zuknow learn together

新しい教材を作成

AT H26 応用(51~100)

カード 250枚 作成者: AT KnowHow Master (作成日: 2015/06/16)

  • 足底挿板について、主な役割は、足部アーチによる衝撃緩衝作用の補助である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    足底挿板について、主な役割は、足部アーチによる衝撃緩衝作用の補助である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    足底挿板について、素材は、アライメントを矯正するために極力硬いものを使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    足底挿板について、内側ヒールウェッジでは踵骨外反に、外側ヒールウェッジでは踵骨内反に修正できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    足底挿板について、作製方法は、石膏ギプスで足型を採型する方法と各チップを組み合わせる方法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    足底挿板について、足部アライメントは補正できるが、動的アライメントには影響しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    検査・測定と評価の手順の方法の一つに HOPS がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    History(問診)では外傷・障害部位の局所的情報について収集する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 8

    Observation(視診)では外傷・障害部位の局所的観察と動作の観察も行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    Palpation(触診)では腫脹、熱感、圧痛点などを評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    Special test(スペシャルテスト)によって外傷・障害の確定診断ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 11

    止血法について、直接圧迫法は直接患部に清潔な布やガーゼをあて、手で強く圧迫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    止血法について、間接圧迫法は外出血に対して最初に実施する止血法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    止血法について、直接圧迫法で止血されにくい損傷に対しては、出血部位より近位の動脈を圧迫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    止血法について、骨折を伴う出血でも創部の圧迫は強く行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    止血法について、止血帯法を用いての長時間の搬送を行う場合、途中て緩まないよう締め続けて固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 16

    ウォーミングアップの必要要素について、神経系を刺激する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    ウォーミングアップの必要要素について、動作(パフォーマンス)の確認

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    ウォーミングアップの必要要素について、体温(筋温)の上昇

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    ウォーミングアップの必要要素について、筋肉に刺激を与える

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    ウォーミングアップの必要要素について、筋肉の粘性を高める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 21

    アスレティックリハビリテーションについて、到達目標として、競技種目の変更等も考慮する場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    アスレティックリハビリテーションについて、医師とアスレティックトレーナーにより進行する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    アスレティックリハビリテーションについて、プログラムはアスレティックトレーナーが作成し、決定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 24

    アスレティックリハビリテーションについて、進行に応じて、リスク管理の内容も変更していく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    アスレティックリハビリテーションについて、スポーツ復帰はアスレティックトレーナーの判断によって許可をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    エンデュランストレーニングは、最大酸素摂取量や有酸素作業閾値を改善することがね らいとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    ストレッチングをサーキット形式で行う時には、スタティックストレッチとダイナミッ クストレッチを組み合わせて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    自転車エルゴメーターを一定時間全力でこぐペダリングトレーニングでは、100m 走を想 定するときには 30 秒から 50 秒程度が効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 29

    コーディネーション能力が高まることで、スポーツパフォーマンスは改善するが傷害予 防は期待できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 30

    スポーツ種目やポジションが異なれば、求められるスプリント能力やエンデュランス能 力は異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    機能評価に基づく目標設定とプログラミングについて、フィジカル能力の階層性には技術的要素、心理学的要素も含む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    機能評価に基づく目標設定とプログラミングについて、動的アライメントの評価を正確にできれば基本的検査・測定は省略できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    機能評価に基づく目標設定とプログラミングについて、フィールドテストでは環境により測定条件や手順を変更して対応する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 34

    機能評価に基づく目標設定とプログラミングについて、直接的、間接的対策を並行して考える必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    機能評価に基づく目標設定とプログラミングについて、育成年代では、体力的側面を重視したプログラミングを重点的に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 36

    筋収縮様式の特異性について、パワーは筋収縮時に発揮された力と速度の積で表される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    筋収縮様式の特異性について、短時間の全力運動における筋出力と収縮速度は正比例の関係にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 38

    筋収縮様式を大別すると等尺性収縮、短縮性収縮、伸張性収縮の 3 つに分類できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    筋収縮様式の特異性について、短縮性収縮と比べて伸張性収縮の筋出力がより大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    筋収縮様式の特異性について、走る、跳ぶなどの運動では、膝関節の低速域での筋力トレーニングが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 41

    スポーツ現場における救急体制の実際について、日本陸上競技連盟が主催する主要競技大会では、スリーステーション制による救護・サ ポート体制を実施している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    スポーツ現場における救急体制の実際について、ラグビーの試合中に負傷者が出た場合、レフリーの許可を得ないと競技区域内には入れ ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 43

    スポーツ現場における救急体制の実際について、陸上競技では、救護活動であっても競技中の選手に接触すれば失格となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    スポーツ現場における救急体制の実際について、陸上競技では重大な外傷が発生しにくいため、固定法や運搬法に対する準備はしなくて もよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    スポーツ現場における救急体制の実際について、体操競技では、トレーナーは処置のために選手を自由に競技区域外へ連れ出すことがてきる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    筋線維の収縮様式について、等尺性収縮における最大筋力発揮は静的最大筋力と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    筋線維の収縮様式について、等尺性収縮のメリットは、スポーツ種目の動きに応じたトレーニングを実施できること である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    筋線維の収縮様式について、等張性収縮は短縮性収縮と伸張性収縮に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    筋線維の収縮様式について、筋がいったん短縮し、その後に伸張する現象を一般的に stretch-shortening cycle(SSC) という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 50

    筋線維の収縮様式について、等速性収縮のメリットは、どの角度においても自発的に最大収縮を行なうことができる ことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    事故発生時のフローチャート作成時、救急車要請の担当者 は確認すべき事項である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    事故発生時のフローチャート作成時、医師帯同の有無 は確認すべき事項である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    事故発生時のフローチャート作成時、大会運営役員と医師、トレーナーの連携方法 は確認すべき事項である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    事故発生時のフローチャート作成時、競技区域内に進入するための規則 は確認すべき事項である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    事故発生時のフローチャート作成時、参加チーム代表者名 は確認すべき事項である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    パワーハラスメントとは、職権などを背景に本来の業務の範疇を超えて、継続的に人の人格と尊厳を侵害する言動を行い、就業者の働く環境を悪化させることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    ハラスメントについて、アスレティックトレーナーは業務上、自身がハラスメントを受けた際相談することは禁止されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 58

    行為者が意図するか否かを問わず、相手方にとって不快な性的言動として受け止められる行為をセクシャルハラスメントという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    アルコール類の多量摂取の強要など対人関係の問題や、状態に陥った者が行う各種迷惑行為をアカデミックハラスメントという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    ハラスメントについて、スポーツ界においてハラスメントは一部許されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    柔軟性テストについて、ハムストリングスのテストには、股関節・膝関節屈曲位から膝関節のみを伸展させてその角度を測定する方法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    柔軟性テストについて、立位体前屈は、文部科学省新体力テストの項目である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 63

    柔軟性テストについて、踵殿間距離は、大腿四頭筋の柔軟性が関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    柔軟性テストについて、仰臥位で肩後部が床面につけられない場合には、小胸筋の短縮が疑われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    柔軟性テストについて、大腿筋膜張筋のテストでは、股関節屈曲位を保持して股関節を内転させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    バスケットボールの外傷発生について、急性外傷で最も多く発生するのは膝前十字靭帯損傷である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    バスケットボールの外傷発生について、足関節内反捻挫は knee-out & toe-in のダイナミックアライメントで発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    バスケットボールの外傷発生について、サイドステップでは軸足が knee-in & toe-out のマルアライメントを呈しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    バスケットボールの外傷発生について、ツイスティングでは過度の小趾球荷重を行うと knee-in & toe-out のマルアライメントを呈しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 70

    バスケットボールの外傷発生について、体力の低いものやスキルが未熟な者は、突発的なアクシデントによる受傷が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    死戦期呼吸が認められた 場合、心肺蘇生法を中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 72

    医師や救急隊などに引き継いだ 場合、心肺蘇生法を中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    倒れている人に感染症が疑われる 場合、心肺蘇生法を中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    自動体外除細動器(AED)による除細動を 3 回行った 場合、心肺蘇生法を中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 75

    救助者自身の生命に危険が及んだ 場合、心肺蘇生法を中止してよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    パワークリーンの方法について、床から肩まで素早く力強くバーベルを引き上げる動作である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    パワークリーンの方法について、開始姿勢において、足首の柔軟性が乏しい場合はつま先をやや外に向ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    パワークリーンの方法について、セカンドプルにおいて、上体が垂直になる前に膝と足関節を伸展・底屈させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    パワークリーンの方法について、挙上に失敗した時、実施者はバーベルを後方に手放し、前方に逃げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 80

    パワークリーンの方法について、ファーストプルでは、床と上体との角度を保持したまま膝を伸展させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の病態について、非接触型損傷は、片脚着地時に膝外反を生じた際などに受傷する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 82

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の病態について、ACL は関節包外靭帯なので、損傷による関節血症は認められない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 83

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の病態について、骨挫傷を認めることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 84

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の病態について、スポーツ活動中に生じる特徴的な所見として、反張膝がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 85

    膝前十字靭帯(ACL)損傷の病態について、脛骨前方動揺性だけでなく、前外側回旋不安定性がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    アスレティックトレーナーが実施できる救急処置の範囲について、医療行為も行える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 87

    アスレティックトレーナーが実施できる救急処置の範囲について、医師などに引継ぐまでの救命手当、応急手当にとどめる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    アスレティックトレーナーが実施できる救急処置の範囲について、自動体外除細動器(AED)は使用できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 89

    アスレティックトレーナーが実施できる救急処置の範囲について、非常時には投薬をしてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 90

    アスレティックトレーナーが実施できる救急処置の範囲について、2次救命処置は高度な医療資材を用いてトレーナーが行う処置のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 91

    腰部疾患のアスリハについて、コンタクトスポーツでは、自身の体幹コントロールのみでなく、他のプレーヤーからの コンタクトに耐えるような体幹の剛性か求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    腰部疾患のアスリハについて、腹筋群の緊張がなく体幹を回旋させると、腰椎に回旋ストレスと伸展ストレスが加わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 93

    腰部疾患のアスリハについて、ジャンプの着地動作では、腰椎に加わる着地時の床反力を吸収するために、体幹安定性 を高めたうえで、下腿の内反姿勢を十分に習得する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 94

    腰部疾患のアスリハについて、コンタクトスポーツのあたり動作では、股関節周囲筋が最大筋力を発揮できるように、 重点的に強化する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 95

    腰部疾患のアスリハについて、ラグビーのスクラム時には、腹筋群と背筋群を収縮させ、体幹部の剛性が保持できるかを評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    膝蓋大腿関節障害 - 大腿四頭筋 はストレッチング部位とスポーツ障害の組み合わせとして正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    アキレス腱炎 - 下腿三頭筋 はストレッチング部位とスポーツ障害の組み合わせとして正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    オスグット(Osgood-Schlatter)病 - 大腿四頭筋  はストレッチング部位とスポーツ障害の組み合わせとして正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    足底筋膜炎 - 前脛骨筋 はストレッチング部位とスポーツ障害の組み合わせとして正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 100

    外側上顆炎 - 手関節屈曲筋群 はストレッチング部位とスポーツ障害の組み合わせとして正しい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 101

    歩行動作について、成人の立位時の身体重心は、足元から身長の 55~56%の高さにある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    歩行動作について、身体重心は、上下・左右・前後に移動する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 103

    歩行動作について、一側下肢の立脚相で身体重心が外側移動するとき、支持脚側の股関節はわずかに内転し ている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 104

    歩行動作について、一歩行周期内に二重膝作用が 2 回みられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 105

    歩行動作について、速度が速くなると、左右の重心移動は増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 106

    腰部疾患のアスリハについて、ハムストリングスでは、伸張感がある部位を圧迫しながらのストレッチングも効果的てある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 107

    腰部疾患のアスリハについて、腹臥位で殿筋群ストレッチングを行うときには、胸部を圧迫しながら行うと効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 108

    腰部疾患のアスリハについて、下腿三頭筋のストレッチングを行うときには、膝関節伸展位と屈曲位の2つの姿勢でストレッチングを行うと効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    腰部疾患のアスリハについて、股関節屈筋群では、正座姿勢から体幹を伸展させ仰臥位で行うストレッチングが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 110

    腰部疾患のアスリハについて、股関節屈筋や大腿直筋のストレッチングを立位で行う時には、腹筋群を緊張させて行うと効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 111

    自動体外式除細動器(AED)を使用する際に注意すべき点について、胸骨圧迫の中断を最小限に留める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 112

    自動体外式除細動器(AED)を使用する際に注意すべき点について、傷病者の意識が戻っていることを確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 113

    自動体外式除細動器(AED)を使用する際に注意すべき点について、循環の有無を確認するため、別の救助者が傷病者の手首に触れていることを確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 114

    自動体外式除細動器(AED)を使用する際に注意すべき点について、通電しやすくするため、皮膚表面が濡れていることを確認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 115

    自動体外式除細動器(AED)を使用する際に注意すべき点について、心臓ペースメーカーが皮下に埋め込まれていないか胸部を観察する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 116

    徒手筋力検査における代償運動について、上腕三頭筋の検査では、前腕回外による肘関節伸展に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 117

    徒手筋力検査における代償運動について、中殿筋の検査では、下肢の内旋を伴った外転に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 118

    徒手筋力検査における代償運動について、三角筋前部線維の検査では、掌面を上方に向けた肩関節屈曲に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 119

    徒手筋力検査における代償運動について、ハムストリングスの検査では、股関節伸筋群、腓腹筋による膝屈曲に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 120

    徒手筋力検査における代償運動について、腸腰筋の検査では、足関節の強い背屈に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 121

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップについて、一般的全身運動を取り入れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 122

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップについて、身体外部からの積極的な働きかけにより、体温を上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 123

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップについて、筋温上昇のため、温水浴を取り入れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 124

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップについて、競技特性を考慮した要素を取り入れて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 125

    アクティブ(活動的)なウォーミングアップについて、パッシブ(他動的)なウォーミングアップの補助として行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 126

    下肢アライメントについて、Q-angle が増加すると膝蓋骨は外方に変位しやすくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    下肢アライメントについて、leg-heel angle はアキレス腱長軸線と内果と外果を結ぶ線がなす角度を計測する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 128

    下肢アライメントについて、足部横アーチが増強し前足部が扇状に広がった状態を開張足という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 129

    下肢アライメントについて、凹足は内側縦アーチが増強した足の形状である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 130

    下肢アライメントについて、X 脚は膝関節外側に圧縮ストレスがかかりやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 131

    腰部疾患のアスリハについて、股関節外転・外旋可動域が制限されると、過度な腰椎前弯が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    腰部疾患のアスリハについて、屈曲型腰痛では、特に広背筋群の短縮により、骨盤の前傾や股関節の可動性が低下して いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 133

    腰部疾患のアスリハについて、伸展型腰痛では、大殿筋やハムストリングスの柔軟性が低下し骨盤が前傾している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 134

    腰部疾患のアスリハについて、回旋型腰痛では、股関節内・外転筋群の短縮や緊張により、骨盤の前額面上の可動性が 低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 135

    腰部疾患のアスリハについて、腰痛に影響する股関節運動以外の要因としては、肩甲帯周囲筋群の可動性や胸椎回旋制 限がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    ストレッチングの生理学的性質について、筋が過度に伸張され、その筋が反射的に収縮することを伸張反射という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 137

    ストレッチングの生理学的性質について、主働筋が収縮しているとき、その拮抗筋は弛緩する作用を相反性神経支配という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 138

    ストレッチングの生理学的性質について、伸張反射では、感覚受容器である筋紡錘が刺激される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    ストレッチングの生理学的性質について、ダイナミックストレッチングは、伸張反射を利用したストレッチングである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 140

    ストレッチングの生理学的性質について、スタティックストレッチングは、伸張反射が起きにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 141

    スポーツ活動における姿勢と動作について、ステップを行う前の構えの姿勢は、踵部を軽く浮かせると次の移動動作がしやすくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 142

    スポーツ活動における姿勢と動作について、胸椎部の後弯が大きくなると上肢は拳上しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 143

    スポーツ活動における姿勢と動作について、足部に扁平回内変形がある競技者では knee-out しやすくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 144

    スポーツ活動における姿勢と動作について、スタンスが広い構えの姿勢は重心移動が行いにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 145

    スポーツ活動における姿勢と動作について、下腿の前傾が不十分な構えの姿勢では重心が後方へ変位する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 146

    装具について、腰痛症に対する軟性コルセットは、座位で装着感をチェックする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 147

    装具について、膝蓋骨(亜)脱臼用サポーターの装着では、外側パッドにより極力強く圧迫する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 148

    装具について、フィラデルフィアカラーは、ネックカラーより制動力は弱い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 149

    装具について、ネックカラーは、頚椎屈曲・伸展・回旋・側屈が制動できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 150

    装具について、足関節捻挫用装具の soft type は、関節制動効果は低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    テーピングについて、原則的にはテーピング終了まで関節角度を一定に維持する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 152

    テーピングについて、アンダーラップを使用する際は、粘着スプレーをよく吹きかけ、乾かないうちにアンダ ーラップを巻く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 153

    テーピングについて、テープを1周巻く場合は、その部位の筋をリラックスさせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 154

    テーピングについて、発汗している場合には、必ず汗をよくふいてからテーピングを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    テーピングについて、サポートテープは、基本的に末梢のアンカーから中枢のアンカーに向けて貼る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 156

    敏捷性や協調性について、スポーツ復帰時のチェックに、敏捷性や協調性のテストは行わない方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 157

    敏捷性や協調性について、敏捷性や協調性の改善は、外傷の予防にもつながる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 158

    敏捷性や協調性について、敏捷性や協調性の測定時には、動きの観察も重要になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 159

    敏捷性や協調性について、継続的な計測は、コンディションチェックにもつながる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 160

    敏捷性や協調性について、総合的な協調性の能力をみるテストとして、全身反応時間テストがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 161

    投球再開前の確認項目について、炎症症状が消失していること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 162

    投球再開前の確認項目について、腱板機能が改善・向上していること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 163

    投球再開前の確認項目について、肩関節外旋・内旋可動域に左右差がないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 164

    投球再開前の確認項目について、肩甲上腕リズムなど肩甲骨と上腕骨の連動ができていること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 165

    投球再開前の確認項目について、ワインドアップ期や早期コッキング期での投球動作が改善していること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 166

    皮脂厚計(キャリパー)法について、皮下脂肪厚から身体密度、身体密度から体脂肪率を算出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 167

    皮脂厚計(キャリパー)法について、皮膚厚と皮下脂肪組織の二重層の厚さを測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 168

    皮脂厚計(キャリパー)法について、測定誤差が生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 169

    皮脂厚計(キャリパー)法について、測定は同一部位を 3 回測定し平均値をとる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 170

    皮脂厚計(キャリパー)法について、皮下脂肪厚が厚くなるほど過大評価しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 171

    あたり動作で上肢を体幹に固定する際求められる肩甲骨の肢位は、肩甲骨下制位 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 172

    あたり動作で上肢を体幹に固定する際求められる肩甲骨の肢位は、肩甲骨前傾位 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 173

    あたり動作で上肢を体幹に固定する際求められる肩甲骨の肢位は、肩甲骨上方回旋位 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 174

    あたり動作で上肢を体幹に固定する際求められる肩甲骨の肢位は、肩甲骨外転位 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 175

    あたり動作で上肢を体幹に固定する際求められる肩甲骨の肢位は、肩甲骨内転位 である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 176

    RICE 処置について、患部とその周囲に適度な圧迫が加わるよう非伸縮性の包帯を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 177

    RICE 処置について、冷却媒体として氷を用いる場合の留意点は、形と大きさ、温度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 178

    RICE 処置について、湿疹がでる人やレイノー現象になる人にはアイシングの適応にならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    RICE 処置について、部位に関わらず、深部まで冷却するために必要な時間は一定である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 180

    RICE 処置について、冷却媒体として用いる氷の温度はできる限り低い方がよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 181

    身体組成測定法について、体積を用いた身体組成の測定として、空気置換法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 182

    身体組成測定法について、水中体重秤量法は、安価で精度も高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 183

    身体組成測定法について、水中体重秤量法は、水中体重と lean body mass (LBM) を測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 184

    身体組成測定法について、皮下脂肪厚法の測定の一つに、生体電気インピーダンス法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 185

    身体組成測定法について、生体電気インピーダンス法は、空気置換法より高価である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 186

    手関節周囲の外傷・障害について、三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷は、ラケット競技に多く発生し体操競技や相撲などで はあまり発生しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 187

    手関節周囲の外傷・障害について、舟状骨骨折は、コンタクトスポーツにおける転倒や体操競技などでの手関節背屈強制により発生しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 188

    手関節周囲の外傷・障害について、月状骨軟化症は、バットや竹刀を使用する競技で多く発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 189

    手関節周囲の外傷・障害について、有鉤骨骨折は、手背側に圧痛を認めることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 190

    手関節周囲の外傷・障害について、道具を用いる競技では、リハビリテーションにおける正しいグリップ動作の修得が重要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 191

    筋線維の断面積は、筋力の大きさを決定する直接的な要因である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 192

    大脳の興奮水準の高さは、筋力の大きさを決定する直接的な要因である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 193

    筋線維のタイプは、筋力の大きさを決定する直接的な要因である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 194

    自立神経の亢進レベルは、筋力の大きさを決定する直接的な要因である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 195

    筋収縮に動員される筋線維数は、筋力の大きさを決定する直接的な要因である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 196

    ストレッチングの種類と特徴について、スタティックストレッチングは、筋肉痛になりにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 197

    ストレッチングの種類と特徴について、クーリングダウンでは、バリスティックストレッチングが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 198

    ストレッチングの種類と特徴について、徒手抵抗ストレッチングでは、短時間で可動域の拡大が期待される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 199

    ストレッチングの種類と特徴について、徒手抵抗ストレッチングのスタートポジションは、痛みがなく、やや張りを感じる関節角度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 200

    ストレッチングの種類と特徴について、スタティックストレッチングの姿勢維持時間は、15 秒程度が望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 201

    ATの資格更新のためには 4 年に 1 回義務研修の受講義務があるが、資質向上のためには常に 自己研鑽をしておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 202

    日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)について、一次救命処置(BLS)資格は、一度取得しておけばよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 203

    AT 養成事業発足当初は、医療資格取得者を受講の条件としていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 204

    AT 資格を取得するためには、赤十字救急法救急員の資格取得が義務づけられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 205

    AT 資格更新のための義務研修を受講できなくても、資格を失効することはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 206

    特殊な外傷の救急処置について、こむら返りが生じた場合は、筋のストレッチ、冷却、ミネラルを含んだ水分の補給をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 207

    特殊な外傷の救急処置について、日焼けをした場合、まず患部を冷却する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 208

    特殊な外傷の救急処置について、熱傷に発生した水疱は、速やかに水疱を破って、水を抜き冷却をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 209

    特殊な外傷の救急処置について、目に異物が混入をした場合は、目をこすらず洗浄する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 210

    特殊な外傷の救急処置について、落雷による雷撃に対する最も大切な処置は、迅速、的確な心肺蘇生法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 211

    減速動作について、one step stop は急減速でき、相手の次の動きに対して反応しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 212

    減速動作について、姿勢のコントロールには上下方向の安定性が重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 213

    減速動作について、quick foot step は減速区間が長く、関節に加わる応力が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 214

    減速動作について、前方への慣性が働くため、体幹は後方にあおられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 215

    減速動作について、one step stop は減速区間が短く、下肢筋の遠心性収縮が必要になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 216

    スプリントトレーニングについて、短時間に大きなパワーを発揮し、最大のスピードを発揮する能力を高めることがねらい である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 217

    スプリントトレーニングについて、主たるエネルギー供給系は、有酸素系である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 218

    スプリントトレーニングについて、短い距離のダッシュ力は、「神経-筋系」の働きが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 219

    スプリントトレーニングについて、スプリント力の向上のためには筋力トレーニングによる強化は重要でない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 220

    スプリントトレーニングについて、ボールゲームでは、重心を高くした走りを目指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 221

    ACL損傷に対する半腱様筋(ST)を用いた術後リハについて、関節可動域エクササイズは、痛みや腫脹などの炎症症状が消失してから開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 222

    ACL損傷に対する半腱様筋(ST)を用いた術後リハについて、大腿四頭筋セッティングは、大腿後面に置いたクッションを押し潰すようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 223

    ACL損傷に対する半腱様筋(ST)を用いた術後リハについて、下肢伸展挙上を行う際は重錘を下腿遠位部に巻き、足関節は背屈位で実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 224

    ACL損傷に対する半腱様筋(ST)を用いた術後リハについて、移植腱である ST を保護するため、レッグカールを行う際は下腿外旋位にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 225

    ACL損傷に対する半腱様筋(ST)を用いた術後リハについて、膝伸展運動の開始初期には、近位チューブ法を用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 226

    AT業務について、教育的指導には、時には競技者を平手でたたくことも必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 227

    AT業務について、競技者の健康管理は、医療資格を持っている AT であれば行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 228

    AT業務について、競技者自らが自己管理能力を身につけられるように教育する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 229

    AT業務について、AT 組織の管理や運営を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 230

    AT業務について、競技者の健康に関する情報は、ドクターやコーチと共有するものではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 231

    格闘技系のアスリハの到達目標について、階級性の競技の場合、身体組成の管理に努める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 232

    格闘技系のアスリハの到達目標について、健側比 70%以上の筋力が獲得されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 233

    格闘技系のアスリハの到達目標について、体幹から下肢にかけての柔軟性が向上している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 234

    格闘技系のアスリハの到達目標について、体幹の安定性が獲得されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 235

    格闘技系のアスリハの到達目標について、フリーウェイトで獲得された筋力が対人動作の中で十分に発揮されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 236

    サッカー選手の肉ばなれの損傷筋と受傷機転について、大腿二頭筋...急激な方向転換時やダッシュの加速

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 237

    サッカー選手の肉ばなれの損傷筋と受傷機転について、大腿直筋...シュートなど前方への強いキック

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 238

    サッカー選手の肉ばなれの損傷筋と受傷機転について、縫工筋...センターリング、フリーキックなどのカーブをかけた強いキック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 239

    サッカー選手の肉ばなれの損傷筋と受傷機転について、大腿直筋...ダッシュ時のフォロースルーからフォワードスイングの切り返し

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 240

    サッカー選手の肉ばなれの損傷筋と受傷機転について、下腿三頭筋...ダッシュ時のフォワードスイングからフットディセントの過程

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 241

    サッカー選手のハムストリングスの肉ばなれについて、初期のストレッチングでは、足関節背屈、膝関節伸展し、股関節を屈曲させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 242

    サッカー選手のハムストリングスの肉ばなれについて、大腿四頭筋筋力に対するハムストリングスの筋力比は 0.4 を目指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 243

    サッカー選手のハムストリングスの肉ばなれについて、テーピングを施行する肢位は腹臥位とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 244

    サッカー選手のハムストリングスの肉ばなれについて、再発予防には、走動作のフォロースルーで「足が流れる」ようにすることが重要になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 245

    サッカー選手のハムストリングスの肉ばなれについて、再発予防には、ランニング時つま先を外側に向けた接地を心がける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 246

    サッカー選手の肉ばなれについて、有酸素性体力の到達目標は、20〜30 分間(心拍数 110〜130)の連続ジョギングができることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 247

    サッカー選手の肉ばなれについて、中程度の無酸素性体力の到達目標は、20 分間(心拍数 130〜180)のジョギング中に不 規則なタイミングでの加速走の反復ができることである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 248

    サッカー選手の肉ばなれについて、ボールリフティングの開始は、スパイクシューズを履いた動作と同時期に設定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 249

    サッカー選手の肉ばなれについて、1 対 1 の競技動作は、ダッシュ、ランダムステップなどの動作エクササイズに先行して実施する。 スパイクシューズは、リハビリテーションの早期から装着する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 250

    サッカー選手の肉ばなれについて、スパイクシューズは、リハビリテーションの早期から装着する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

57031

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ