zuknow learn together

新しい教材を作成

漢検一級読み4

カード 250枚 作成者: k18 (作成日: 2014/01/22)

  • 潸潸たる涙が袂を濡らした。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    潸潸たる涙が袂を濡らした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんさん

    解説

  • 2

    なかなか旧体制の残滓が抜けない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ざんし

    解説

  • 3

    簒弑相次ぐ下剋上の世となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんしい

    解説

  • 4

    師の遺稿の刪修につとめた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんしゅう

    解説

  • 5

    詩文に刪潤を加える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんじゅん

    解説

  • 6

    幽邃の地に山墅を営む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんしょ

    解説

  • 7

    鯢の多くは沼沢に棲息する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんしょううお

    解説

  • 8

    声を上げ潸然と涙を流した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんぜん

    解説

  • 9

    山巓から霧が滑り降りてきた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんてん

    解説

  • 10

    讒謗律により言論に弾圧を加える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ざんぼう

    解説

  • 11

    贄を碩学の門に執る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    後生畏るべし、来者誣い難し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    二女曰く、兪り、往きたまえ、と。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しか

    解説

  • 14

    只管打坐は坐禅の真髄とされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しかん

    解説

  • 15

    眉宇に鷙悍の気を漂わせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しかん

    解説

  • 16

    行くときは閾を履まず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しきい

    解説

  • 17

    ゆかしさよ樒花咲く雨の中

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しきみ

    解説

  • 18

    君子は以て自彊してやまず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じきょう

    解説

  • 19

    まことに忸怩たるものがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じくじ

    解説

  • 20

    舳艫千里、旌旗空を蔽う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じくろ

    解説

  • 21

    生前の徳が称えられ諡号を賜った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しごう

    解説

  • 22

    強弓は錏を貫き通した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しころ

    解説

  • 23

    襟首に兜の錣ずれの痕がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しころ

    解説

  • 24

    哲学の研究に孜孜として励んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しし

    解説

  • 25

    孳孳として学業に勉励する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じじ

    解説

  • 26

    弁士は聴衆の前で獅子吼した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ししく

    解説

  • 27

    官は私昵に及ばず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しじつ

    解説

  • 28

    逞しい肉叢が汗で光っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ししむら

    解説

  • 29

    屑々として錙銖の利を争う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ししゅ

    解説

  • 30

    識者の嗤笑を招きかねない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ししょう

    解説

  • 31

    威厳にして咫尺する能わず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しせき

    解説

  • 32

    他人を指嗾して騒動を喚起せり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しそう

    解説

  • 33

    蝉の声が耳朶を穿った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じだ

    解説

  • 34

    なかなか強かな人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • したた

    解説

  • 35

    雪風で旅人の輜重は埋没した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しちょう

    解説

  • 36

    老婆は鷙鳥の如き眼差しで睨んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しちょう

    解説

  • 37

    旧弊が新たな発想の桎梏となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しっこく

    解説

  • 38

    この方とは昵懇の間柄です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じっこん

    解説

  • 39

    洛中に肆廛を構えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • してん

    解説

  • 40

    老牛、舐犢の愛を懐く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しとく

    解説

  • 41

    雪景色を見る為に蔀戸をあげた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しとみど

    解説

  • 42

    屎尿を汲んで肥とした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しにょう

    解説

  • 43

    互いに鎬をけずって戦う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しのぎ

    解説

  • 44

    それよりは霎し牙を磨こう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しば

    解説

  • 45

    外国で屢見る庭園のようだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しばしば

    解説

  • 46

    仲尼亟水を称う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しばしば

    解説

  • 47

    姑くわたしの言う通りにせよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しばら

    解説

  • 48

    書のために蠧を憂える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しみ

    解説

  • 49

    人世の繋縛を斫断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゃくだん

    解説

  • 50

    麝香は薬料にも使われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じゃこう

    解説

  • 51

    天子と社稷は運命を共にした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゃしょく

    解説

  • 52

    赭髥を蓄えた老人が現れた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゃぜん

    解説

  • 53

    邪諂なる者は日に進む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じゃてん

    解説

  • 54

    這般の情勢に緊急対応を図る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゃはん

    解説

  • 55

    雲は心無くして以て岫を出づ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅう

    解説

  • 56

    冷戦の終焉という事態に対応する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうえん

    解説

  • 57

    遒勁な筆力に圧倒される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうけい

    解説

  • 58

    螽斯は則ち百福の由りて興る所。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうし

    解説

  • 59

    湊を整備し舟楫の便を図った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうしゅう

    解説

  • 60

    絨毯を敷く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じゅうたん

    解説

  • 61

    山の皺襞が深い谿を刻している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうへき

    解説

  • 62

    尽忠匡翼し、終に能く輯穆す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうぼく

    解説

  • 63

    血管が収斂する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうれん

    解説

  • 64

    聚斂の臣あらんより寧ろ盗臣あれ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうれん

    解説

  • 65

    法廷で輸贏を争う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅえい

    解説

  • 66

    子墨子の守圉余り有り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅぎょ

    解説

  • 67

    濃霧の中に倏忽と氷山が現れた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅくこつ

    解説

  • 68

    夙夜おこたらず机に向かう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅくや

    解説

  • 69

    酒盞を傾けていい機嫌になった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅさん

    解説

  • 70

    黒い繻子の衣を纏う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅす

    解説

  • 71

    毛髪鬚髥共に薄栗毛色の人物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅぜん

    解説

  • 72

    罪人を辺疆の戍卒に充てる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じゅそつ

    解説

  • 73

    恤兵金を募る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じゅっぺい

    解説

  • 74

    麈尾を手にした導師が語り始めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅび

    解説

  • 75

    須臾の間も忘れることがなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅゆ

    解説

  • 76

    酒醴を作るとせば、これ麹櫱なり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅれい

    解説

  • 77

    棕櫚縄で垣根を設える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅろ

    解説

  • 78

    鶉衣百結の修行憎に喜捨する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じゅんい

    解説

  • 79

    儁傑にして議論今古に証拠す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅんけつ

    解説

  • 80

    博学にして俊髦であると賞讃された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅんぼう

    解説

  • 81

    牆の壊るるは隙においてす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょう

    解説

  • 82

    神殿が真っ先に焼燬された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうき

    解説

  • 83

    民は悚懼して非を唱えず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうく

    解説

  • 84

    昇汞水は消毒に使う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうこう

    解説

  • 85

    城砦の址で旧時を偲ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じょうさい

    解説

  • 86

    詩的な頌辞を手向ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうじ

    解説

  • 87

    殿には上廁の際にも護衛がついた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じょうし

    解説

  • 88

    瀟灑な洋館に住む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうしゃ

    解説

  • 89

    嫋嫋たる秋草を画布全面に描く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じょうじょう

    解説

  • 90

    徐に摺扇を開き、うちあおいだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうせん

    解説

  • 91

    悄然としてこれを聴いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうぜん

    解説

  • 92

    印章を小篆で彫り上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうてん

    解説

  • 93

    知事選への出馬を慫慂された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうよう

    解説

  • 94

    門下大いに驚いて擾乱す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じょうらん

    解説

  • 95

    陰陽を燮理して靖寧を猷る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょうり

    解説

  • 96

    真夏の如き溽暑が続く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じょくしょ

    解説

  • 97

    喞喞たる虫の声を聞く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょくしょく

    解説

  • 98

    私家本の販売を書肆に託した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しょし

    解説

  • 99

    沢の流れで米を精げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しら

    解説

  • 100

    牛の鞦は外れたことがない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しりがい

    解説

  • 101

    三度黜けられたが国を去らない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しりぞ

    解説

  • 102

    二人の間に苦しい砥礪の日が続く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しれい

    解説

  • 103

    争いは熾烈をきわめた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しれつ

    解説

  • 104

    清を揚げ滓穢を蕩去す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しわい

    解説

  • 105

    世俗の塵埃にまみれた生活を送る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じんあい

    解説

  • 106

    瞋恚の焔を胸宇に燃やす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんい、しんに

    解説

  • 107

    岑壑景色よく遠遊の心を慰む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんがく

    解説

  • 108

    隊の殿に控えつつ行軍を続けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんがり

    解説

  • 109

    このごろ譖毀すること多し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんき

    解説

  • 110

    鍼灸院に行き手当てを受けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんきゅう

    解説

  • 111

    智愚一視して畛畦を設けず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんけい

    解説

  • 112

    簪笏を百齢に舎つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんこつ

    解説

  • 113

    事情を斟酌する余地はある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんしゃく

    解説

  • 114

    世の哂笑を買う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんしょう

    解説

  • 115

    武人の心をも震慴させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんしょう

    解説

  • 116

    縉紳の居並ぶ席に列する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんしん

    解説

  • 117

    岑岑たる頭に氷嚢をあてる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんしん

    解説

  • 118

    文明駸駸乎として進む

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんしんこ

    解説

  • 119

    工事は荏苒として進捗しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • じんぜん

    解説

  • 120

    工事は予定通り進陟している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しんちょく

    解説

  • 121

    饐えた臭気が鼻を突く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    鬆が立った飯は食われぬ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 123

    十分に推敲を重ねた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すいこう

    解説

  • 124

    薪を集め炊爨の準備にとりかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すいさん

    解説

  • 125

    珍しいお香を数炷焚いて比べた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すうしゅ

    解説

  • 126

    衣裳は素襖、上下熨斗目を用いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すおう

    解説

  • 127

    幼児をなだめ賺す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すか

    解説

  • 128

    晩秋の尽れていく野に佇む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すが

    解説

  • 129

    自ら拯うべき道は有りや。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すく

    解説

  • 130

    龕の中から念持仏が見つかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ずし

    解説

  • 131

    菘は春の七草の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すずな

    解説

  • 132

    歔く声が隣室から聞こえた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すすりな

    解説

  • 133

    裾捌きの音とともに家元が現れた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すそさば

    解説

  • 134

    いたり飲めば輒ち尽くす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すなわ

    解説

  • 135

    経始亟やかなる勿れ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すみ

    解説

  • 136

    宝を掏摸に預ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すり

    解説

  • 137

    酒の肴に鰑をあぶる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • するめ

    解説

  • 138

    凡そ誠愨ならざる者は無かった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せいかく

    解説

  • 139

    朋党比周して擠陥讒誣を事とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せいかん

    解説

  • 140

    清暉空に満つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せいき

    解説

  • 141

    盗賊の首領を生擒した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せいきん

    解説

  • 142

    噬犬は歯を露さず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぜいけん

    解説

  • 143

    敢行しなければ噬臍の悔いが残る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぜいせい

    解説

  • 144

    他からの掣肘を受けない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せいちゅう

    解説

  • 145

    鳥の腹は毳毛でおおわれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぜいもう

    解説

  • 146

    詩行から贅肬を削ぎ落とす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぜいゆう

    解説

  • 147

    寂寥とした境内。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せきりょう

    解説

  • 148

    寒風の中を跼って歩く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せぐくま

    解説

  • 149

    弟子は屑然として対えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せつぜん

    解説

  • 150

    兄弟牆に鬩げども外其の務り…。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せめ

    解説

  • 151

    釣果を糶にかける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せり

    解説

  • 152

    垢塵玉を汚さず、霊鳳羶を啄まず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せん

    解説

  • 153

    巧笑倩たり、美目盼たり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せん

    解説

  • 154

    千鎰の価に当たる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんいつ

    解説

  • 155

    潺湲たる流水を渡る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんえん、せんかん

    解説

  • 156

    救い米が領内の窮民に贍給された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんきゅう

    解説

  • 157

    嬋妍たる容姿は天女を思わせた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんけん

    解説

  • 158

    擅権を以て民を御するに到る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんけん

    解説

  • 159

    繊細な神経。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんさい

    解説

  • 160

    孱弱な軀で長途の旅に出る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんじゃく

    解説

  • 161

    事例の尠少な現象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんしょう

    解説

  • 162

    繊嗇筋力は生を治むるの正道なり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんしょく

    解説

  • 163

    眼前に千仞の崖がそそり立つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんじん

    解説

  • 164

    異香冉冉として春風に薫ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぜんぜん

    解説

  • 165

    皇太子は践祚して皇位を継承した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんそ

    解説

  • 166

    背信の徒が各方面に舛馳した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんち

    解説

  • 167

    鮑は蠕動運動によって移動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぜんどう

    解説

  • 168

    羶肉を日々の糧とした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんにく

    解説

  • 169

    はるか山の彼方を瞻望する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんぼう

    解説

  • 170

    宇宙の本義を闡明にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんめい

    解説

  • 171

    母は痊愈に赴いたが衰弱が甚だし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • せんゆ

    解説

  • 172

    精を得て麤を忘る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    天竺国酒を謂いて酥と為す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 174

    竈煙に燻された梁に歴史を見る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうえん

    解説

  • 175

    硯箱に繊細な象嵌を施す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぞうがん

    解説

  • 176

    冠は皁絹を以てこれをつくる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうけん

    解説

  • 177

    操觚界の見識が問われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうこ

    解説

  • 178

    出游して田野桑柘の間を泛観す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうしゃ

    解説

  • 179

    棗脩を携えて入門を乞う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうしゅう

    解説

  • 180

    蒼朮を飲み発汗を促す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうじゅつ

    解説

  • 181

    開店準備で怱忙の極みだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうぼう

    解説

  • 182

    棗栗を土産に帰ってきた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうりつ

    解説

  • 183

    倉廩実ちて礼節を知る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そうりん

    解説

  • 184

    容易なことで落ちる賊寨ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぞくさい

    解説

  • 185

    膠漆相賊ない、氷炭相憩う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そこ

    解説

  • 186

    謗れば影さす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そし

    解説

  • 187

    義を為すは毀りを避け誉れに就く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そし

    解説

  • 188

    人の誚りを顧みない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そし

    解説

  • 189

    俎上の魚江海に移る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そじょう

    解説

  • 190

    岨道を足にまかせて追っかける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そばみち

    解説

  • 191

    地方きっての素封家だ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そほう

    解説

  • 192

    或いは隠れ、或いは乖きて顕る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そむ

    解説

  • 193

    議論は粗鹵にして誤謬が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そろ

    解説

  • 194

    坤は土なり、巽は風なり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そん

    解説

  • 195

    友の真情を忖度する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そんたく

    解説

  • 196

    巽与の言は能く説ぶこと無からん。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そんよ

    解説

  • 197

    日闌けて起きだした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 198

    民のいまだ贍らざるを哀れむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    大道は甚だ夷らかなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たい

    解説

  • 200

    城外には頽檐矮屋が残っていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たいえん

    解説

  • 201

    都の大逵に呆然として佇立した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たいき

    解説

  • 202

    長閑な村に碓舂の音が響く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たいしょう

    解説

  • 203

    大纛に随従して本営に赴いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たいとう

    解説

  • 204

    自由平等の大旆を翳す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たいはい

    解説

  • 205

    瑇瑁の首飾りが出土した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たいまい

    解説

  • 206

    将軍の偉略により渠帥は殪れた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たお

    解説

  • 207

    百足の虫、断てども蹶れず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たお

    解説

  • 208

    百足の虫は死に至るも僵れず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たお

    解説

  • 209

    藤蔓を箍とした桶を使っていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たが

    解説

  • 210

    金属板を切断するのに鏨を使用す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たがね

    解説

  • 211

    持ち前の冒険心が滾ってきた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たぎ

    解説

  • 212

    其の彙いを以てす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たぐ

    解説

  • 213

    二十六聖人が磔刑に処せられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たっけい

    解説

  • 214

    謫所に月を賞す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たくしょ

    解説

  • 215

    揣摩憶測を逞しくする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たくま

    解説

  • 216

    卓犖たる論として絶讃を博した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たくらく

    解説

  • 217

    ここは沢鹵の地で住める所でない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たくろ

    解説

  • 218

    宴も酣になった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たけなわ

    解説

  • 219

    心を原ねて罪を定む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たず

    解説

  • 220

    黄昏時になった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たそがれ

    解説

  • 221

    文中に人の心弦を扣くものがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たた

    解説

  • 222

    それを糺すのもはばかられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ただ

    解説

  • 223

    啻に学問のみならず武芸にも長ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ただ

    解説

  • 224

    堂内に妖気が漾う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ただよ

    解説

  • 225

    獺多ければ則ち魚擾る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • だつ

    解説

  • 226

    正岡子規の命日を獺祭忌という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • だっさいき

    解説

  • 227

    間宮海峡の旧称を韃靼海峡という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • だったん

    解説

  • 228

    打嚔人の説く有り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • だてい

    解説

  • 229

    鬛を靡かせて獅子が走った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たてがみ

    解説

  • 230

    庇う物を蟎が食う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • だに

    解説

  • 231

    切りがよいので茛にしよう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たばこ

    解説

  • 232

    周に大いなる賚あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たまもの

    解説

  • 233

    盥に雨の音を聞く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たらい

    解説

  • 234

    筆の大きさ椽のごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たるき

    解説

  • 235

    榱の年輪測定により年代が判明す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たるき

    解説

  • 236

    虎の視るや眈たり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たん

    解説

  • 237

    波静かな浦に漁家蜑戸が連綴する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たんこ

    解説

  • 238

    文は短雋を以て人に勝る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たんしゅん

    解説

  • 239

    窃かに赧然として羞じろんだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たんぜん

    解説

  • 240

    掌を指して治世の務めを譚論す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • たんろん

    解説

  • 241

    魑は虎の形をした山の神である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 242

    名を竹帛に垂る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちくはく

    解説

  • 243

    提督はその官職を褫奪された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちだつ

    解説

  • 244

    帙に収めた影印本を繙く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちつ

    解説

  • 245

    天下の至柔は天下の至堅を馳騁す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちてい

    解説

  • 246

    粽が程好く蒸し上がった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちまき

    解説

  • 247

    忠謇を納れて以て自ら正す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちゅうけん

    解説

  • 248

    鈕釦に意匠が凝らしてある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちゅうこう

    解説

  • 249

    極秘のうちに籌策を廻らす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちゅうさく

    解説

  • 250

    スペイン駐箚大使として赴任した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ちゅうさつ

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ