zuknow learn together

新しい教材を作成

【心理学】重要人物ざっくり詰め込み編【社会・感情・性格】

カード 8枚 作成者: いろはにわ (作成日: 2015/07/05)

  • 線分の長さの比較を題材にした【同調実験】や【印象形成】についての研究を行った社会心理学者

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    線分の長さの比較を題材にした【同調実験】や【印象形成】についての研究を行った社会心理学者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Asch,S.E(アッシュ)

    解説

  • 2

    オーストリア生まれの米国の心理学者で、対人関係のダイナミックスの研究で知られ、【原因帰属】研究の先駆けとなった人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Heider,F(ハイダー)

    解説

  • 3

    原因帰属の分散分析【ANOVA】モデルでは、人は①実態、②人、③時・様態のいずれが結果と共変動するかというデータパターンに基づいて行動の原因を推測する。このモデルを提唱した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Kelley,H.H(ケリー)

    解説

  • 4

    集団規範・社会的判断・【集団間葛藤】などの研究で知られる社会心理学者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Sherif,M(シェリフ)

    解説

  • 5

    認知的不協和理論を提唱した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Festinger,L.(フェスティンガー)

    解説

    例)入会するために多大な苦労が必要なグループのメンバーになると、そのグループに対する魅力が高まる→苦労を正当化するために魅力を高める。

  • 6

    ある規範を個人的には拒絶しているが、ほかの人々は受け入れていると信じているような状況を【多数の無知(pluralistic ignorance)】と名付けた人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Allport,F.H(オールポート)

    解説

    緊急場面において、多数の人が周りにいる場合、一人でいる場合に比べて援助行動が起こりにくくなる原因の一つと考えられる。

  • 7

    文学作品などを分析し、愛情の類型を示した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Lee,J.A(リー)

    解説

  • 8

    他者の遂行と心理的近さ、遂行の関連性によって自己評価が維持されるという【自己評価維持モデル】を示した人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Tesser,A(テッサー)

    解説

56945

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ