zuknow learn together

新しい教材を作成

情報処理:4. システム構成要素

カード 19枚 作成者: Makoto Tachimori (作成日: 2015/07/13)

  • 001.
    台のディスクに同じデータを書き込む方式です。片方のディスクに障害が起きても復旧が可能なので
     ディスクの信頼性が向上します。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    001. 台のディスクに同じデータを書き込む方式です。片方のディスクに障害が起きても復旧が可能なので  ディスクの信頼性が向上します。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 001. ミラーリング RAID 1

    解説

  • 2

    002. 各データディスクに並列にアクセスを行うことで読み書き速度の向上が望めます。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 002. ストライピング RAID 0

    解説

  • 3

    003. データベースに対する一連の処理をまとめた手続きにして、データベース管理システムに保存したものです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 003. ストアドプロシジャ stored procedure

    解説

  • 4

    004. 機材が未設置、または稼働していない状態。  コンピュータシステムを設置できる施設だけを用意しておき、  障害発生時にはそこに機材などを搬入して、バックアップセンタとして機能させる方式。または機材だけが搬入されていて、災害後データの復旧を行ってから業務を引き継ぐ方式。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 004. コールドサイト

    解説

  • 5

    005. 日常から機器の電源が入っていて待機している状態。  障害発生時にできるだけ短時間にサービスが再開できるように、  日常から稼働させておき非常事態が起きたときにすばやく業務を引き継ぐ方式。そのためにバックアップサイトに定期的に業務データを送信し最新の状態に保っておく必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 005. ホットサイト

    解説

  • 6

    006. Webサーバーアクセスプロシージャーをこたえよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.DBへの接続 2.SQL文の組み立て 3.DBへアクセス  4.HTML文書の作成  5.ブラウザへ送信

    解説

  • 7

    007. システムの不具合や故障が発生したときに、障害の影響範囲を最小限にとどめ、常に安全を最優先にして制御を行う考え方です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 007. フェールセーフ(fail sefe)

    解説

  • 8

    008. 故障や操作ミス、設計上の不具合などの障害が発生することをあらかじめ想定し、起きた際の被害を最小限にとどめるような工夫をしておくという設計思想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 008. フェールソフト設計

    解説

  • 9

    009. 障害発生時の被害を最小限度に抑える能力のことである。「耐障害性」「故障許容力」などと訳される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 009. フォールトトレラントシステム(fault tolerant)

    解説

  • 10

    010. 3層クライアントサーバーシステムとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 010.  プレゼンテーション層=Webブラウザ  ファンクション層=Webサーバ  データ層=DBMSとデータベース

    解説

  • 11

    011. 同じ処理を行うシステムを二重に用意し,処理結果を照合することで処理の正しさを確認する。どちらかのシステムに障害が発生した場合は,縮退運転によって処理を継続する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 011. デュアルシステム

    解説

  • 12

    012. オンライン処理を行う現用系と,バッチ処理などを行いながら待機させる待機系を用意し,現用系に障害が発生した場合は待機系に切り替え,オンライン処理を続行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 012. デュプレックスシステム

    解説

  • 13

    013.  待機系に現用系のオンライン処理プログラムをロードして待機させておき,現用系に障害が発生した場合は,即時に待機系に切り替えて処理を続行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 013. ホットスタンバイ

    解説

  • 14

    014. あらゆる電化製品をインテリジェント化しネットワークに接続することによって,いつでもどこからでもそれらの機器の監視や操作ができるようになること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 014. ユビキタスコンピューティング

    解説

  • 15

    015. 数多くのPCの計算能力を集積することによって,スーパコンピュータと同程度の計算能力を発揮させること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 015. グリッドコンピューティング

    解説

  • 16

    016.  必要最小限の機器で構成されたコンピューターシステムのこと。構成機器の一つでも障害が発生すればシステム全体が動作しなくなるため信頼性は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 016. シンプレックスシステム

    解説

  • 17

    017.  ユーザが使用する端末にサーバに接続するための必要最小限のネットワーク機能、入出力をするためのGUIなどだけを装備させ、ほとんどの処理をサーバ側で行うシステム設計、またはその端末自体のことを指します。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 017. シンクライアント

    解説

  • 18

    018.  一部機能の障害によってシステムが停止しないよう,ハードウェアやソフトウェアを十分に検証し,信頼性の高いものだけでシステムを構成する。障害の発生を予防できるように,機器の定期保守を組み入れた運用システムの設計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 018. フォールトアボイダンス

    解説

  • 19

    019. 装置を二重化し,一方が故障してもその装置を切り離してシステムの運用を継続できる設計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 019. フェールオーバー

    解説

56637

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ