zuknow learn together

新しい教材を作成

保健体育

カード 37枚 作成者: クリアブ (作成日: 2015/07/05)

  • トレーニングなどで
    技能や体力を向上させるために今までより強度が高い運動を行うこと

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

体力トレーニング
学校のテスト用

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    トレーニングなどで 技能や体力を向上させるために今までより強度が高い運動を行うこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーバーロード

    解説

  • 2

    脳や筋肉が持っている 環境の変化に適応して 自分を作り変える能力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可塑性

    解説

  • 3

    オーバーロードを行うと 最初は( )により、 一時的に体の機能が低下

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疲労

    解説

  • 4

    適度な休養により、 前よりも高いレベルにまで 回復する性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 超回復

    解説

  • 5

    動作パターンや負荷条件に 対応した性質

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特異性

    解説

  • 6

    練習やトレーニングの目的は何なのかを意識すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識性

    解説

  • 7

    個人の能力や特性に応じた 練習やトレーニングを 行う必要性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個別性

    解説

  • 8

    練習やトレーニングに あたって心身の機能が 調和を保ちながら 全面的に高まるように すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全面性

    解説

  • 9

    規則的に繰り返すこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反復性

    解説

  • 10

    技能や体力の向上の様子を 見ながら徐々にトレーニング内容を高めていくこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漸進性

    解説

  • 11

    競技力の向上など、 トレーニングの( )を 明らかにして、 トレーニングの期間や内容を決定し、達成目標を設定する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目的

    解説

  • 12

    トレーニングの 負荷条件として、 ( )( )( ) を設定します

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動強度 運動時間 頻度

    解説

  • 13

    トレーニングで用いる 運動負荷の大きさ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動強度

    解説

  • 14

    トレーニングで用いる 運動を持続している時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動時間

    解説

  • 15

    週に何日 トレーニングするか ということ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頻度

    解説

  • 16

    ( )を防止し、 休養による超回復を 促すために、 週3日程度の実施が一般的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーバーワーク

    解説

  • 17

    運動やスポーツに見合った ( )を設定することが大切

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動強度

    解説

  • 18

    短期間で大きな筋力を 発揮するのが目的であれば、 1~2回しか上げられない負荷 ( )にして、 確実に持ち上げることが有効

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大筋力

    解説

  • 19

    ダッシュしたり、踏んだり ボールを投げたりする( )を高めることが 目的であれば、 やや軽い負荷にして、 すばやく持ち上げることが 有効

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋力

    解説

  • 20

    心拍数が毎分180拍程度の 運動強度のランニングを 短い休息時間を挟んで 繰り返すこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターバルトレーニング

    解説

  • 21

    短時間で大きな筋力や パワーを発揮するのが 目的であれば 1~2回しか上げられない 負荷(最大筋力)にして、 ( )に持ち上げることが有効

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 確実

    解説

  • 22

    ダッシュ、踏む、投げるなどの筋力を高めるのが 目的であれば ( )よりやや( )負荷に して すばやく持ち上げることが 有効

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大筋力 軽い

    解説

  • 23

    全力のランニングを 十分な休息時間をとって 数本繰り返すこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レペティショントレーニング

    解説

  • 24

    心拍数が毎分140拍~170拍程度の運動強度のランニングを 30~60分間続けること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 持久走

    解説

  • 25

    野山をかけまわりながら 強度を上げ下げすること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロスカントリー走

    解説

  • 26

    それほど高くない強度で長時間持続するタイプの 持久力トレーニングでは、 心肺機能だけでなく 筋肉内の( )が増える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア

    解説

  • 27

    上手だ、器用だ、運動神経がいい、などの表現は ( )が高いことを表している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 調整力

    解説

  • 28

    調整力は、 動作を指令し調整する 脳を中心とした( )の 機能のあらわれといえる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経系

    解説

  • 29

    筋肉や靭帯などが柔らかく、 関節の運動範囲が大きいことを( )が高いという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 柔軟性

    解説

  • 30

    柔軟性を高める 代表的なトレーニング方法 (関節をゆっくり大きく伸ばしたり曲げたりする)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストレッチング

    解説

  • 31

    柔軟性が向上すれば、 ( )を防止することに役立つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けが

    解説

  • 32

    運動の前には軽いジョギングなどで十分( )をし、 ストレッチングを行うことが必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウォームアップ

    解説

  • 33

    練習の後に( )や 軽い運動によって、 クールダウンを行うことは 疲労の回復を早める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストレッチング

    解説

  • 34

    汗で失われた水分を 補給しないまま長時間運動を続けると( )になり、 熱中症の危険が高まる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脱水症状

    解説

  • 35

    長時間の運動、 気温や湿度が高い場合の 運動では、 適度な( )が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水分補給

    解説

  • 36

    運動の前には軽いジョギングなどでウォームアップをし、 ( )を行うことが必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストレッチング

    解説

  • 37

    練習の後に、 ストレッチングや軽い運動で ( )を行うことは 疲労の回復を早める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クールダウン

    解説

56969

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ