zuknow learn together

新しい教材を作成

中毒と解毒剤(薬剤師国家試験対策)

カード 16枚 作成者: ヒバリング (作成日: 2015/06/25)

  • 次の中毒物質の解毒剤選べ
    有機リン系殺虫剤

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

代表的な中毒原因物質の中毒症状、作用器官、解毒処理法について学ぶ。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    次の中毒物質の解毒剤選べ 有機リン系殺虫剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2-PAM

    解説

    有機リン系とコリンエステラーゼのリン酸エステル結合を切る。 別名プラリドキシムヨウ化物

  • 2

    次の中毒物質の解毒剤選べ カルバメート系殺虫剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アトロピン

    解説

    アトロピンは過剰のアセチルコリンに拮抗するのでコリンエステラーゼ阻害作用を有する物質に有効である。

  • 3

    次の中毒物質の解毒剤選べ 有機リン系殺虫剤

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アトロピン

    解説

    アトロピンは過剰のアセチルコリンに拮抗するのでコリンエステラーゼ阻害作用を有する物質に有効である。

  • 4

    次の中毒物質の解毒剤選べ シアン化物イオン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チオ硫酸ナトリウム・亜硝酸ナトリウム・亜硝酸アミル・ヒドロキソコバラミン酢酸塩

    解説

    ・チオ硫酸ナトリウムはシアン化物イオンを低毒性のチオシアン酸イオンに変換する。・亜硝酸ナトリウム、亜硝酸アミルは、ヘモグロビンを酸化してメトヘモグロビンに変える。・ヒドロキソコバラミン酢酸塩は、シトクロムcオキシダーゼに結合している試案をしアノコバラミンとし、毒性を軽減させる。

  • 5

    次の中毒物質の解毒剤選べ 重金属(鉛、カドニウムなど)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エデト酸カルシウム二ナトリウム(EDTA)

    解説

    EDTAと金属が可溶性キレート(錯体)を作る。

  • 6

    次の中毒物質の解毒剤選べ ヒ素、水銀、鉛など

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジメルカプロール

    解説

    ジメルカプロールの2つのSH基とヒ素や水銀などが可溶性キレートを生成する。

  • 7

    次の中毒物質の解毒剤選べ 銅(Wilson病)、塩基性硫酸銅(殺菌作用を有する農薬)、鉛、水銀

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペニシラミン

    解説

    ペニシラミンは、重金属と安定な可溶性キレートを形成する。

  • 8

    次の中毒物質の解毒剤選べ 鉄

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デフェロキサミンメシル酸塩

    解説

    デフェロキサミンメシル酸塩は、EDTAに比べて、3価の鉄とより安定度の高い可溶性キレートを形成する。

  • 9

    次の中毒物質の解毒剤選べ 硫酸タリウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プルシアンブルー

    解説

    タリウムと結合して腸管での吸収を抑制し、排泄を促進する。

  • 10

    次の中毒物質の解毒剤選べ アセトアミノフェン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • N-アセチルシステイン

    解説

    グルタチオンの前駆体でタンパク質結合性活性代謝物のグルタチオン抱合を促進して解毒する。

  • 11

    次の中毒物質の解毒剤選べ メタノール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エタノール

    解説

    症状の原因となるギ酸の生成を阻害するため、アルコール脱水素酵素、アルデヒド脱水素酵素に対して、より親和性が高いエタノールを投与する。

  • 12

    次の中毒物質の解毒剤選べ 化学物質(アニリンなど)によるメトヘモグロビン血症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メチレンブルー

    解説

    メチレンブルーによって、メトヘモグロビンをヘモグロビンに変換(還元)する。

  • 13

    次の中毒物質の解毒剤選べ モルヒネ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナロキソン

    解説

    オピオイドμ受容体遮断作用により、競合的に拮抗する。

  • 14

    次の中毒物質の解毒剤選べ 三環形抗うつ薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィゾスチグミン

    解説

    抗コリン薬の中枢作用や末梢神経作用に拮抗する。

  • 15

    次の中毒物質の解毒剤選べ ベンゾジアゼピン系薬物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フルマゼニル

    解説

    ベンゾジアゼピン受容体に競合的に拮抗する。

  • 16

    次の中毒物質の解毒剤選べ 覚せい剤など

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジアゼパム

    解説

    ベンゾジアゼピン受容体に結合する。

56762

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ