zuknow learn together

新しい教材を作成

『サラバ!』より

カード 57枚 作成者: Isabel (作成日: 2015/06/13)

  • 阿る

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

西加奈子氏著作『サラバ!』(上下巻)より

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    阿る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おもねる。気に入られようとする。へつらう。

    解説

  • 2

    縦んば

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よしんば。仮に。例えそうであったとしても。

    解説

  • 3

    長ずる

    補足(例文と訳など)

    • 長じてからも姉の態度には

    答え

    • 1)成長する

    解説

  • 4

    含意

    補足(例文と訳など)

    • 含意を読み取る

    答え

    • がんい。1)表面には現れない含みを持つ事。また、その意味。

    解説

  • 5

    安普請

    補足(例文と訳など)

    • 申し訳ないが安普請のアパートのようだったし

    答え

    • やすぶしん。安い費用で、また粗末な材料で家屋を建てること。またその家。

    解説

  • 6

    嫌忌

    補足(例文と訳など)

    • 姉の嫌忌を感じたのか、まなえも姉を嫌っていた

    答え

    • けんき。忌み嫌うこと。ひどく嫌がること。

    解説

  • 7

    矜持

    補足(例文と訳など)

    • 恐らく父よりは男の矜持的なものを持っていたに違いない

    答え

    • きょうじ。自負。プライド。

    解説

  • 8

    小町

    補足(例文と訳など)

    • 地区の小町に選ばれた祖母の店は

    答え

    • 2)[小野小町が美人であったことから]評判の美しい娘(町や村の地名の下に付けて呼ぶ事が多い)

    解説

  • 9

    狐の嫁入り

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 天気雨。日が照っているのに雨が降ること。

    解説

  • 10

    豪気

    補足(例文と訳など)

    • 豪気なおばちゃんもさすがに悲鳴をあげ

    答え

    • ごうき。強くたくましい気性。

    解説

  • 11

    狼藉

    補足(例文と訳など)

    • その他様々な狼藉を働き

    答え

    • ろうぜき。乱暴な振る舞いをすること、また、そのような振る舞い。

    解説

  • 12

    洒落臭い

    補足(例文と訳など)

    • 今思えば洒落臭い子供だ

    答え

    • しゃらくさい。しゃれたまねをする、小生意気だ

    解説

  • 13

    御為倒し

    補足(例文と訳など)

    • そんな御為倒しで誤魔化されるはずがなかった

    答え

    • おためごかし。表面はいかにも相手の為であるかのように偽って、実際は自分の利益をはかること。

    解説

  • 14

    異存

    補足(例文と訳など)

    • 歩くことに異存はなかったが

    答え

    • いぞん。1)他の者と異なった考え。2)反対意見。不服。

    解説

  • 15

    緑道

    補足(例文と訳など)

    答え

    • りょくどう。都市部を中心に設けられる、歩行路または自転車路を主体とした緑地帯。

    解説

  • 16

    嗜虐

    補足(例文と訳など)

    • 男の子たちの好奇心や嗜虐心をあおるのだ。

    答え

    • しぎゃく。むごたらしい行為を好む性癖。

    解説

  • 17

    縁石

    補足(例文と訳など)

    答え

    • えんせき、ふちいし、へりいし。歩道や安全地帯と車道を区別したり、花壇の境界を示すために置く石。またはコンクリートブロック。

    解説

  • 18

    高架

    補足(例文と訳など)

    • 高架が通っていて

    答え

    • こうか。線路・道路・橋などを、地上高く架け渡すこと。また、そのもの

    解説

  • 19

    臭気

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうき。悪臭。

    解説

  • 20

    終礼

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しゅうれい。朝礼の夕バージョン。

    解説

  • 21

    唾棄

    補足(例文と訳など)

    • 唾棄すべきもののはずだったが

    答え

    • だき。けがらわしいとして、嫌い軽蔑したりすること。

    解説

  • 22

    残滓

    補足(例文と訳など)

    • 玄関に、バスルームに、リビングに残った父の残滓は、決して消えることがなかった

    答え

    • ざんし。容器等の底に残っているかす。

    解説

  • 23

    スプリングボード

    補足(例文と訳など)

    • そのことが大いなるスプリングボードになって、僕はヤコブへ事実上の鞍替えを果たしたのだ。

    答え

    • 1) 体操の跳馬等の踏み切り板 2) 水泳の飛び込み競技の飛び板 3) ある行動をするきっかけとなるもの

    解説

  • 24

    ザッピング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テレビを視聴する際、リモコンを使って頻繁にチャンネルをかえること。

    解説

  • 25

    有象無象

    補足(例文と訳など)

    • 母も、有象無象をかき分け

    答え

    • うぞうむぞう。雑多なつまらぬ者たち。

    解説

  • 26

    イニシアチブ

    補足(例文と訳など)

    • イニシアチブを握っているのはオーツだったし

    答え

    • 主導権。

    解説

  • 27

    スペック

    補足(例文と訳など)

    • 美少年のこの顔が治らないのであれば、スペックで勝負するしかないのだ。

    答え

    • 仕様。仕様書。

    解説

  • 28

    精悍

    補足(例文と訳など)

    • 顔は日に焼け、精悍になってきた。

    答え

    • せいかん。動作や顔つきが鋭く、力強いこと。

    解説

  • 29

    忌避

    補足(例文と訳など)

    • 僕自身の処世術から、最も忌避していたものでもあった。

    答え

    • きひ。きらって避けること。

    解説

  • 30

    阿鼻叫喚

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あびきょうかん。非常にむごたらしい様子

    解説

  • 31

    無粋

    補足(例文と訳など)

    • 何より無粋な子は、

    答え

    • ぶすい。やぼなこと。

    解説

  • 32

    いぎたない

    補足(例文と訳など)

    • こたつで眠っていた母は、いぎたなくいびきをかいていて、

    答え

    • 1) 眠りをむさぼっている 2) 寝相が醜い

    解説

  • 33

    鼻白む

    補足(例文と訳など)

    • 裕子が僕に誘うような目をすると、鼻白む前に体が反応したし

    答え

    • 1) 興ざめする

    解説

  • 34

    泰然

    補足(例文と訳など)

    • 須玖のまばたきはいつも、僕達よりわずかに遅く、それが見る者に、泰然とした印象を与えていた

    答え

    • たいぜん。落ち着いていて物事に動じないさま。

    解説

  • 35

    声音

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こわね。声の様子、感じ。声色。

    解説

  • 36

    甘やか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あまやか。甘い感じのするさま。

    解説

  • 37

    忌む

    補足(例文と訳など)

    • 最後に姉を、忌むような目で見る。

    答え

    • いむ。1) 不吉なものとして避ける 2) 嫌って避ける

    解説

  • 38

    滔滔

    補足(例文と訳など)

    • 自分がどのような采配で社員をうまく使っているかをとうとうと父に語って聞かせ

    答え

    • とうとう。よどみなく話すさま。

    解説

  • 39

    くんだり(下り)

    補足(例文と訳など)

    • 急にエジプトに住むと言われて、エジプトくんだりまで来た

    答え

    • [土地の名に付けて接尾語的に用いて]遠く隔たった場所の意を表す。くだり。

    解説

  • 40

    よすが

    補足(例文と訳など)

    • そんな頼りない記憶は、新しい環境を生き抜くよすがにはならなかった

    答え

    • 1)物事をするのに、頼りとなること。よりどころ。

    解説

  • 41

    気負う

    補足(例文と訳など)

    • 姉は気負ったのだ 「気負った文章」

    答え

    • きおう。自分こそ或いは今度こそうまくやろうと張り切る。意気込む。

    解説

  • 42

    不文律

    補足(例文と訳など)

    • ディズニーランドに行く奴はクズだ、という謎の不文律だけはあったが

    答え

    • ふぶんりつ。その集団の中で、暗黙のうちに守られている約束ごと。

    解説

  • 43

    辛酸を嘗める

    補足(例文と訳など)

    • おそらく高校のときまで、恋愛的辛酸を舐めてきたのであろう彼らも

    答え

    • しんさんをなめる。辛い目にあう。大いに苦労する。

    解説

  • 44

    いきおい

    補足(例文と訳など)

    • 晶とは休みの日もあまり会えなくなっていて、いきおい僕は、鴻上と過ごすことが多くなった

    答え

    • [副] 事の成り行きで必然的にそうなるさま。自然の結果として。

    解説

  • 45

    剰え

    補足(例文と訳など)

    • 僕が鴻上と関係し、あまつさえ、鴻上のことを好きになるなんて、

    答え

    • あまつさえ。1) 好ましくない状態が重なるさま。そればかりか。そのうえ。

    解説

  • 46

    萌芽

    補足(例文と訳など)

    • アーティストとして活動を始めた(と本人が思っているかは分からないが)姉に、かつてその萌芽があったかを見たかったのだ

    答え

    • ほうが。2) 物事が始まること。また、そのきざし。

    解説

  • 47

    怖気

    補足(例文と訳など)

    • 絶望のあまりの生々しさに、おぞ気が立った

    答え

    • おぞけ。恐怖感。恐ろしく気味悪く思う気持ち。

    解説

  • 48

    世迷言

    補足(例文と訳など)

    • たった一言の世迷いごとだったし、

    答え

    • よまいごと。取るに足らない不平や愚痴。訳の分からない繰り言。

    解説

  • 49

    紛う方ない

    補足(例文と訳など)

    • 歪んでいない、まっすぐな、まがうかたなき劣等感だった

    答え

    • まがうかたない。間違えようがない。

    解説

  • 50

    面映い

    補足(例文と訳など)

    • 懐かしさと胸の痛み、そして面映い気持ちがごちゃごちゃになって、

    答え

    • おもはゆい。きまりが悪い、照れくさい。顔を合わせることが恥ずかしい。

    解説

  • 51

    睦言

    補足(例文と訳など)

    • ことを終えた澄江たちは、何か睦言を話しているようだった

    答え

    • むつごと。仲良く語り合う話。特に、ねやの中での男女の語らい。

    解説

  • 52

    血肉

    補足(例文と訳など)

    • だが、僕にとっては血肉の通った、このうえなく優しい言葉だった

    答え

    • けつにく、ちにく。1)血と肉

    解説

  • 53

    滂沱

    補足(例文と訳など)

    • ちょっとした言葉に驚くほど胸を打たれ、滂沱の涙を流すことがよくあった

    答え

    • ぼうだ。2) 涙がとめどなく流れるさま。

    解説

  • 54

    起居

    補足(例文と訳など)

    • きっとそこに皆が起居しているのだろうと思った。

    答え

    • ききょ。立ったり座ったりすること。転じて、日常の生活。

    解説

  • 55

    糊口

    補足(例文と訳など)

    • ブーアズィーズィーは路上販売で糊口をしのいでいたが、

    答え

    • ここう。ほそぼそと暮らしを立てること。生計。

    解説

  • 56

    装甲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 敵弾に破られないように、船体・車体などに甲鉄板をはること。

    解説

  • 57

    装甲車

    補足(例文と訳など)

    • 建物は黒焦げで、周囲には装甲車のようなものが停車していた

    答え

    • そうこうしゃ。装甲を施した軍用車両。

    解説

56653

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ