場所をかえて競争をさけ生活すること

    解説

  • 59

    くいわけとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ニッチが似ている個体群で、食べ物をかえて競争をさけ生活すること

    解説

  • 60

    クワガタとカブトムシのすみわけ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間的にすみわける カブトムシの方が体が大きいから

    解説

  • 61

    形質置換とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個体群の中で遺伝的に決定されている形質が、他種との相互作用の結果、変化していくこと

    解説

  • 62

    繁殖価とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雌1個体が産む将来の個体群に貢献する子数の期待値

    解説

  • 63

    相利共生とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共存する個体の双方が利益を得る共生

    解説

  • 64

    片利共生とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共存する個体の片方のみが利益を得る共生

    解説

  • 65

    寄生とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共存する個体の片方が利益を得、他方が不利益を受ける共生

    解説

  • 66

    なわばりとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物個体あるいはグループが、直接に防衛するかあるいは信号を通じて他個体を排斥し、排他的に占有する地域のこと

    解説

  • 67

    個体群動態とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個体群の増減のこと

    解説

  • 68

    利他行動とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自らの生存や繁殖を犠牲にして、他個体が生涯に残す子の数を増大させるような行動のこと

    解説

  • 69

    利他行動が進化するのはどんなとき?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の子供を残すのと同じかそれ以上の利益があるとき I>Wa

    解説

  • 70

    血縁淘汰とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血縁個体の共有する遺伝的形質が血縁個体間の生存・繁殖に何らかの影響を及ぼすときに、そこに働く自然淘汰のこと

    解説

  • 71

    包括適応度(I)とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進化にかかわるのは個体の子の数ではなく、遺伝子の頻度であることに注目して、適応度の概念を拡張したもの

    解説

  • 72

    真社会性昆虫とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カースト制度がみられる昆虫のこと メス2倍体、オス1倍体 娘を育てるよりも姉妹を育てるほうが適応度があがる!

    解説

  • 73

    ESSとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Evolutionarily Stable Strategy 進化的安定戦略 集団中のほとんどの個体が採用すれば、他のいかなる戦略にも負けない戦略のこと

    解説

  • 74

    ESSは何のための概念?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生き物の行動を説明するため

    解説

  • 75

    儀式的闘争とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 激しい闘争に発展せずに、ディスプレーで決着をつけるという闘争

    解説

  • 76

    ゲーム理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 混合戦略がいちばんよい。 個体が 1つの戦略しかとらない場合 両方の戦略を取りうる場合 これがESS

    解説

  • 77

    コミュニケーションとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある個体の、特別にデザインされた信号やディスプレーが、何らかの形で他者の行動を変化させること 生態的制限要因が進化させた

    解説

  • 78

    鳥のさえずり 森林

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 周波数 低 高低の幅 狭 高い音は障害物があるとすぐに減衰する

    解説

  • 79

    最適戦略とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 形態や行動といった性質が、最も適応度が高い状態にあるときのこと

    解説

  • 80

    なぜ群れをつくるのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①捕食者からの防衛を増大させる ②食物を見つけたり捕らえたりする可能性を増大させる

    解説

  • 81

    群れの欠点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大きくなりすぎると、捕食者に見つかりやすい。群れ内でエサをめぐる競争がおこる

    解説

  • 82

    ヒナ数が多いと…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 巣立ちの時の体重が減少する。重いヒナほど生存率が高いのに。

    解説

  • 83

    最大限育てられる数よりも、実際の最適卵数はやや少ない 理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然淘汰というものは動物の生涯の適応度を最大にするように働くから、1シーズンで最大よりも少し少なくしておくほうが良い。

    解説

  • 84

    カラスが5.2メートルからおとす理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上昇飛行に費やすエネルギーを小さく、貝がよく割れるところ

    解説

  • 85

    ハチドリのなわばりの大きさ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー獲得を最大にするサイズ

    解説

  • 86

    共進化とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生物がお互いに影響を及ぼしながらともに相手あっての適応をとげていくこと

    解説

  • 87

    進化的軍拡競争とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 捕食者と被食者との間にみられる、複雑な適応とそれに対する対抗適応のこと

    解説

  • 88

    隠蔽型擬態は回数を経るときかなくなっていく 理由 対策

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 探索像が形成されるため 多型を進化させた ⇆攻撃型擬態

    解説

  • 89

    警告色が進化する理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 派手な色だとまずい餌であることを捕食者が早く学習できるから

    解説

  • 90

    托卵とは 対抗適応

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他の種に自分の卵を産んで育ててもらうという行為 巣に工夫を加える、卵を見抜く能力を身につける

    解説

  • 91

    代替戦略とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 闘争で勝ってメスを獲得する方法を正攻法とふるなら、そうではない別の戦略を使ってメスを獲得する方法

    解説

  • 92

    サテライト戦略とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縄張りをもつオスのそばにひっそりと隠れておき、そのオスと交尾しようと近づいてくメスを横取りする方法

    解説

  • 93

    ジャックとカギバナ ヤマメとサクラマス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジャック 小さい カギバナ 大きい

    解説

  • 94

    スニーカー戦略とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岩などの陰に隠れていて、カギバナに気づかれないように産卵中のメスのそばまで行って放精しようと試みる

    解説

  • 95

    婚姻贈呈とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交尾するときにメスに餌をプレゼントすること

    解説

  • 96

    盗賊戦略とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その餌を奪い取ること ①まっすぐとんでって足を使って叩いて奪う ②舞い上がって、メスのような姿勢をとってだましとる

    解説

  • 97

    ずっと同じ戦略をとるのはどんな場合?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 成虫になったときに大きさなどが決まる場合 遺伝的に形態が決まっている場合

    解説

  • 98

    なぜ多型現象がおこるのか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 淘汰圧が両側からかかるから 大きい→闘争に強い 小さい→こそ泥するのに有利

    解説

  • 99

    ベルクマンの法則とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恒温動物において、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間でも大型の種ほど寒冷な地域に生息する

    解説

  • 100

    ベルクマンの法則の理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体重あたりの表面積が小さくなり、熱がうばわれにくいから

    解説

  • 101

    アレンの法則とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恒温動物において、同じ種でも寒い地域に生息するものほど、突出部分が短く小型化している

    解説

  • 102

    ベイツ型擬態とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 警告色をもつ種に擬態する

    解説

  • 103

    ミュラー型擬態とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毒を持つ生物が、お互いに似通った体色をもつこと

    解説

  • 104

    隠ぺい型擬態とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 周囲の模様に似せて、捕食者から発見さらにくくする

    解説

  • 105

    冬眠とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動を停止し、体温を低下させて食料の少ない冬季間をすごすこと

    解説

  • 106

    ラウンケルの生活系

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 休眠芽の位置で植物を分類

    解説

  • 107

    外来種とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もともとその地域にいなかったのに、人間の活動よって他の地域から入ってきた生物

    解説

  • 108

    外来種被害予防三原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入れない 捨てない 拡げない

    解説

  • 109

    遺伝子汚染とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本来その地域には生息していない亜種や同種の生物が移入されて、交雑が進んで、本来その地域にいた生物の遺伝子が薄れていく現象

    解説

  • 110

    亜種とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 種として分類するほどではないが、変種とするには相違点の多い生物

    解説

56941

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ