zuknow learn together

新しい教材を作成

憲法条文 第59条~64条

カード 11枚 作成者: コビー (作成日: 2013/11/01)

  • 59条1項

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

国会についての条文です。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    59条1項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。

    解説

  • 2

    59条2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

    解説

  • 3

    59条3項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。

    解説

  • 4

    59条4項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる。

    解説

  • 5

    60条1項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。

    解説

  • 6

    60条2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

    解説

  • 7

    61条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。

    解説

  • 8

    62条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両議院は、各々国政に関する調査を行ひ、これに関して、証人の出頭及び証言並びに記録の提出を要求することができる。

    解説

  • 9

    63条

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。

    解説

  • 10

    64条1項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議院の議員で組織する弾劾裁判所を設ける。

    解説

  • 11

    64条2項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弾劾に関する事項は、法律でこれを定める。

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ