zuknow learn together

新しい教材を作成

情報処理:5.オペレーティングシステム

カード 20枚 作成者: Makoto Tachimori (作成日: 2015/07/13)

  • 001.
     仮想記憶システムにおいて主記憶の空きが少ない状態で多くのプログラムを実行すると、ページング処理が多発しシステムのオーバーヘッドが増加します。その結果アプリケーションのCPU使用率が極端に下がる現象のこと

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    001.  仮想記憶システムにおいて主記憶の空きが少ない状態で多くのプログラムを実行すると、ページング処理が多発しシステムのオーバーヘッドが増加します。その結果アプリケーションのCPU使用率が極端に下がる現象のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 001. スラッシング(Thrashing)

    解説

  • 2

    002. ある処理を行うために余分に(間接的に)掛かってしまう処理のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 002. オーバーヘッド

    解説

  • 3

    003.  主記憶の容量よりも大きなプログラムを実行させる場合などに、あらかじめプログラムを複数のモジュールに分割しておき、必要となる分だけを主記憶にロードする方式です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 003. オーバーレイ

    解説

  • 4

    004. 主記憶上の外部フラグメンテーションを一つの連続領域にまとめる処理のことです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 004. メモリーコンパクション

    解説

  • 5

    005. 主記憶に空き容量がない状態のときに、優先順位の低いデータを補助記憶装置へ退避させることです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 005. ロールアウト(role out)

    解説

  • 6

    006. 実行プロセスの切替をプログラム自身に任せる方式で、プログラムが自発的にCPUを開放した時点で他タスクの実行を開始する。OSがCPUを管理しないため、1つのプログラムの実行中は他のプログラムの実行は制限される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 006. ノンプリエンティブ non-preemptive multitasking

    解説

  • 7

    007.  OSがCPUやシステム資源を管理し、CPU使用時間や優先などによりタスクを実行状態や実行可能状態に切り替える方式。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 007. プリエンプティブ preemptive multitasking

    解説

  • 8

    008. 実行状態としたタスクが決められた時間内に待ち状態に遷移しないときに,そのタスクを中断して実行待ち行列にある次のタスクを実行状態とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 008. ラウンドロビン方式

    解説

  • 9

    009.  タスクが実行可能状態になったときに,そのタスクの優先度と,その時,実行状態であるタスクの優先度とを比較して,優先度が高い方のタスクを実行状態とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 009. 優先順位方式

    解説

  • 10

    010.  最も使用頻度が低い」であり、保存されているデータなどの中で一定の期間のうち使用頻度が最も低いものを探し出して破棄し、新しいものに入れ替える方式である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 010. LFU【 Least Frequently Used 】

    解説

  • 11

    011.  置き換え対象の中で最も長い時間参照されていないものを置き換え対象とするアルゴリズムです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 011. LRU(Least Recently Used)

    解説

  • 12

    012.  一定時間参照されていないブロック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 012. NRU(Not Recently Used)

    解説

  • 13

    013.  最初に入れたものを最初に取り出す(先に入れたものを先に出す)方式  のこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 013. FIFO 【 First-In First-Out 】

    解説

  • 14

    014. コンピュータの動作中に使用可能な主記憶容量が徐々に減少していく状態を表します。アプリケーションが「自身で獲得したメモリの解放忘れる」などのプログラム不備などが原因で発生します

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 014. メモリーリーク 。leakは漏えい、漏れ出すなどの意味です。

    解説

  • 15

    015.  入出力待ちなどですぐにCPU処理を行うことができないタスクが遷移する状態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 015. 待ち状態

    解説

  • 16

    016. なんらかの理由で主記憶上にあるプログラムが長時間待ち状態になっている場合に、そのプログラムを実行中のまま補助記憶上のスワップファイルに退避し、他のプログラムを主記憶にロードすることで主記憶の効率的な利用を行う方法です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 016. スワッピング

    解説

  • 17

    017. 主記憶上の断片化した空き領域をまとめることで連続した空き領域を作り出すしフラグメンテーションを解消する方法です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 017. コンパクション

    解説

  • 18

    018.  ソースコードを1行ずつ解釈しながらプログラムを実行していく言語プロセッサの方式です。一般にコンパイラによって作成される実行ファイル形式よりも解釈と実行が同時進行のため処理時間がかかります。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 018. インタプリタ

    解説

  • 19

    019. モジュールと実行ファイルの結合をコンパイル時に行う方式です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 019. 静的リンキング

    解説

  • 20

    020. プログラムの実行中にそのモジュールが必要となった時点で結合して利用する方式です。主に共用ライブラリやシステムライブラリなどをプログラムで使用するときに使われます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 020. 動的リンキング

    解説

56860

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ