zuknow learn together

新しい教材を作成

古文単語

カード 27枚 作成者: Lydia (作成日: 2015/06/18)

  • わびし
    (侘し)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

リディア的古文単語ブラックリスト。
この顔を 見たら即座に 110番!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    わびし (侘し)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • つらい、苦しい 寂しい、心細い みすぼらしい

    解説

  • 2

    ゆゆし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おそれ多い ふきつだ 素晴らしい はなはだしい

    解説

  • 3

    らうがはし (乱がはし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乱雑だ、むさくるしい 騒がしい、やかましい

    解説

  • 4

    ひがごと (癖事)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間違い、誤り 道理に外れたこと、悪事

    解説

  • 5

    つま (端)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物のはし、ふち。 軒先、軒端。 手がかり、糸口、きっかけ。

    解説

  • 6

    うちつけなり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 突然だ、出し抜けだ。 露骨だ、ぶしつけだ。 軽々しい、軽率だ。

    解説

  • 7

    なめげなり (無礼げなり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無礼だ

    解説

  • 8

    をこがまし (痴がまし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 愚かしい、ばからしい。 差し出がましい。

    解説

  • 9

    すまふ (争ふ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 張り合う、抵抗する。 辞退する、ことわる。

    解説

  • 10

    しどけなし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無造作だ、しまりがない 打ち解けていて気楽な様子だ 順序や秩序などが整わない

    解説

  • 11

    はかなき御なやみと見ゆれども、かぎりのたびにもおはしますらむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大したことがないご病気と見えるけれども、最期のたびきにでもいらっしゃったのだろうか。

    解説

  • 12

    知らぬわざしてまろも困じにたり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慣れないことをして、わたしも疲れた。

    解説

  • 13

    「かの君は、いふかひなくなりたまひぬるものを」と聞こゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「あのお方は亡くなりなさったと言うのに」と申し上げた。

    解説

  • 14

    舟の中にや老いをばやすいこつらむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 船の中で、どうして老いたことに不平を言うのだろう?

    解説

  • 15

    かつあらはるるをも顧みず、口にまかせて言ひ散らすは、やがてうきたることと聞こゆ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すぐに世間に知られることを顧みず、でまかせを言うと、すぐに根拠のないことだとわかる。

    解説

  • 16

    うたて、なにしに、さ申しつらむ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嫌なことに、どうして、そう申し上げましょうか。 (いや、申し上げない)

    解説

  • 17

    行きずりの人の宣はむことをたのむこそをこなれ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 通りすがりの人が言うことを信頼するのは馬鹿だ。

    解説

  • 18

    さればよ。思し疑ふことこそありけれ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • やっぱりね。 怪しいと思った通りだわ。

    解説

  • 19

    屏風・障子などの、絵も文字もかたくななる筆様して書きたるが、みにくきよりも、宿の主のつたなくおぼゆるなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 屏風・障子などの、絵も文字も風流ではない筆跡で書いたが、みっともないよりも、宿の主が下品に思えるのである、

    解説

  • 20

    「何とまれ、言へかし」とのたまふを、人々もおよすげて見奉る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「どんなことであっても、行ってみなさい。」とおっしゃるのを、人々も大人びて見申し上げる。、

    解説

  • 21

    雷の鳴り閃く様さらに言はむ方なくて、落ちかかりぬるとおぼゆるに、ある限りさかしき人なし。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雷が鳴り光る様子はとても恐ろしく、近くに落ちたのかもと思うときに、その場にいる人が皆気がしっかりしている人はいなかった。

    解説

  • 22

    かしこき仰せ言をたびたびうけたまはりながら、みづからはえなん思ひ給へ立つまじき。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 畏れ多いご命令をお受けしながら、自分は容易に決心し申し上げできそうもなかった。

    解説

  • 23

    すみける男、夜深く来ては、まだ暁に帰りなどす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交際している男は、夜更けにやって来て、まだ明け方に帰る。

    解説

  • 24

    この人は、思ふをも、思はぬものを、けぢめ見せぬ心なむありける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この人は、好き嫌いの区別を見せない思いやりがある。

    解説

  • 25

    御子は、われにもあらぬ気色にて、肝消える給へり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子どもは、呆然とした様子で、非常に驚きなさる。

    解説

  • 26

    女なりともなほ寝所などはしたためてあるべきなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 女と言えども、やはり寝所などは用意してあるべきだ。

    解説

  • 27

    皇胤なれど、姓たまはりて、ただ人にて仕へて、位につきたる例やある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皇胤でも、姓名をいただいて、臣下に仕えて位についた例さえある。

    解説

56600

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ