zuknow learn together

新しい教材を作成

【体験版】ガチトレ 英語スピーキング徹底トレーニング【Part.3】

公認 カード 10枚 作成者: ベレ出版 (作成日: 2015/08/12)

  • 今、彼女の2つ目の質問に答える
    【英語での順番】
    答える・彼女の2つ目の質問に・今

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

公式コンテンツ「【Part.2】ガチトレ 英語スピーキング徹底トレーニング」の体験版です。

【本コンテンツのご紹介】

英語が嫌いという方の多くは「英語の文法が複雑で覚えられない」ということを口にします。しかし、英語は全く複雑な言語ではありません。なぜなら、『英語とはシンプルな足し算』だからです。
確かに、私たちが中学や高校で学ぶ英語というのは、本当に複雑です。アルファベットと、いくつかの英単語しか知らない中学1年生の最初から、いきなりbe動詞の文を学び、すぐに一般動詞の文を学びます。そして、それらの違いすらしっかり理解できていないうちに、どんどん授業は進みます。これでは、中学1年生の時点ですでに「英語が苦手」と感じてしまう生徒がたくさん出てしまうのも無理はありません。
では、どのように学べば良いのでしょう?その答えは、「『文』ではなく『単語』や『フレーズ』から学ぶ」、です。英語とは、『基礎となるフレーズ』に『新しい単語』『新しいフレーズ』を足していくことで、『文』にする単純な言語です。例えば、 “play soccer(サッカーをする)” というフレーズ。このフレーズが複雑すぎてわからないという方は、ほとんどいないはずですが、これを『基礎となるフレーズ』として、『新しい単語』『新しいフレーズ』をどんどん足していきますと・・・

play soccer  →
play soccer with John →
I play soccer with John. →
I want to play soccer with John. →
I wanted to play soccer with John yesterday. →
I wanted to play soccer with John yesterday, but he was really busy.

どうですか? “play soccer” から始まって、最終的には、けっこうレベルの高い表現まで到達していますよね?これが私の言う『英語とはシンプルな足し算』なのです! そして、このような練習をたくさん行ない、英語の単純さに気づくのを目的としているのが、こちらの暗記帳となっております。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    今、彼女の2つ目の質問に答える 【英語での順番】 答える・彼女の2つ目の質問に・今

    補足(例文と訳など)

    答え

    • answer her second question now

    解説

    ・副詞(動詞を修飾する)は最後に足す

  • 2

    これらの本を、私たちの教科書として読む 【英語での順番】 読む・これらの本を・私たちの教科書として

    補足(例文と訳など)

    答え

    • read these books as our textbooks

    解説

    ・as = ~として

  • 3

    この町に高い建物はなかった。 【英語での順番】 なかった・高い建物は・この町に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • There was no tall building in this town.

    解説

    ・There was no~. = ~はなかった。  ~いなかった。 ・in = ~国・県・州・市・村・町・地域の・に・で

  • 4

    8月に選挙がある。 【英語での順番】 ある・選挙が・8月に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • There is an election in August.

    解説

    ・There is ~. = ~がある。  ~がいる。 (単数形・不可算名詞) ・in = ~月に・で

  • 5

    昨晩、私の弟の携帯電話を探した 【英語での順番】 探した・私の弟の携帯電話を・昨晩

    補足(例文と訳など)

    答え

    • looked for my brother's cell phone last night

    解説

    ・look for ~ = 〜を探す

  • 6

    彼らは毎年北海道に行く。 【英語での順番】 彼らは行く・北海道に・毎年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • They go to Hokkaido every year.

    解説

    ・They = 彼らは・が、 彼女らは・が、 それらは・が ・I, You, We, They の現在形の文 = 動詞は原形を使う ・to = ~へ・に・まで 【人・場所】

  • 7

    私たちは、あなたの先生たちとは違う。 【英語での順番】 私たちは違う・あなたの先生たちとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • We are different from your teachers.

    解説

    ・We の be 動詞 (現在形) = are ・be different from ~ = ~とは違う

  • 8

    彼女は、日本の芸術に興味があった。 【英語での順番】 彼女は、興味があった・日本の芸術に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • She was interested in Japanese art.

    解説

    ・She の be 動詞 (過去形) = was ・be interested in ~ = ~に興味がある

  • 9

    彼女はフランスに行きたい。 しかし、彼女の彼氏はドイツに行きたい。 【英語での順番】 彼女は行きたい・フランスに 【しかし】彼女の彼氏は行きたい・ドイツに

    補足(例文と訳など)

    答え

    • She wants to go to France, but her boyfriend wants to go to Germany.

    解説

    ・but = だけど、 しかし (接続詞) ・to = ~へ・に・まで 【人・場所】

  • 10

    私は図書館で前に働いたことがある。 そして、私はとても難しいと思った。 【英語での順番】 私は働いたことがある・図書館で・前に 【そして】私は思った・とても難しいと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I have worked at a library before, and I thought it was really difficult.

    解説

    ・have + 過去分詞 = ~したことがある ・before = 以前・前に・今まで ・at = ~で・に 【地点・場所】 ・『時制の一致』のため、たとえ現在も「図書館で働くのは難しい」と 私が思っていても、

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ