zuknow learn together

新しい教材を作成

健康と環境Ⅱ

カード 35枚 作成者: ぴー (作成日: 2015/07/23)

  • AchEの活性中心はシステインである

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    AchEの活性中心はシステインである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × セリン残基

    解説

  • 2

    BHC(HCH)異性体のうち高蓄積性で慢性毒性が最も高いβ体のみが第一種特定化学物質に指定される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × α β γ δ 以外は化審方で指定される

    解説

  • 3

    ヒト脂肪組織中に蓄積されるDDEはDDTの脱塩化水素体である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 有機塩素剤は蓄積されると生殖毒性を示す(エルトロゲン、抗アンドロゲン作用)

    解説

  • 4

    優先評価化学物質とは一般化学物質届出の内容・有害知見などに基づき優先的に安全評価が行われる化学物質である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    環境中で分解されやすい化学物質は化審方の規制対象外である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 分解されやすい化学物質でも毒性が強い場合は規制対象となる (第一種;難溶解性 高蓄積性 ヒトへの長期毒性)

    解説

  • 6

    ビストリブチルスズオキシドは、酵素アロマターゼを阻害し体内エストロゲン濃度を上昇させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 体内エストロゲンのは減少する

    解説

  • 7

    ダイオキシン類は、芳香族炭化水素受容体と結合することにより薬物代謝酵素などの標的遺伝子を促進する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 種々の遺伝子を活性化し各種の機能タンパク質の産生を促し、それらタンパク質が機能して本来のホルモン作用を撹乱するものなど

    解説

  • 8

    ニッケルまたはその塩は接触性皮膚炎を誘発する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ クロム、ニッケルによるアレルギー性皮膚炎が起こる

    解説

  • 9

    金属水銀暴露による慢性毒性は主に中枢神経障害である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 無機水銀→腎障害 有機水銀→中枢神経障害(水俣病)

    解説

  • 10

    メタンフェタミンの長期乱用者の毛髪中には尿中に比べて長期間未変化体が残留する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    3価クロムの毒性は6価クロムのそれより強い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 3価クロムは6価クロムに比べて毒性は比較的低い (局所刺激、潰瘍、鼻中隔穿孔)

    解説

  • 12

    4価の有機スズ化合物の毒性はアルキル又はアリル置換基が増えるごとに低下する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 毒性はアルキル又はアリル置換基が増すごとに増加する (TBTO/トリブチルスズオキシド;第一種特定化学物質→アロマターゼ阻害)

    解説

  • 13

    鉛中毒者の血中δ-アミノレブリン酸脱水素酵素活性は顕著に低下する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    亜ヒ酸中毒者の尿中にはメチルアルソン酸とジメチルアルキル酸が検出される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 酵素→メチル基転移酵素/S-アデノシルメチオニン(SAM)

    解説

  • 15

    グルタチオンペルオキシダーゼの活性中心はシステインである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × セレノシステイン

    解説

  • 16

    カドミウム中毒者の解毒にジメルカプロール(BAL)を使用すると腎障害を引き起こす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × メタロチオネインの合成を誘導 (カドミウム中毒は腎障害を引き起こすが、解毒にBALを用いない。ヒ素、水銀、鉛、銅の解毒に用いる)

    解説

  • 17

    メチル水銀の中毒の指標として毛髪がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 血液、毛髪、尿中の水銀やメチル水銀濃度を分析する (無機水銀:腎に蓄積) (有機水銀:肝に蓄積)

    解説

  • 18

    Crを輸液に混ぜることでインスリン抵抗性糖尿病が改善する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    アセトアミノフェン中毒の解毒に用いられるのはN-アセチルシステインである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    カルバメート系農薬中毒者の解毒として用いるものはPAMである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アトロピン (2PAMは禁忌) カドミウム中毒→ヒューム:肺がん/水溶液:腎毒性

    解説

  • 21

    α β γ HCH(BHC)は第一種特定化学物質である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ α β γ δのうちδ以外は全て化審法で指定されている (高蓄積性、慢性毒性が高い)

    解説

  • 22

    トリブチルスズオキシドはアンドロゲン受容体を拮抗する内分泌撹乱物質である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アロマターゼを阻害する (アロマターゼを阻害して体内エストロゲン濃度を減少させる)

    解説

  • 23

    Co-PCBは平面構造のため、DNAに損傷を与える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 共片構造

    解説

  • 24

    DDEはアンドロゲン受容体にアンタゴニストとして働く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ アンドロゲン受容体拮抗作用を示す内分泌撹乱物質

    解説

  • 25

    ダイオキシンは800℃以上で燃やすと発生を低減できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 600℃より低い時の不完全燃焼及び集塵装置温度(250〜550℃)で起こる飛灰中で新規合成される

    解説

  • 26

    ハンターラッセル症候群はカドミウムが原因である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × カドミウムが原因→イタイイタイ病 ハンターラッセル症候群→有機水銀が原因

    解説

  • 27

    PCBは①に指定されておりその定義は②③、高次捕食動物への毒性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① 第一種特定化学物質 ② 難溶解性 ③ 高蓄積性

    解説

  • 28

    難溶解性は、活性汚泥中の①分解、生態毒性試験では②③、魚類が用いられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① 微生物 ② 藻類 ③ ミジンコ

    解説

  • 29

    ①性殺虫剤であるマラチオンは昆虫への②毒性が高い。 哺乳動物では③活性が(④高い・低い)が昆虫では⑤活性の方が(⑥高い・低い)ためである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① 浸透移行性 ② 選択毒性 ③カルボキシルエステラーゼ ④高い ⑤シトクロムP-450(CYP) ⑥高い

    解説

  • 30

    12族元素である①②③などの物質はその毒性低減に関与する低分子量タンパク質である④を誘導する。この1/3は⑤で、構造中の⑥基がキレート形成する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②③ Zn Cd Cu ④ メタロチオネイン ⑤ システイン ⑥SH基

    解説

  • 31

    ①②③は芳香族アミノ酸を含まないため、④nmの吸収を示さない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②③ フェニルアラニン トリプトファン チロシン ④ 280nm

    解説

  • 32

    a-1.メタンフェタミンはP450により芳香族水酸化体①と覚醒剤②(構造も書け)へと代謝される (※a-1〜a-3連問)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①4-ヒドロキシメタンフェタミン ②アンフェタミン(構造)

    解説

  • 33

    a-2.アンフェタミンはP450により不安定な中間体カルビノールアミン体を介して非酵素的に①が遊離して②となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① アンモニア ② フェニルアセトン

    解説

  • 34

    a-3.フェニルアセトンは更に安息香酸へと代謝され、その後①抱合体として尿中排泄される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① グリシン抱合体

    解説

  • 35

    パラコートは①として用いられ、その毒性は(②臓器)に最も発現しやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① 除草剤 ② 肺

    解説

56767

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ