zuknow learn together

新しい教材を作成

「進撃の巨人」用語集

カード 25枚 作成者: ひろむん (作成日: 2014/01/17)

  • エレン・イェーガー

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

どんどん衝撃の展開が繰り広げられる大人気コミック進撃の巨人。
遅れて入っていく人のために、超基本的な人物や用語の単語帳をつくってみました。
※ネタバレする内容は省いてます。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    エレン・イェーガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「エレン・イェーガー」とは「進撃の巨人」における主人公である。ウォール・マリア南端に位置するシガンシナ区出身の男性。黒髪でキリっとした眉が特徴。845年にウォール・マリア陥落の際にもシガンシナ区におり、その際に母親のカルラを亡くしてしまう。その後12歳になるまで開拓地にて開拓作業を行う。12歳になると訓練兵団へと幼馴染のミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルトと共に入団。第104期生の中で5位という優秀な成績で卒業し、自ら志望して調査兵団へと配属された。性格としては気が強く、特に巨人に対しての憎しみが非常に強い。母親が巨人に食べられてしまった際には「駆逐してやる・・・この世から・・・ 一匹・・・残らず!!」と発言している。また、幼馴染のミカサ・アッカーマンとは同じ身長170cmであるが体重はミカサの方が重い。

    解説

  • 2

    ミカサ・アッカーマン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主人公であるエレン・イェーガーと幼馴染であり、ウォール・マリア南端のシガンシナ区出身。作品中では大変貴重な東洋人種のハーフ(母親が東洋人種)であり黒髪に黒い瞳が特徴。また、身体能力が非常に高く第104期訓練兵団を主席で卒業し、巨人との戦いにおいても凡百の兵士100人分の働きをしていると評される。そうした身体能力を支える筋肉も多く、幼馴染でもあるエレンと身長は同じでありながらエレンよりも体重が重い。

    解説

  • 3

    ライナー・ブラウン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大柄な体格の少年。身長185cm。体重95kg。誕生日は8月1日。第104期訓練兵団を次席で卒業。

    解説

  • 4

    アニ・レオンハート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「アニ・レオンハート」とは「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。主人公のエレン・イェーガーやミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルトなどと同じく第104期訓練兵団の兵士。訓練兵団では優秀な成績を収め、全体4位の成績で卒業した。寡黙ながら格闘技が得意でアニよりも大きなライナー・ブラウンを投げ飛ばすなどをしていた。卒業後は自らの希望により憲兵団へと配属される。

    解説

  • 5

    ミーナ・カロライナ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ミーナ・カロライナ」とは「進撃の巨人」における登場人物である。黒髪のおさげが特徴的な女性で、第104期訓練兵団の卒業生。訓練兵団において成績は10位以内には入っておらず、トロスト区攻防戦において巨人と衝突し戦死してしまう。物語の初期に戦死してしまうため詳細な情報はないが、その容姿や発言などから一部の進撃の巨人ファンの間では人気がある。

    解説

  • 6

    マルコ・ボット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「マルコ・ボット」とは「進撃の巨人」に登場する男性である。出身はウォール・ローゼ南区ジナエ町。黒髪にそばかすを携えてた顔をしており、身長178cm、体重70kgという体格。第104期訓練兵団の1人で7位の成績で修了した。その後憲兵兵団への配属を希望していたが、その前にトロスト区奪還戦において戦死してしまった。但しどのようにして戦死をしたかの詳細は描写されておらず、不明。

    解説

  • 7

    ジャン・キルシュタイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 険のある顔つきの少年。身長175cm。体重65kg。誕生日は4月7日。ウォール・ローゼ南端のトロスト区出身。第104期訓練兵団を6番で卒業。

    解説

  • 8

    クリスタ・レンズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「クリスタ・レンズ」とは「進撃の巨人」における登場人物である。目が大きく金髪ブロンドの姿や献身的な性格から作品中では「天使」や「女神」と評される。第104期訓練兵団では10位の成績を収めており、その後自らの志願により調査兵団へと配属された。同期のサシャ・ブラウスが食事抜きでランニングをさせられた時には自らの食事を分け与えたり、ライナー・ブラウンがケガをした際には自らのスカートを破り包帯代わりにするなど仲間に対して献身的な行動を積極的に行う。そのためライナー・ブラウンは「(結婚しよ)」と心の中で思うなど同期からの人気が高い。また、物語が進むにつれて本名が「ヒストリア・レイス」であることを告白し、巨人の秘密に関して知る重要な人物であることが判明しつつある。

    解説

  • 9

    サシャ・ブラウス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「サシャ・ブラウス」とは「進撃の巨人」の登場人物である。食べ物に目がなく、野生味あふれる女性。第104期訓練兵団を9位の成績で卒業し、調査兵団へと配属された。身長168cm、体重55kgと女性にしては身長も高い方である。ウォール・ローゼ南区のダウパー村の出身であり狩猟を生業として過ごしていた。そのためか動物的な勘に冴えており、女型の巨人がピンチの時に放った叫び声から危険を察知するなどしている。但し、訓練兵団での入団式の際には盗んだふかし芋を一人食べているなど食べ物が目の前にあると衝動を抑えきれない性格。そうした性格からか他の兵士にもいじられることが多く、他の人物達が騒いでいた音をミカサ・アッカーマンに「サシャの放屁です」と言われたこともある。

    解説

  • 10

    アルミン・アルレルト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「アルミン・アルレルト」とは「進撃の巨人」における主要人物の1人である。エレン・イェーガーとミカサ・アッカーマンと幼馴染であり、知性に優れた人物。物語の重要な分岐点などにおいてその知識やひらめきを持ってピンチを切り開いている。生い立ちとしては845年までエレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマンと同じシガンシナ区に住んでおりいじめっ子にいじめられている場合でも自らの信念を曲げない強い精神を持っていた。845年にウォール・マリア陥落に伴い開拓地へと赴き、12歳までその場で過ごした。12歳になると第104期訓練兵団にエレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマンと共に入団した。その際に教官から「アルミン・アルレルト」という名前についてなじられてしまう。その後調査兵団へと配属となり、他の兵と共に壁の外の調査を行う任務に就いた。体力面では秀でたものはないが、座学や頭の回転などは作品中でもトップレベル。周囲からはアルレルトではなくアルミンと呼ばれることが多い。また、原作の中でゲスな表情で笑みを浮かべるシーンがあったことからファンの間ではゲスミンと呼ばれることもある。

    解説

  • 11

    ベルトルト・フーバー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ベルなんとかさん」とは進撃の巨人におけるベルトルト・フーバーの愛称である。ベルトルト・フーバーは長い名前であり覚えにくいこと、他のメンバーと比較してあまり目立たないキャラクターであることから本名を覚えられずベルなんとかさんで処理されてしまうことがある。これをネタとして定常化したものが現在愛称として利用されている。他にはベルベルト・フレーバーやベルベルルなど誤って覚えられてしまった名前が用いられることがある。但し104期調査兵団では3番目の成績で卒業をしており、ライナー・ブラウンやエレン・イエーガーなどよりも成績は優秀である。

    解説

  • 12

    コニー・スプリンガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 坊主頭が特徴の小柄な少年。身長158cm。体重58kg。誕生日は5月2日。ウォール・ローゼ南区ラガコ村出身。第104期訓練兵団を8番で卒業。

    解説

  • 13

    リヴァイ兵長

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 調査兵団の兵士長。身長160cm。体重65kg。誕生日は12月25日。小柄だが、「人類最強の兵士」と呼ばれ、民衆は1人で一個旅団相当(約4000人)の戦力があるとも噂している。

    解説

  • 14

    エルヴィン・スミス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 調査兵団第13代団長。身長188cm。体重92kg。誕生日は10月14日。

    解説

  • 15

    寄行種

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「奇行種」とは通常とは異なる種のことである。元ネタはマンガ「進撃の巨人」における巨人の種類。同作品に登場する通常の巨人は人間を標的として向い襲ってくる。しかし中にはそのような一般的な巨人とは別な行動をとるような巨人も存在しており、それらについて一般の巨人と区別をするために奇行種と呼ばれている。明確な定義は2013年6月時点では無く、通常の巨人が行わないことをすることが奇行種であるとされている。例えば通常の巨人よりも素早く走ってくるなどが特徴として挙げられる。

    解説

  • 16

    壁上固定砲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立体機動装置登場以前の対巨人主力兵器であったが、機動力に欠け、地上戦での運用は困難を極めた。その代わり固定砲が壁に配備され、防衛用の改良が施された。

    解説

  • 17

    超硬質スチール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強靭さとしなやかさを兼ね揃えた鋼材で、高炉や複数のレアメタルが必要となり、精錬と鍛造は工場都市でしか行えない。巨人の肉質を斬裂出来る。

    解説

  • 18

    立体機動装置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立体機動を可能にする為に、全身に張り巡らされた装置。立体的で高速な機動が目的である装備は、徹底して軽量化の限りを尽くされている。

    解説

  • 19

    訓練兵団

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「駐屯兵団」「調査兵団」「憲兵団」に配属される前に訓練兵として所属する兵団。実技と座学で力を学ぶ。

    解説

  • 20

    駐屯兵団

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 壁の強化に努め各街を守ることが主な業務としている兵団。戦時には、最前線で命を懸ける。

    解説

  • 21

    超大型巨人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知性を兼ね揃えた、大型巨人。50mを超す巨体を有する。

    解説

  • 22

    鎧の巨人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シガンシナ区を襲った巨人。兵士たちが携行する刀すら弾く、非常に硬い体表を持つ。

    解説

  • 23

    巨人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間を捕食する存在。知能は低く、人を食べる以外の生態はあまり知られていない。体長は、一般に3m~15mとされている。

    解説

  • 24

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人類の生息する全域を取り囲み、巨人の侵攻を防ぐ巨大な壁。高さ50メートル・厚さ10メートルほど(アニメ版最終話の「現在公開可能な情報」によると、少なくとも地下8メートルにも壁が存在する模様)。この内ウォール・マリアの総延長は3200キロメートルにおよぶ[9]。普段から補強作業が続けられることで、より強固なものとなっている。王城と首都がある最も内側の壁「ウォール・シーナ」を中心に全体で3層の構造となっており、770年代には72万平方kmの範囲内に50万人の人々が暮らしていた[9]。845年の巨人侵攻により一番外側の「ウォール・マリア」が放棄され、現在人類の活動領域は2番目の壁である「ウォール・ローゼ」まで後退している。

    解説

  • 25

    剣(スナップブレード)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 立体機動装置の操作装置を兼ねる二対の「柄」型機器、そこに刀身が装着された状態のもの。

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ