zuknow learn together

新しい教材を作成

漢検一級ことわざ

カード 454枚 作成者: k18 (作成日: 2014/01/22)

  • アウンの呼吸。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アウンの呼吸。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阿吽

    解説

  • 2

    藜羹を食らう者はタイロウの滋味を知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大牢、太牢

    解説

  • 3

    アコギが浦に引く網。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阿漕

    解説

  • 4

    アザミの花も一盛り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    アゼを譲って耕す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    アツウンの曲。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遏雲

    解説

  • 7

    煦煦を以て仁となし、ゲツゲツを義となす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 孑孑

    解説

  • 8

    羹にコりてナマスを吹く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 懲/膾

    解説

  • 9

    アツモノに懲りて膾を吹く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    あの男の食卓を見れば満足のゆく絵が描けないのは一目リョウゼンだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瞭然

    解説

  • 11

    アバタも靨。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痘痕

    解説

  • 12

    アブ蜂取らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    諍いとカットウの歴史に終止符を打つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葛藤

    解説

  • 14

    アリの熊野参り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    イガグリも内から割れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毬栗

    解説

  • 16

    いくらフクロウを仕込んでも鷹にはならぬ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    ?のハシの食い違い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    一擲ケンコンを賭す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾坤

    解説

  • 19

    一飯の徳も必ず償い、ガイサイの怨みも必ず報ゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 睚眥

    解説

  • 20

    一富士二鷹三ナスビ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 茄子

    解説

  • 21

    イッキに十たび起つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一饋

    解説

  • 22

    イッサンを博す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一粲

    解説

  • 23

    イッチュウを輸す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一籌

    解説

  • 24

    イツボウの争い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鷸蚌

    解説

  • 25

    イり豆に花が咲く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    インイツ暴慢は飲酒より生ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 淫佚

    解説

  • 27

    インカン遠からず、夏后の世に在り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 殷鑑

    解説

  • 28

    ウダツが上がらぬ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 梲  

    解説

  • 29

    うつつにもムビにも忘れず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夢寐

    解説

  • 30

    ウツバリの塵を動かす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    ウドの大木。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 独活

    解説

  • 32

    エンオウの契り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鴛鴦

    解説

  • 33

    エンソ河に飲むも腹を満たすに過ぎず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偃鼠

    解説

  • 34

    オウムよく言えども飛鳥を離れず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鸚鵡

    解説

  • 35

    オコの高名はせぬにシかず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 烏滸/如、若

    解説

  • 36

    おヒツに倚って断食する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    カイドウの睡り未だ足らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海棠

    解説

  • 38

    ガイフウ南よりして彼の棘心を吹く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凱風

    解説

  • 39

    カギュウ角上の争い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蝸牛

    解説

  • 40

    カクシャクたるかな是の翁や。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 矍鑠

    解説

  • 41

    カコウありといえども食らわずんば其の旨きを知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佳肴

    解説

  • 42

    カショの国に遊ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 華胥

    解説

  • 43

    カゼンの和は、一味に取るにあらず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嘉膳

    解説

  • 44

    カツモクして相待つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刮目

    解説

  • 45

    カニは甲羅に似せて穴を掘る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    かめの年をつるがウラヤむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    カワウソ多ければ則ち魚みだる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    カを匿し垢を含む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    カンカを交える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 干戈

    解説

  • 50

    カンシャクダマを踏み潰す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 癇癪玉

    解説

  • 51

    カンタンの夢。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 邯鄲

    解説

  • 52

    カンナン汝を玉にす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 艱難

    解説

  • 53

    カンをオオいて事定まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 棺、蓋

    解説

  • 54

    キコの勢い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 騎虎

    解説

  • 55

    キツツキの子は卵からウナズく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 啄木鳥/頷

    解説

  • 56

    キネで当たり、杓子で当たる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    キビに付す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 驥尾

    解説

  • 58

    キュウジンの功をイッキに虧く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 九仞/一簣

    解説

  • 59

    キュウソ猫を噛む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 窮鼠

    解説

  • 60

    ギョウシュンの子に聖人なし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尭舜

    解説

  • 61

    キヨ相半ばす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毀誉

    解説

  • 62

    麒麟も老いてはドバに劣る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 駑馬

    解説

  • 63

    キンカ一朝の夢。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 槿花

    解説

  • 64

    キンシツ相和す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 琴瑟

    解説

  • 65

    キンルの衣は再び得べし、青春は再び得べからず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 金縷

    解説

  • 66

    クゲにもボロ、馬子にも衣装。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公家/襤褸

    解説

  • 67

    クンシュ山門に入るを許さず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葷酒

    解説

  • 68

    クンユウは器を同じくせず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薫蕕

    解説

  • 69

    ケイコ春秋を知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蟪蛄

    解説

  • 70

    ケサと衣は心に着よ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 袈裟

    解説

  • 71

    ケにも晴れにも歌一首。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    コウガイ死に赴くは易く、従容義に就くは難し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慷慨

    解説

  • 73

    コウサは拙誠にしかず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 巧詐

    解説

  • 74

    コウシツの交わり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膠漆

    解説

  • 75

    コウリョウ一炊の夢。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黄粱

    解説

  • 76

    コウ竜 水を得。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    ココの声をあげる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呱呱

    解説

  • 78

    コショウの丸呑み。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胡椒

    解説

  • 79

    コハクは腐芥を取らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 琥珀

    解説

  • 80

    ゴマメの魚交じり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ?

    解説

  • 81

    コンニャクで石垣を築く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蒟蒻

    解説

  • 82

    コンリョウの袖に隠れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 袞竜

    解説

  • 83

    サイは投げられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    サイロウ路に当たる、安んぞ狐狸を問わん。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 豺狼

    解説

  • 85

    サカネじを食わせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逆捩(捻)

    解説

  • 86

    サギを烏と言いくるめる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    ザンゲには十罪をメッす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 懺悔/滅

    解説

  • 88

    シタゴシラえも味の中。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下拵

    解説

  • 89

    シットは愛の王国の暴君である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嫉妬

    解説

  • 90

    シノギを削る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    シモク大なれど視ること鼠に若かず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鴟目

    解説

  • 92

    シも舌に及ばず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    シャカに説法、孔子に悟道。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 釈迦

    解説

  • 94

    シャショク墟となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社稷

    解説

  • 95

    シャレるには金がいる、じゃれるには暇がいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洒落

    解説

  • 96

    シュウオの心は、義の端なり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羞悪

    解説

  • 97

    シュウチは青春の飾りである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羞恥

    解説

  • 98

    シュクバクを弁ぜず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菽麦

    解説

  • 99

    シュンメを塩車に苦しめ、タイザイを小事に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 駿馬/大材

    解説

  • 100

    ショウチ本来定主無し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勝地

    解説

  • 101

    シラミをたからせている人間は、誰でも痒がっていると思っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    シンイ去り難し家を守る狗の如し、慈心失い易し彼の野鹿の如し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瞋恚

    解説

  • 103

    ジンコウも焚かず屈もひらず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 沈香

    解説

  • 104

    スウジョウに詢る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芻蕘

    解説

  • 105

    セイカ丹田に力を入れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 臍下

    解説

  • 106

    セキカクの屈するは伸びんがため。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尺蠖

    解説

  • 107

    セキトク書疏は千里の面目。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尺牘

    解説

  • 108

    セッキ骨を銷す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積毀

    解説

  • 109

    ソウリン実ちてレイギョ空し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 倉廩/囹圄

    解説

  • 110

    ソウ海変じてソウ田と為る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滄、桑

    解説

  • 111

    ソクインの心は仁の端めなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 惻隠

    解説

  • 112

    ソシをくらい水を飲み肱を曲げて之を枕とす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疏食

    解説

  • 113

    その子乃ちカショクの艱難を知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 稼穡

    解説

  • 114

    タイカの材は一丘の木に非ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大廈

    解説

  • 115

    タカジョウの子は鳩を馴らす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鷹匠

    解説

  • 116

    タデ食う虫も好き好き。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 117

    タンゲイすべからず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 端倪

    解説

  • 118

    チチュが網を張りて鳳鳳を待つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蜘蛛

    解説

  • 119

    チョッカンは一番槍より難し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直諫

    解説

  • 120

    テイヨウ藩に触れて、その角をつなぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羝羊

    解説

  • 121

    テップの急。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 轍鮒

    解説

  • 122

    テンなき森のイタチ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貂/鼬

    解説

  • 123

    トウリは一旦の栄花、松樹は千年のテイボク。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 桃李/貞木

    解説

  • 124

    トウロウ其の臂を怒らして以て車轍に当たる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蟷螂

    解説

  • 125

    トソウの人、何ぞ算うるに足らんや。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斗筲

    解説

  • 126

    トマに寝て土塊を枕とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    ドンシュウの魚シリュウに游がず、コウコク高く飛びオチに集まらず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呑舟/支流/鴻鵠/汚池

    解説

  • 128

    梨のツブテ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛礫

    解説

  • 129

    ナベブタと鼈。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鍋蓋

    解説

  • 130

    ナマコは酢で持ち、人は気で持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海鼠

    解説

  • 131

    ナマリは国の手形。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    ナメクジに塩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蛞蝓

    解説

  • 133

    ニジュ虐を為す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二豎

    解説

  • 134

    ニュウク虎を搏ち、フクケイ狸を搏つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳狗/伏鶏

    解説

  • 135

    ヌカの中で米粒探す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    ネイゲンは忠に似たり、姦言は信に似たり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佞言

    解説

  • 137

    ノウチュウの錐。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嚢中

    解説

  • 138

    ノミシラミ 馬の尿する枕もと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蚤蝨

    解説

  • 139

    鑿といえばツチ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 140

    ハクケイのかけたるは尚磨くべし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白圭

    解説

  • 141

    ハクヘキの微瑕。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白璧

    解説

  • 142

    ハモも一期、海老も一期。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 143

    ハリもルリも照らせば光る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 玻璃/瑠璃

    解説

  • 144

    ヒイキの引き倒し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 贔屓

    解説

  • 145

    ヒスイは羽を以て自ら害なわる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 翡翠

    解説

  • 146

    ヒソみに効う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    ヒッキョウ人間は好く生きる外に好く死ぬ道はありません。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 畢竟

    解説

  • 148

    ヒニクの嘆。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脾肉

    解説

  • 149

    ヒョウタンから駒が出る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瓢箪

    解説

  • 150

    ヒョウフウは朝を終えず、驟雨は日を終えず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飄風

    解説

  • 151

    ビワと焼き魚を一時に食うべからず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 枇杷

    解説

  • 152

    フカを視れば爛尽す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斧柯

    解説

  • 153

    フギョウ天地に愧じず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 俯仰

    解説

  • 154

    フソンにして以て勇と為す者を悪む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不遜

    解説

  • 155

    フヨウは面のごとく、柳は眉のごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芙蓉

    解説

  • 156

    フンケイの交わり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刎頸

    解説

  • 157

    ブンボウも牛羊を走らす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蚊虻

    解説

  • 158

    臍の緒 引きズる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    ベツ人を食わんとして却って人に食わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    ホウロク千に槌一つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 焙(炮)烙

    解説

  • 161

    ホリュウの姿は秋を望んで落ち、松柏の質は霜を経ていよいよ茂る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蒲柳

    解説

  • 162

    ボロを着ても心は錦。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 襤褸

    解説

  • 163

    マかぬ種は生えぬ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蒔、播

    解説

  • 164

    まずキビをくらい、後に桃をくらう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    マナイタの上の鯉。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    メイテイは一時の発狂なり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酩酊

    解説

  • 167

    モッコウにして冠す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 沐猴

    解説

  • 168

    モヌケの殻。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    ヤスリと薬の飲み違い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 170

    やはり野に置けレンゲ草。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蓮華

    解説

  • 171

    窈窕たる淑女はゴビにこれを求む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寤寐

    解説

  • 172

    ヨウランから墓場まで。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 揺籃

    解説

  • 173

    ヨバを仮る者は足労せずして千里を致す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 輿馬

    解説

  • 174

    ヨりを戻す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 175

    ランジャの室に入る者はおのずから香ばし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蘭麝

    解説

  • 176

    リッスイの地無し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立錐

    解説

  • 177

    リュウジョの才。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 柳絮

    解説

  • 178

    リョウコは深く蔵めて虚しきがごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 良賈

    解説

  • 179

    リリョウ頷下の珠。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 驪竜

    解説

  • 180

    リンキ嫉妬も正直の心より起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悋気

    解説

  • 181

    リンゲン汗のごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 綸言

    解説

  • 182

    ロウオウを奉じて焦釜に沃ぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漏甕

    解説

  • 183

    ロウを得てショクを望む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 隴/蜀

    解説

  • 184

    ロクロ首が油を嘗めるよう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 轆轤

    解説

  • 185

    ワシと雀の脛押し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 186

    ワラビのほだで手を切れば骨まで切れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 187

    われ鍋にとじブタ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 188

    愛は結婚のレイメイであり、結婚は愛の日没である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黎明

    解説

  • 189

    悪夢にウナされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 190

    飴をネブらせて口をむしる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    粟ともヒエとも知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 192

    闇夜のツブテ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 礫、飛礫

    解説

  • 193

    医者の薬もサジ加減。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 匙、匕

    解説

  • 194

    磯のアワビの片思い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 195

    一髪センキンを引く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 千鈞

    解説

  • 196

    往事ビョウボウすべて夢に似たり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 渺茫

    解説

  • 197

    下手の横ヤリ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 槍、鑓

    解説

  • 198

    禍福はアザナえる縄の如し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    花中のオウゼツは花ならずして芳し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鶯舌

    解説

  • 200

    過ちては則ち改むるにハバカること勿れ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 201

    過ちを改むるにヤブサかならず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    蚊のマッゲに巣くう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 203

    我が身をツネって人の痛さを知れ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 204

    我に妻子ケンゾクなし、ただ書画あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眷属

    解説

  • 205

    我々の自己ギマンは一たび恋愛に陥ったが最後、最も完全に行われるのである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 欺瞞

    解説

  • 206

    画竜テンセイを欠く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 点睛

    解説

  • 207

    臥榻の側ら、人のカンスイを容れず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼾睡

    解説

  • 208

    駕籠カき駕籠に乗らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    海はスイロウを譲らず、以て其の大を成す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水潦

    解説

  • 210

    海枯れ 石タダる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 211

    凱風南よりして彼のキョクシンを吹く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 棘心

    解説

  • 212

    角をタめて牛を殺す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 213

    寒ブリ・寒鯔・寒鰈。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 214

    勧学院の雀は蒙求をサエズる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 215

    干里 糧をモタラさず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    敢えてキショウせざるは孝の始めなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毀傷

    解説

  • 217

    管を以て天を窺いレイを以て海を測る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 218

    危うきことルイランの如し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 累卵

    解説

  • 219

    既往はトガめず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 220

    機嫌キヅマを取る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気褄

    解説

  • 221

    鬼のカクラン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 霍乱

    解説

  • 222

    議論は真理のフルイである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 223

    牛がイナナき馬が吼える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 224

    虚栄心は人をジョウゼツにし、自尊心は沈黙する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 饒舌

    解説

  • 225

    魚を得てセンを忘る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 226

    共に交わりをショキュウの間に定む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 杵臼

    解説

  • 227

    狂瀾をキトウにかえす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既倒

    解説

  • 228

    玉をテラいて石を賈る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    玉を食らい桂をカシぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 230

    九仞の功をイッキに虧く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一簣

    解説

  • 231

    空き家で声力らす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 232

    空谷のキョウオン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 跫音

    解説

  • 233

    君子はシュウショクの間も仁に違うこと無し。ゾウジにも必ず是に於てし、テンパイにも必ず是に於てす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 終食/造次/顚沛

    解説

  • 234

    兄弟牆にセメげども外其の務りを禦ぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 235

    芸術家は創造しつつある間はケイケンな宗教家である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敬虔

    解説

  • 236

    月にムラクモ花に風。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 叢雲

    解説

  • 237

    倹約とリンショクは水仙と葱。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吝嗇

    解説

  • 238

    狐はわが身をとがめずしてワナを責める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 罠、羂

    解説

  • 239

    虎ウソブきて谷風至る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 240

    五寸の鍵カイコウを制す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開闔

    解説

  • 241

    呉牛 月を見てアエぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 242

    後の祭り、七日ニギやか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 243

    後悔ホゾをかむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    口にミツあり、腹に剣あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 245

    好んで酒を飲むべからず、ビクンにして止むべし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微醺

    解説

  • 246

    考えとソクイは練るほど良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 続飯

    解説

  • 247

    降らず照らず油コボさず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 248

    合羽着てナでても見たき柳かな。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 249

    国大なりとイエドも戦いを好めば必ず亡ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 250

    骨折り損のクタビれ儲け。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 草臥

    解説

  • 251

    細人の人を愛するやコソクを以てす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 姑息

    解説

  • 252

    在りての厭い亡くてのシノび。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 253

    擦ったの、モんだの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 254

    三十輻イッコクを共にす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一轂

    解説

  • 255

    傘とチョウチンは戻らぬつもりで貸せ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 提灯

    解説

  • 256

    山の芋ウナギとならず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 257

    師の拠る所ケイキョク生ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 荊棘

    解説

  • 258

    耳にタコができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胼胝

    解説

  • 259

    自信は成功の第一のヒケツである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秘訣

    解説

  • 260

    自由はサンテンの空気に似ている。どちらも弱い者には堪えることは出来ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山巓

    解説

  • 261

    疾風にケイソウを知る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勁草

    解説

  • 262

    芝居は芝居、ショセン影にすぎない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 所詮

    解説

  • 263

    珠玉のガレキに在るが如し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瓦礫

    解説

  • 264

    酒の一杯は健康のため、三杯はホウジュウのため。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放縦

    解説

  • 265

    秋カマスは嫁に食わすな。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 266

    秋の日はツルベ落とし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 釣瓶

    解説

  • 267

    衆愚のガクガクたるは一賢のイイたるにしかず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 諤諤/唯々

    解説

  • 268

    衆説ロンバクして互いに見る所を執る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論駁

    解説

  • 269

    十把ひとカラげ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 270

    書をタシナむは酒をたしなむがごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 271

    諸君が多弁をロウすればろうするほど人人は記憶しないだろう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 272

    焼け野のキギス夜の鶴。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雉子・雉

    解説

  • 273

    上古はケツジョウして治まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 結縄

    解説

  • 274

    丈夫は玉砕するもセンゼンを恥ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甎全

    解説

  • 275

    常にリョウウンの志あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凌雲

    解説

  • 276

    杖にスガるとも人にすがるな。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 277

    触らぬ神にタタりなし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 278

    心正しければ則ちボウシ瞭らかなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眸子

    解説

  • 279

    新たにモクする者は必ず冠を弾く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 280

    深きフチに臨まざる者は、ボツデキの患いを知ること無し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 淵/没溺

    解説

  • 281

    親父の夜歩き、息子のカンキン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 看経

    解説

  • 282

    身から出たサビ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 283

    辛崎の松は花よりオボロにて。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 284

    人に接すべき態度は温良キョウ倹譲。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 285

    人はみなテツにつまずけども山につまずくことなし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 286

    人は闇をイトい光を愛す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 287

    人間の苦しみの中で、サイギ心という奴が一番苦しいものかな。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 猜疑

    解説

  • 288

    人固より一死あり、或いはコウモウよりも軽し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鴻毛

    解説

  • 289

    人口にカイシャす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膾炙

    解説

  • 290

    人生コンテイ無く、飄として陌上のちりのごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 根蔕

    解説

  • 291

    人生は咲き誇る時は短く、チョウラクの時は長い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凋落

    解説

  • 292

    人生ヘキトウ一個の事あり、立志是れなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 劈頭

    解説

  • 293

    人生必ず一チンの極めて快意なることあり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 椿

    解説

  • 294

    雀 海中に入りてハマグリとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 295

    是非の声は翼無くして飛び、損益の名はスネ無くして走る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 296

    正直と勤勉とを汝の不断のハンリョたらしめよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伴侶

    解説

  • 297

    生けスの鯉。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 298

    聖人は尺のヘキを貴ばずして寸の陰を重んず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 299

    昔操ったキネヅカ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 杵柄

    解説

  • 300

    積善の家には必ず余慶あり。積不善の家には必ずヨオウあり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 余殃

    解説

  • 301

    絶景というはタルサカナありてこそ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 樽肴

    解説

  • 302

    千金のキュウは一狐の腋にあらず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 303

    千金の裘は一狐のエキに非ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腋・掖

    解説

  • 304

    千丈の堤もロウギの穴を以て潰ゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 螻蟻

    解説

  • 305

    千日のカンバツに一日の洪水。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 旱魃

    解説

  • 306

    川淵深くしてギョベツ之に帰す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 魚鼈

    解説

  • 307

    煽てとモッコには乗りたくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 308

    船盗人をカチで追う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徒歩

    解説

  • 309

    倉廩実ちてレイギョ空し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 囹圄

    解説

  • 310

    相手のないケンカはできぬ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喧嘩

    解説

  • 311

    荘周 夢にコチョウとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胡蝶

    解説

  • 312

    他人のセンキを頭痛に病む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疝気・疝

    解説

  • 313

    大ウは寸陰を惜しむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 314

    大カンは忠に似たり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 315

    大功を天下に建つる者は必ず先ずケイモンを内に修む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閨門

    解説

  • 316

    大行はサイキンを顧みず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細謹

    解説

  • 317

    大風が吹けばオケ屋が喜ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 318

    大旱のウンゲイを望むがごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雲霓

    解説

  • 319

    知識は、我々が天にヒショウする翼である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飛翔

    解説

  • 320

    鋳掛け屋のテンビン棒。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天秤

    解説

  • 321

    朝菌はカイサクを知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 晦朔

    解説

  • 322

    朝鳶にミノを着よ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 323

    鳥なき里のコウモリ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蝙蝠

    解説

  • 324

    追う手を防げばカラめ手が回る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 325

    爪で拾ってミで捨てる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 326

    鶴キュウコウに鳴き、声天に聞こゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 九皐

    解説

  • 327

    亭主の好きな赤エボシ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 烏帽子

    解説

  • 328

    泥棒を捕らえて縄をナう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 329

    天にセグクマり地に蹐す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 330

    天網はカイカイとして疎にして失わず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恢恢

    解説

  • 331

    田畑は雑草によって損なわれ、人はドンヨクによって汚される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貪欲

    解説

  • 332

    怒髪 冠をツく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 333

    痘痕もエクボ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 靨、笑窪

    解説

  • 334

    豆腐にカスガイ、糠に釘。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 335

    同じ穴のムジナ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 336

    道なるものはシュユも離るべからざるなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 須臾

    解説

  • 337

    得意の鼻をウゴメかす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 338

    内クルブシは蚊に食われても悪い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 339

    猫のうるめシンシャク。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斟酌

    解説

  • 340

    猫の歯にノミ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 341

    年寄りの言う事と牛のシリガイは外れた事がない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鞦・尻繋

    解説

  • 342

    能書きとチャボの時は当てにならぬ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 矮鶏

    解説

  • 343

    白壁のビカ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微瑕

    解説

  • 344

    筏が永くツツガないのは水と争わないからである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 345

    鳩に三枝の礼あり、烏にハンポの孝あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反哺

    解説

  • 346

    煩悩はボダイの種。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菩提

    解説

  • 347

    尾にヒレを付ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 348

    筆は一本なり、箸は二本なり、シュウカ敵すべからず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衆寡

    解説

  • 349

    病コウコウに入る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膏肓

    解説

  • 350

    富貴はキョウシャを生じ、きょうしゃは淫乱を生ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 驕奢

    解説

  • 351

    普天の下、ソットの浜。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 率土

    解説

  • 352

    風はショウショウとして易水寒し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蕭蕭

    解説

  • 353

    福いはマナジリに盈たず、禍いは世に溢る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眥・睚

    解説

  • 354

    菩提即ネハン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 涅槃

    解説

  • 355

    法螺とラッパは大きく吹け。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喇叭

    解説

  • 356

    飽かぬは君のゴジョウ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 御諚

    解説

  • 357

    奔車の上に仲尼無く、フクシュウの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 覆舟

    解説

  • 358

    幕を引け、ドウケ芝居は終わった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道化

    解説

  • 359

    名をチクハクに垂る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竹帛

    解説

  • 360

    猛火リョウゲンより甚だし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 燎原

    解説

  • 361

    木に付く虫は木をカジり、萱に付く虫は萱をツイバむ。。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 齧/啄

    解説

  • 362

    目の上のコブ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 363

    余所のゴボウで法事する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 牛蒡

    解説

  • 364

    立てばシャクヤク座れば牡丹。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芍薬

    解説

  • 365

    両葉去らずんばフカを用うるに至る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斧柯

    解説

  • 366

    良心を放つユエンのものは、猶フキンの木に於けるがごとし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 所以/斧斤

    解説

  • 367

    良馬はベンエイを見て行く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鞭影

    解説

  • 368

    礼は以て身をカバう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 369

    労働は苦痛に対するタコをつくる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胼胝

    解説

  • 370

    老牛シトクの愛を懐く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舐犢

    解説

  • 371

    老牛トクを舐る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 372

    和をもって貴しとなす、上和らぎて下ムツぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 373

    藁にもスガる思い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縋・攀

    解説

  • 374

    枳棘はランポウの棲む所に非ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鸞鳳

    解説

  • 375

    棘のないバラはあっても、受苦を伴わない享楽はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薔薇

    解説

  • 376

    狡兔死してソウク烹らる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 走狗

    解説

  • 377

    鉤を窃む者はチュウせられ、国を窃む者はショコウとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誅/諸侯

    解説

  • 378

    シモク大なれども視ること鼠に若かず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鴟目

    解説

  • 379

    リリョウ頷下の珠。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 驪竜

    解説

  • 380

    年寄りの言うことと牛のシリガイは外れたことがない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鞦・紂・尻繋

    解説

  • 381

    焼け野のキギス夜の鶴。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雉子・雉

    解説

  • 382

    ロウを得て蜀を望む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 383

    豆腐にカスガイ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 384

    ロクロ首が油を嘗めるよう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 轆轤

    解説

  • 385

    天にセグクマり地に蹐す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 386

    管を以て天を窺いレイを以て海を測る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 387

    カギュウ角上の争い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蝸牛

    解説

  • 388

    アザミの花も一盛り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 389

    タデ食う虫も好き好き。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 390

    スウジョウに詢る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芻蕘

    解説

  • 391

    立てばシャクヤク座れば牡丹。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芍薬

    解説

  • 392

    シトクの愛。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舐犢

    解説

  • 393

    耳にタコができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胼胝

    解説

  • 394

    千金の裘は一狐のエキに非ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腋・掖

    解説

  • 395

    テイヨウ藩に触る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羝羊

    解説

  • 396

    藁にもスガる思い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縋・攀

    解説

  • 397

    心正しければ則ちボウシ瞭らかなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眸子

    解説

  • 398

    福いはマナジリに盈たず、禍いは世に溢る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眥・睚

    解説

  • 399

    他人のセンキを頭痛に病む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疝気・疝

    解説

  • 400

    インカン遠からず、夏后の世に在り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 殷鑑

    解説

  • 401

    キンカ一朝の夢。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 槿花

    解説

  • 402

    凱風南よりして彼のキョクシンを吹く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 棘心

    解説

  • 403

    追う手を防げばカラめ手が回る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 404

    リンキ嫉妬も正直の心より起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 悋気

    解説

  • 405

    ネイゲンは忠に似たり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佞言

    解説

  • 406

    フンケイの交わり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刎頸

    解説

  • 407

    普天の下、ソットの浜。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 率土

    解説

  • 408

    両葉去らずんばフカを用うるに至る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斧柯

    解説

  • 409

    鳩に三枝の礼あり、烏にハンポの孝あり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反哺

    解説

  • 410

    ハクヘキの微瑕。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白璧

    解説

  • 411

    アバタも靨。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痘痕

    解説

  • 412

    トソウの人、何ぞ算うるに足らんや。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斗?

    解説

  • 413

    チチュが網を張りて鳳凰を待つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蜘蛛

    解説

  • 414

    タイカの材は一丘の木に非ず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大廈

    解説

  • 415

    ソウリン実ちて礼節を知る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 倉廩(稟)

    解説

  • 416

    一髪センキンを引く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 千鈞

    解説

  • 417

    セッキ骨を銷す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積毀

    解説

  • 418

    ショウチ本来定主無し。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勝地

    解説

  • 419

    セッカクの屈するは以て信びんことを求むるなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尺蠖

    解説

  • 420

    シャショク墟となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社稷

    解説

  • 421

    飽かぬは君のゴジョウ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 御諚

    解説

  • 422

    クンユウは器を同じくせず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薫蕕

    解説

  • 423

    鶴キュウコウに鳴き、声天に聞こゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 九皐

    解説

  • 424

    川淵深くしてギョベツ之に帰す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 魚鼈

    解説

  • 425

    サカネじを食わせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逆捩(捻)

    解説

  • 426

    大旱のウンゲイを望むがごとし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雲霓

    解説

  • 427

    イッチュウを輸す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一籌

    解説

  • 428

    九仞の功をイッキに虧く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一簣

    解説

  • 429

    イッキに十たび起つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一饋

    解説

  • 430

    イッサンを博す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一粲

    解説

  • 431

    アウンの呼吸。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阿吽

    解説

  • 432

    ルイセツの辱め。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縲絏、縲紲

    解説

  • 433

    ランジャの室に入る者はおのずから香ばし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蘭麝

    解説

  • 434

    法螺とラッパは大きく吹け。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喇叭

    解説

  • 435

    ヤスリと薬の飲み違い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 436

    カンカを交える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 干戈

    解説

  • 437

    ホウロク千に槌一つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 焙烙

    解説

  • 438

    ?テイワの内、蛟竜を生ぜず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蹄窪

    解説

  • 439

    鳩に三枝の礼あり、烏にハンポの孝あり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反哺

    解説

  • 440

    ナメクジに塩。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蛞蝓

    解説

  • 441

    泥棒を捕らえて縄をナう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 442

    チクハクに著す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竹帛

    解説

  • 443

    藜羹を食らう者はタイロウの滋味を知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大牢、太牢

    解説

  • 444

    テイヨウ藩に触れて、その角をつなぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 羝羊

    解説

  • 445

    ソクインの心は仁の端なり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 惻隠

    解説

  • 446

    我が身をツネって人の痛さを知れ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 447

    民を貴しと為し,シャショク之に次ぐ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社稷

    解説

  • 448

    イツボウの争い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鷸蚌

    解説

  • 449

    シも舌に及ばず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 450

    空谷のキョウオン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 跫音

    解説

  • 451

    千丈の堤もロウギの穴を以て潰ゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 螻蟻

    解説

  • 452

    朝菌は晦朔を知らず、ケイコは春秋を知らず。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ?蛄

    解説

  • 453

    鬼のカクラン。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 霍乱

    解説

  • 454

    五寸の鍵カイコウを制す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開闔

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ