zuknow learn together

新しい教材を作成

漢検一級読み1

カード 250枚 作成者: k18 (作成日: 2014/01/22)

  • 盥漱し身支度を整える。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    盥漱し身支度を整える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんそう

    解説

  • 2

    主君の乱行を諌諍する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんそう

    解説

  • 3

    嘉辰令月を揀択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんたく

    解説

  • 4

    机上に巻帙を繙く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんちつ

    解説

  • 5

    寰中塞外ともに万歳を謳う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんちゅう

    解説

  • 6

    禍乱を戡定し四海を治める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんてい

    解説

  • 7

    仏前の龕灯が揺らぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • がんとう

    解説

  • 8

    鉋屑へ火が付いたように喋る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんなくず

    解説

  • 9

    梅の花が馥しい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんば

    解説

  • 10

    緘黙して語らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんもく

    解説

  • 11

    盥沐した後は浴衣を着よう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんもく

    解説

  • 12

    乱世の奸雄の一人だ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんゆう

    解説

  • 13

    山野に禽獣を豢養する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かんよう

    解説

  • 14

    雨を冒して韮を翦る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    燭を剪り机上を明るくした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    人、生まれて六十を耆という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    燧を鑽りて火を改む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    貌は人と語るに嬉怡微笑す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きい

    解説

  • 19

    潮は月の虧盈にしたがう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きえい

    解説

  • 20

    麾下の将兵数万に達する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きか

    解説

  • 21

    その年の干支は癸亥である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きがい

    解説

  • 22

    衆人煕煕として楽しむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きき

    解説

  • 23

    天下に忌諱多くして民弥々貧し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きき、きい

    解説

  • 24

    衷心より冀求いたします。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ききゅう

    解説

  • 25

    手巾を目に当て欷歔する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ききょ

    解説

  • 26

    松の根元に箕踞して海を眺めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ききょ

    解説

  • 27

    枳棘は鸞鳳の棲む所に非ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ききょく

    解説

  • 28

    崎嶇たる道が延々と続く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きく

    解説

  • 29

    古本市で稀覯本が展示される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きこう

    解説

  • 30

    色紙に揮毫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きごう

    解説

  • 31

    春風吹き枳殻の花咲く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きこく

    解説

  • 32

    十二月己巳、東都に至る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きし

    解説

  • 33

    俗累の羈絏牢として絶ちがたし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きせつ

    解説

  • 34

    惨状を前に喟然として嘆息する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きぜん

    解説

  • 35

    箕帚を携えて庭に向かう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きそう・きしょう

    解説

  • 36

    弊習に覊束され自由がきかない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きそく

    解説

  • 37

    愧赧の念を忘れ久闊を叙した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きたん

    解説

  • 38

    巧緻な文体で一家を機杼する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きちょ

    解説

  • 39

    後朝の別れを惜しむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きぬぎぬ

    解説

  • 40

    砧打って我に聞かせよや坊が妻。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きぬた

    解説

  • 41

    聖母像に跪拝する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きはい

    解説

  • 42

    音楽は人を地上の羈絆から切り放す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きはん

    解説

  • 43

    恋情の羈縻を脱せんともがいた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きび

    解説

  • 44

    陳列されていた器皿を収納する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きべい

    解説

  • 45

    羈軛を脱して別世界の人となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きやく

    解説

  • 46

    逆睹しがたい形勢である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぎゃくと、げきと

    解説

  • 47

    伽羅枕に香を仕組む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゃら

    解説

  • 48

    非望を覬覦するの愚を犯していた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゆ

    解説

  • 49

    丘壑の美なる別天地を旅す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゅうがく、きゅうかく

    解説

  • 50

    百骸九竅の中に物あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゅうきょう

    解説

  • 51

    舅姑の機嫌を窺う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゅうこ

    解説

  • 52

    鶴九皐に鳴き、声野に聞こゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゅうこう

    解説

  • 53

    諸侯を翕合する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゅうごう

    解説

  • 54

    仇讐の如く貴族階級を憎んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゅうしゅう

    解説

  • 55

    饑饉には救恤の備えをなす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゅうじゅつ

    解説

  • 56

    巫女のもとに翕然と村人が集まった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きゅうぜん

    解説

  • 57

    暁闇陸続と烏の大群が舞いおりる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぎょうあん

    解説

  • 58

    疆界の内側は外国人居留地である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうかい

    解説

  • 59

    収穫物を筐筥に入れた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうきょ

    解説

  • 60

    胸中の恐懼が霧散した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうく

    解説

  • 61

    凶歉により徳政を布く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうけん

    解説

  • 62

    鞏固な意志をもつ必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうこ

    解説

  • 63

    只管に富貴を徼幸する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぎょうこう

    解説

  • 64

    富貴なれば驕奢を生ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうしゃ

    解説

  • 65

    昔の日記を篋底に秘する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうてい

    解説

  • 66

    一行の嚮導と保護とを任とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうどう

    解説

  • 67

    将軍の驍名が語り伝えられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぎょうめい

    解説

  • 68

    乱世の梟雄と称せられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうゆう

    解説

  • 69

    梟鸞は翼を交えず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうらん

    解説

  • 70

    万国を叶和す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょうわ

    解説

  • 71

    醵金を募り記念碑を建てた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょきん

    解説

  • 72

    今千金の玉卮有り、通じてそこ無し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぎょくし

    解説

  • 73

    謫落して跼蹐の日々を送る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょくせき

    解説

  • 74

    嶷然たる岩山が開っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぎょくぜん

    解説

  • 75

    騏驥の跼躅は駑馬の安歩に如かず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょくちょく

    解説

  • 76

    勖勉して経書に精通する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょくべん

    解説

  • 77

    斯道の巨擘の名を縦にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きょはく

    解説

  • 78

    澄む月や髭をたてたる蛬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きりぎりす

    解説

  • 79

    運あしくして躬ら蹙まりなば天を恨む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きわ

    解説

  • 80

    法を定めて禁遏を加える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きんあつ

    解説

  • 81

    巾幗の身ながら勇猛に闘った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きんかく

    解説

  • 82

    憖憖然として相知るなし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぎんぎんぜん

    解説

  • 83

    両者の間に釁隙を生じた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きんげき

    解説

  • 84

    両国間に釁端を啓く遠因となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きんたん

    解説

  • 85

    謹飭なる友に対す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きんちょく

    解説

  • 86

    銀鑰もて香閣を開く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぎんやく

    解説

  • 87

    唇を啖い裂くほどに咬む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    人を払って耦語する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぐうご

    解説

  • 89

    山は遠く空翠に在り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くうすい

    解説

  • 90

    栩栩然として胡蝶なり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くくぜん

    解説

  • 91

    祭りに傀儡回しがやって来た。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くぐつ

    解説

  • 92

    土を耕し、植え、耘り、収穫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くさぎ

    解説

  • 93

    心を繋ぐ轄となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くさび

    解説

  • 94

    鬮に当たった者が役に就いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くじ

    解説

  • 95

    鷲の巣の樟の枯枝に日は入りぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くす

    解説

  • 96

    尚武の風が頽れ廃れた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くず

    解説

  • 97

    人の心を擽るものがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くすぐ

    解説

  • 98

    瞿然としてその場に立ち竦んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くぜん

    解説

  • 99

    幾箇所かの件は想い出せない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くだり

    解説

  • 100

    友と酒を酌み交わし燕ぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くつろ

    解説

  • 101

    絮い話なので聞き流す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くど

    解説

  • 102

    作法について諄諄と説明する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くどくど

    解説

  • 103

    大車も軛無ければ進まず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くびき

    解説

  • 104

    踵を接して来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • きびす

    解説

  • 105

    天を晦まし地を動かすがごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くら

    解説

  • 106

    覆轍を鑑みず今にして窘しむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くる

    解説

  • 107

    踝を強く打った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くるぶし

    解説

  • 108

    涅すれども緇まず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くろ

    解説

  • 109

    今日の空は群青色です。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ぐんじょう

    解説

  • 110

    偈を作って悟境を提示する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    女子は十有五にして笄す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けい

    解説

  • 112

    多種類の醯醢を瓶に保存した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいかい

    解説

  • 113

    師の謦咳に接する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいがい

    解説

  • 114

    師の処る所、荊棘生ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいきょく

    解説

  • 115

    煢煢として孤立し、形影相弔う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいけい

    解説

  • 116

    目は炯炯と輝いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいけい

    解説

  • 117

    鯨鯢の大なる者は長さ千里。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • げいげい

    解説

  • 118

    蟪蛄は春秋を知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいこ

    解説

  • 119

    至治の馨香、神明に感ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいこう

    解説

  • 120

    鼻息呼吸、頃刻も風を去る能わず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいこく

    解説

  • 121

    煢然として独り身の生活を続けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいぜん

    解説

  • 122

    夐然たる彼方に灯火が見えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいぜん

    解説

  • 123

    大いに逕庭有りて、人情に近からず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいてい

    解説

  • 124

    瓊葩綉葉の春日に遊ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいは

    解説

  • 125

    警蹕の声が四囲に響き渡った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいひつ

    解説

  • 126

    寧ろ鶏鶩と争うを為さんか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいぼく

    解説

  • 127

    香を焚いて穢れを祓う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けが

    解説

  • 128

    四隣闃として眠れるがごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • げき

    解説

  • 129

    人生は白駒の郤を過ぐるが若し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • げき

    解説

  • 130

    境内闃然として人無きがごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • げきぜん

    解説

  • 131

    撃柝の音が夜道に響いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • げきたく

    解説

  • 132

    怪訝な顔をするな。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けげん

    解説

  • 133

    頁岩をはがしてみる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けつがん

    解説

  • 134

    譎詭や不正不義が蔓延っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けっき

    解説

  • 135

    暴力及び譎詐の排斥を強く訴えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けっさ

    解説

  • 136

    リスは齧歯類に属する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • げっし

    解説

  • 137

    大姦の去る事距の斯にぬくるが如し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けづめ

    解説

  • 138

    欅や楢や櫟の疎林を散策した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けやき

    解説

  • 139

    これで鳬がついた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けり

    解説

  • 140

    読者を眩暈の彼方へ誘いこむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • げんうん

    解説

  • 141

    情勢について検覈を加える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんかく

    解説

  • 142

    御恵みを黔首までに及ぼし給う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんしゅ

    解説

  • 143

    夜叉王が眷属を従えてやってくる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんぞく

    解説

  • 144

    両作品にさしたる軒輊はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんち

    解説

  • 145

    涓滴も余さず飲み乾した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんてき

    解説

  • 146

    舜は甄陶せず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんとう

    解説

  • 147

    諠閙の巷を逃れ去る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんどう、けんとう

    解説

  • 148

    孔子に黔突なく、墨子に煖席なし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんとつ

    解説

  • 149

    美女のことを繭眉という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんび

    解説

  • 150

    理非曲直を甄別する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんべつ

    解説

  • 151

    一語中たらざれば,愆尤駢び集まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんゆう

    解説

  • 152

    闔国の黔黎が鴻化に浴した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けんれい

    解説

  • 153

    煮汁を漉して鍋に移す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 154

    深く罩める雨の奥に松が見える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    日を重ね月を踰え旅を続けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    安静を切に幾う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こいねが

    解説

  • 157

    薬石効なく溘焉として逝く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうえん

    解説

  • 158

    天体の運行を考覈する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうかく

    解説

  • 159

    志士は溝壑に在るを忘れず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうがく

    解説

  • 160

    予々その佼黠が知れ渡っていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうかつ

    解説

  • 161

    宮室を卑しくして力を溝洫に尽くす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうきょく

    解説

  • 162

    紅裙を翻して艶やかに舞う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうくん

    解説

  • 163

    肯綮に中たった見解である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうけい

    解説

  • 164

    落日が五彩の虹霓を染めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうげい

    解説

  • 165

    寺院の鐘が鏗鏗と鳴り響く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうこう

    解説

  • 166

    闔国の民が大王の死を悼んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうこく

    解説

  • 167

    体は尋常の犢よりも大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうし

    解説

  • 168

    麹漬をつくる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうじ

    解説

  • 169

    領や肘が垢膩に汚れていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうじ、くに

    解説

  • 170

    腹をゆすって哄笑する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうしょう

    解説

  • 171

    佩ぶるところの刀鏗然として声あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうぜん

    解説

  • 172

    楮の繊維は紙の原料となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうぞ

    解説

  • 173

    徳政を求めて嗷訴する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ごうそ

    解説

  • 174

    暇を偸んで倥偬の間に記した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうそう

    解説

  • 175

    教会の鐘が鏗錚と時を告げた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうそう

    解説

  • 176

    既に筆力扛鼎の域に達した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうてい

    解説

  • 177

    昊天成命あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうてん

    解説

  • 178

    講師は晨鐘と共に黌堂に赴いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうどう

    解説

  • 179

    痛烈な詬罵を浴びせられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうば

    解説

  • 180

    郊外の岡阜から町を見渡す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうふ

    解説

  • 181

    急に亢奮した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうふん

    解説

  • 182

    古寺の高甍が夕靄に映える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうぼう

    解説

  • 183

    閘門を開閉して水位を調節する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうもん

    解説

  • 184

    大河の潤す膏腴なる大地である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうゆ

    解説

  • 185

    羔羊の何物たるかを知らざるなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうよう

    解説

  • 186

    毫釐に失すれば謬るに千里を以てす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ごうり

    解説

  • 187

    二人は伉儷の約を結んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こうれい

    解説

  • 188

    蘚を踏み樹海を進んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こけ

    解説

  • 189

    爰に梅の花が咲いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ここ

    解説

  • 190

    嘗みにこれが為に巨鍾を撞く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こころ

    解説

  • 191

    質素な午餉を摂る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ごしょう

    解説

  • 192

    主に扈従して旅を続けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こしょう

    解説

  • 193

    牛頭阿傍は地獄の番人である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ごず

    解説

  • 194

    小刀で竹を刮げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こそ

    解説

  • 195

    無かった子出来たを抱きて炬燵かな。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こたつ

    解説

  • 196

    二人の足音が谺するばかりでした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こだま

    解説

  • 197

    忽焉として逝く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こつえん

    解説

  • 198

    矻矻として少しも怠らない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こつこつ

    解説

  • 199

    塔が兀然と聳えている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こつぜん

    解説

  • 200

    海内に兀立する強国となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こつりつ

    解説

  • 201

    道具箱から鏝を取り出す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こて

    解説

  • 202

    孤犢乳に触れ、驕子母を罵る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ことく

    解説

  • 203

    咸く正士を求めよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ことごと

    解説

  • 204

    有司は畢く朝に立つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ことごと

    解説

  • 205

    謹んで新年を寿ぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ことほ

    解説

  • 206

    顧眄すれば光彩を遺す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こべん

    解説

  • 207

    木橋を毀ち鉄橋を架けた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こぼ

    解説

  • 208

    腕を拱きて大海に対す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こまね

    解説

  • 209

    顳顬の血管が浮いている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こめかみ

    解説

  • 210

    上下交利をとりて国危うし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こもごも

    解説

  • 211

    蠱惑的な所作に心を射抜かれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こわく

    解説

  • 212

    君能く過ちを補わば袞廃れざらん。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こん

    解説

  • 213

    成年に達し婚娶に至った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こんしゅ

    解説

  • 214

    貧寠困阨の甚だしきに驚く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こんやく

    解説

  • 215

    袞竜の袖に隠れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こんりょう

    解説

  • 216

    眼前に崔嵬たる岩山が逼る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さいかい

    解説

  • 217

    罪咎の軽重を量る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ざいきゅう

    解説

  • 218

    蔬食・菜羮と雖も必ず祭る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さいこう

    解説

  • 219

    灑掃・応待・進退の節を以てす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さいそう

    解説

  • 220

    豺狼の如き無慈悲な行為だ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さいろう

    解説

  • 221

    一頻り続いた哢りが止んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さえず

    解説

  • 222

    謀事に先だてば則ち昌ゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さか

    解説

  • 223

    忤うることなきを宗とせよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さから

    解説

  • 224

    嚮に催された展覧会が物議を醸す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さき

    解説

  • 225

    曩に話したことは確かなことです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さき

    解説

  • 226

    岩肌を摸りハーケンを打ち込む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さぐ

    解説

  • 227

    荒涼たる朔塞の防備につく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さくさい

    解説

  • 228

    嘖嘖たる名声を博した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さくさく

    解説

  • 229

    天魔の号びか風雨激し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さけ

    解説

  • 230

    人を貶んだような態度をとる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さげす

    解説

  • 231

    郷里から笹粽が送られてきた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ささちまき

    解説

  • 232

    薫風が湖上の漣を砕いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さざなみ

    解説

  • 233

    心の中の塵埃や渣滓を吐き出す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さし

    解説

  • 234

    将軍の麾く所に一糸乱れず従う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さしまね

    解説

  • 235

    左袵蟹文の風を蔑んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さじん

    解説

  • 236

    遉に横綱の相撲は見応えがあった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さすが

    解説

  • 237

    嘸大変であったろう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さぞ

    解説

  • 238

    鼎を武蔵の地に奠む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さだ

    解説

  • 239

    片言、獄を折む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さだ

    解説

  • 240

    偖夕餉は何にいたしましょうか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さて

    解説

  • 241

    遂に蹉跌した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さてつ

    解説

  • 242

    ことづてもなく宛ら春になりぬ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さなが

    解説

  • 243

    梅は食うとも核食うな。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さね

    解説

  • 244

    北辺の鎖鑰を強化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さやく

    解説

  • 245

    毎日お浚いしましょう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さら

    解説

  • 246

    笊で水を汲む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ざる

    解説

  • 247

    白布を川の流れに醂す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さわ

    解説

  • 248

    一匹の鰆を以てもてなさん。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さわら

    解説

  • 249

    巉巌峨峨として嶮岨を極めた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ざんがん

    解説

  • 250

    この織物は蚕繭からできている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • さんけん

    解説

56548

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ